おちんちんはナイーブな生き物なのね♪

どうも。とぷすくんです。

さぁ、今回は、女の子が大好きな”おちんちん”のお話ですよーーー!!!

わーーーい! わーーーい!

って、ちょっと嬉しくなっちゃったそこの彼女、、、、

チ、チ、チ、

今回のおちんちんのお話は、そう単純に「いや~ん、おちんちん、かわいい~!」って感じでは聞いていられないお話なのです。

そう。今回のお話は、女の子みんなに知ってほしい、そして、よーーく気をつけてほしい。男の子のおちんちんが、勃起しなくなっちゃうときのお話なのです。

いや~ん! そんな~! 勃起しないおちんちんなんて、わたし、どうしたらいいの~!!! オー! マイ・ゴッド! 

と思わず、天井を仰いでしまったそこの女子。

ご安心ください。ちゃーーんと、おちんちんは勃起します。

でもね、時には女の子のおちんちんへの”無知”によるなにげない一言が、おちんちんが起たなくしてしまう悲劇を招くこともあるので、そこのところをよーーーく知っておいてほしいな~って思って、記事にすることにしました。

「(女性限定)性のブロック大解放セミナー」でも、繰り返しお話してきた内容で、より多くの女性に知っていただきたく、ブログに書かせていただきますね。

女の子は女性の裸でおちんちんが起つと思っている。

さて、まず女性のなかにある大きな誤解で、多くの男性が遭遇する事件(?)について、書いてみたいと思います。

それは男性のおちんちんがうまく勃起できなかったとき、女の子が「私の身体に魅力がないのね」と落ち込む。。。という事件なのですが、、、

これは、もうホントに、大事件なのです。明日のネットニュースのトップ記事になるんじゃないかってぐらいの大惨劇なのです。

もちろん、女の子、裸です。

かわいいおっぱいちゃんも、もちろん、かわいいおまんこちゃんも丸見えポンです!

もちろん。男性はその裸を見て、めっちゃ最高に嬉しいのです! 幸せいっぱいです。。。。が、なぜかそういうときに限って、おちんちんが勃起しないという、惨劇がぁ ぁ ぁ ぁ ぁ 。

なぜだかわかりますか?

実はセックスのときは男性も多少なりとも、緊張しちゃってるのです。

特に相手の女子が以前からエッチしたいな~って思っていた子だったりしたら、なおのこと緊張しちゃうのです。

男性にしても、すでにこんなもうアラレもない姿になったあとでも、どこかで「セックスをカッコよく決めて、俺の虜にしてやるぜ! ベイビー」とカッコつけている自分と「大丈夫かな。僕のセックスで彼女を満足させられるかな。。。」という不安が、交互に頭を駆け巡るのです。

で、不安の要素が強くなってくると緊張が増してくるのです。

で、そんな風に緊張や不安が強くなってくると、 おちんちんが勃起しなくなってしまうことがあるんです。これは20代の若い男性でもあるのです。

実は、おちんちんはとーーーっても、ナイーブな生き物なんです。

(もちろん、個人差があります)

普段、一人エッチしてるときは超ビンビンなのに、実際の女の子の裸を前にすると、やっぱりちょっと緊張するんです。そういうものなのです。

不思議と服を着て、イチャイチャしてるときのほうが、ビンビンだったりするんですね。でも、いざ、もうすぐ彼女のなかに自分のおちんちんが入っていくという段階に近づいていくと、緊張からか、おちんちんが縮んじゃうこともよくあるんですね。

もちろん実際にはちゃんと勃起できるおちんちんなので、 あせらず、心とカラダの緊張を少しずつやわらげていくと、またおちんちんはムクムクと元気を取り戻していくこともできます。

で、ここで大切なのは、「 あせらず 」ってところです。

かわいい女の子の裸を目の前にして、おちんちんが勃起できなかったら、そりゃ、男はみんなめっちゃあせりますよーーー! 内心パニックですよーーー!

