どうも。とぷすくんです。

「親子関係・インナーチャイルドの癒し講座」は、とぷすくん自身のインナーチャイルドを癒してきた過程や体験に基づいて、もっとも効果の高かった方法や考え方をまとめて解説するセミナーになっていま~す!

インナーチャイルドを癒すと様々なことが変わってきますね~。

自分のやりたいことを躊躇(ちゅうちょ)なくできるようになったり~、

自分に合わないものや嫌いなものには素直に「NO」と言えるようになったりしますね~!

これはその後の人生に大きな変化をもたらす、究極の心の変容なんですね!

なので、いつでも自分らしくいられるようになり、とっても生きやすくなりますね^^

とぷすくん流インナーチャイルドの癒しアプローチ

インナーチャイルドを癒す方法には様々なアプローチの仕方がありますし、もちろんどれも有効だと思うのですが、僕が最終的なインナーチャイルドを癒すプロセスで必要だったのが、”親子関係の分析”だったんですね。

自分と両親、さらには一緒に育った兄弟の性格タイプの分析をしたうえで、インナーチャイルドが傷ついた状況を整理していくと、なぜ僕の姉は同じ条件でも傷つかず、僕だけが親に対してのひどいトラウマを抱えてしまったのだろうってことがわかってきました。

また、親の性格タイプを分析することで、自分との考え方の違いなどもクッキリ明確になり、「そもそも求めている幸せの方向性が違うんだな」と気づくことができたんですね。

求めている幸せの方向性が違うと、子供に対して良きことと思って親がしてくれていることでも、子供にとってはありがた迷惑になることが多々あるわけなんですね。

でも、子供だから、そこのところがうまく理解できなくて、混乱し、自分は親に愛されていないって感じてしまうんですね。

だけどそれは「考え方の違い」であって、親はそれが子供にとっての幸せのためだと思っていろいろとしてくれていることもあったりするわけなんです。

さらにインナーチャイルドの癒しを進めるうえで感じたことは「僕の親に対する怒りの感情は、、、ちょっとあまりにも強すぎるなぁ。。そこまで親に怒らなくてもいい気がする。この感情はホントに親に向けられたものなのだろうか?」という疑問でした。

そしてたどり着いた答えは・・・”前世”でした。

前世での強い怒りや憎しみの感情が、現在の親に対する感情と勝手に結びついてしまったために、こんなにも強い怒りの感情が湧き上がってきてしまうのかぁ、、、と。

ここから逆の発想を考えました。

ということは、インナーチャイルドを癒せば、自動的に前世も癒せるのでは?

今回のセミナーのメインテーマは、ズバリ「インナーチャイルド」です。

しかし少しだけ「前世」の話もでてきます。が「前世」はあくまでおまけです。

「インナーチャイルド」を癒すことが「前世」の癒しにも繋っている場合があるというお話をさせていただいてます。

つまるところね、結局のところ「インナーチャイルド」が全部の鍵を握ってるといっても過言じゃないんじゃないってことなんですね。それぐらい「インナーチャイルド」って心のブロックやカルマの親玉的存在なんですね。

んじゃ、どうやったら「インナーチャイルド」を癒せるのかって考えるとやっぱりそこは親子関係に対して自分の内側にあるものを見つめ直していくしかないんですね。

なので、セミナーでは、親と子の考え方や幸せの価値観の行き違いを探りながら、そこで生じた摩擦を埋めるためにはどうしたらいいかについてお話していくんですね。

あ、もちろん「インナーチャイルドって何?」って初心者の方でも大丈夫です。セミナーではインナーチャイルドの心理学的な説明もさせていただいます。でもね、心理学の難しい用語はまったく使わなくて誰にでもわかるようにお話しますので、ご安心くださいね。

インナーチャイルドの傷が作られていく過程から、大人になった後、どうやってその傷を癒していくと良いのかについて、とぷすくんならではの誰にでも簡単にその場でわかっちゃう感じになっていますよ♪

また、親子関係の分析も、誰でも知っているアニメや漫画を題材にして超わかりやすく楽しめる感じの分析にしておりますので、お楽しみにね♪

僕は基本的に自分で経験したこと、自分自身で試して効果があったことを基にセミナーでお話をさせてもらっています。

もちろん、僕の体験なのでそれがどなたにも絶対に同じように効果があるとは言えませんが、僕の体験を通して、みなさんのインナーチャイルドの癒しにお役に立てれば良いかなと思っております。

セミナーの内容

次の項目にそって、順番にわかりやすくお話させていただきますね。

1.前世のカルマと現在の親子関係の繋がり!

まずは、前世のカルマが現在の親子関係とどんな風に繋がっているのかについて解説していきますね。とぷすくんの実体験を含んだお話です。

2.親子関係のエネルギーの流れの仕組みを知る!

親子のエネルギー交流は大変大きなものです。ここではエネルギーの流れの仕組みを理解して、親子関係における理想的なエネルギーの流れを学びましょう!

3.インナーチャイルドの傷が育つ過程を理解しよう!(「3×6」の物差し)

インナーチャイルドの傷を癒すには、その傷ができる過程を理解するのがとっても大切です。

インナーチャイルドの傷が育つ過程は、心理学で研究されたお話なのですが、専門用語などがあるとややこしくてみんな理解できないですね。

そこで誰にでもすぐに理解できてすぐに覚えられる”「3×6」の物差し”という簡単でわかりやすい解説を、とぷすくんが考えました。

複雑な子供時代の心の変化の過程が、、、ホント、めっちゃ簡単に理解できてすぐに覚えられますよ♪

4.親子関係を人格分析で検証する!(インナーチャイルド・マトリックス)

ここがこのセミナーの最大のポイントです!

親子関係を、人格分析していきます。

とぷすくんが独自に考えた『インナーチャイルド・マトリックス』という表に照らし合わせて、自分と父と母、さらに兄弟姉妹について、人格分析をしていきます。

あまり複雑な人格分析だと、専門的な知識が必要になってしまいますので、今回は人格を4つのタイプに分けて、誰でも簡単にできるようにいたしました。

僕はね、この人格分析が重要だと思っています!

自分と親の人格タイプの組み合わせを無視して、インナーチャイルドの癒しを進めてもうまくいかない場合が多いんです。

なぜなら人格タイプによって「幸せの価値観」や「承認欲求(相手に求めるもの)」が違うからです。

この人格タイプのズレが、インナーチャイルドの傷と深く関わってきます。

なので、親子の人格タイプの組み合わせにより、インナーチャイルドの癒しの方法もまったく変わってくるんですね。

セミナーでは、それぞれの人格タイプの組み合わせによる癒しの方法もひとつずつお話していきますね。

5.インナーチャイルドの癒しワーク

最後にインナーチャイルドの癒しワークを行います。紙とペンだけでできる簡単な作業になります。(紙はこちらで用意します。)

ここで行うのはあくまで練習なのですが、一度練習しておくと、その後、自宅などでもどんどんできるようになります。

インナーチャイルドの癒しは1日で終わるようなものではありませんが、ここで練習したワークを覚えることで、インナーチャイルドの癒しを自分でどんどん進めていけるようになりますね♪

参加者さんからご感想

過去開催分からの参加者さんのご感想をひとつ紹介させていただきますね(ネタバレしないように伏字になっています)

・【40代女性】
3時間にわたるセミナーでしたがトプスさんの話に引き込まれてあっという間でした。

親子間で出来たトラウマや心の傷を癒すことができないと次のステップ、課題に進めないこと、確かにそうだなぁと実感しています。

自分が何気なく感じていたことは「やはりそうだったんだ」という確認にもなりました。

0歳から18歳になるまでに、インナーチャイルド(心の傷)がどのように閉じ込められていくのか、とてもわかりやすかったです!

またトプスさんが独自で考案された「タイプ別診断」も傑作だなぁと思いました。

どのタイプが良い悪いということでは無く、私〇〇タイプ、あなたは?とつい当てはめてみたくなります(~_~)

実際、完全に「〇〇タイプ」とまではいかなくても、自分や周りの人を知る手段大まかな目安になると思いました。

親の△△は一番よくないエネルギーなのですね(・・;)

自分の両親との関係もさながら、自分が子供に与えるエネルギーの大きさも知って、これからの接し方を改めようと思いました。

セミナーに参加できて良かったです!ありがとうございました(^^)

この「タイプ別診断」、面白いことに、あらゆる人間関係でも使えます^^

さらに自分のことを分析するのにも、とっても重宝しますね。

しかもめっちゃくちゃ覚えやすくて簡単です^^

なので今回のセミナーの内容は、どんな人間関係にも応用可能な内容になっていますね~♪

インナーチャイルドの傷は、付き合う男性や友人、仕事関係にまで、知らず知らずのうちに影響を及ぼしてしまいますので、僕のインナーチャイルドの癒し体験で学んだことを参考にしていただければなと思います。

開催場所・日時・料金

【開催場所】
東京:渋谷駅から徒歩6分
東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル4階403号室

アクセス詳細はこちら

【日時】
2018年6月10日(日)14時~
(3時間)

【料金】
22,000円(税込)

※キャンセル料:2,000円
※当日キャンセルは全額とさせていただきます。

※お支払いは銀行振込となります。

6月10日(日)参加受付は終了いたしました。
※お申し込み後、すぐに自動返信メールが届きます。もしも届かない場合はこちらのお問い合わせからご連絡くださいませ。