で、焦って「ああ、ごめんねーー! ちょっと待って、起つから、ちょっと待ってー!」って自分でこすったりするんだけど、もう心があせってるから、どんな刺激与えても、ぜーーんぜん反応しない。ますますフニャンフニャンに。。

「ああ、違うんだよーー! いつも全然、元気いっぱいに硬くなるんだよーー! 今日はちょっと調子が悪いみたいだねーー! アハハハ(笑ってごまかす) おーーい! こら、この役立たずチンコ、何寝てるんだ! 起きろー! おーい!」

とか、言って、どうにか女の子に取り繕うとして、言い訳始めると、もうますます、勃起のかけらも見えなくっていく。

これね。つまり男性の頭がエッチモードから、緊急事態モードになってしまっているからなんですね。

もうこうなると、ホント、勃起させるの一苦労なんです。

でもね。まだチャンスはある。だって、リラックスできたら、起つんだから、女の子のエッチな声とか聴いたら、起つんだから。

そう。こういうときに、おちんちんを勃起させるのって、 女の子のエッチな声とか表情なのね。

なので、ここはあえて、挿入を先送りして、指や口で、女の子を気持ち良くさせて、女の子がエッチな声を出しながら、よがってくれて感じてくれるほうに、方向転換したいわけですよ。そうすると、またおちんちんは機嫌なおして、大きくなってくれるから。

でもね。そういう風に方向転換する前に、、、女の子が冷めちゃって、悲しそうな顔でこういうのよ 「私の身体に魅力がないのね。だから、おちんちん大きくならないのね。。。私が悪いのね。。。(ため息)」

いやいやいやいやいや、違う違う違う違う!!!!

君はなんにも悪くないし、おちんちんが起たないのと、君の身体はまったく何の関係もないんだよ。マジで! むしろ、女の子が美人なほど、緊張して勃たなくなることだってあるんだよーーー!

だから、そこ完全に勘違いだから、そこで、落ち込まないで~!!!

わーーー、ますます、勃起への道が閉ざされちゃうよーーー!!!

こうして、なんだか気まずい雰囲気のまま、何十分も完全に勃つ気力を失ったおちんちんをこすり続けるなんて、悲しいことも。。。

で結局、おちんちん挿入できずに、ホテルをあとになんてね。。。

で、実は悲劇はここで、終わらないのです。

一度こうい経験をすると、今度はこの出来事がトラウマになって、次のセックスでも、そのときの不安が襲ってきて、またも、、、肝心なときに勃たない。。。

なんだよーー! お前、なんでストライキ起こしてんだよーー! オナニーしてるときとか、朝勃ちのときは、めっちゃ大きくなってるのに、なんで今は無反応なんだよーーー!

一人でリラックスしてるときには元気なおちんちんが、、、目の前に女の子が裸で、僕のおちんちんを待っているのに、勃たない。。。

で、また、女の子の口からこのセリフ「私が悪いのね」

どうして、そーなるのーーー! あなたはなんにも悪くないのよーー! このダメちんぽがいけないのよーー!!!

あーあ、さらなるトラウマの積み重ね~!!!

こういうことで悩みをもっている男性はけっこう多いんじゃないかなって思います。

僕は「個別お茶会」などで多くの女性からセックスのお話を伺っているのですが、やっぱり、いざ挿入ってときに、おちんちんが硬くならなくて、セックスできなかったという女性のお話は何人からもうかがっています。

これ、相手の女の子が自分のタイプであれば、あるほど、そうなるんです。いわゆる高根の花のような可愛い子だったりすると、ウブな少年の心を持つ男性は、ますます緊張しちゃって、おちんちん勃たなくなるんです。

だから、ホント、女の子に魅力がないとか、女の子が悪いとか、そーゆーのいっさいないんです。

逆です。逆! 君が魅力すぎて緊張しちゃってるんだよ、おちんちんはーーー!ってことです。

女の子だってさ、何とも思ってないおっさんだと普通にしゃべれるのに、イケメン男子になったとたん、緊張してしどろもどろになってしまうことあるでしょ。それと同じですよ。

どこか心で「この人には嫌われたくない。カッコ悪いところ、見せたくない」って思った瞬間に、普段普通にできることができなくなってしまうんですね。人間ってそういうもんですよね。

ナイーブなおちんちんにさらにトドメを刺す女の子の一言。

さて、次にお話する内容も「性のブロック大解放セミナー」で繰り返し僕が語ってきたお話だね。

さっきは 「私の身体に魅力がないのね」とか「私が悪いのね」とかって女の子の言葉が、おちんちんの勃起できない状態にさらにトドメを刺すから気をつけてね~! ってお話をしました。

それ以外にも、セックスの途中で、おちんちんに対して、女の子が何気にいうセリフが、、、とんでもなく、おちんちんの勃起力を凹ませるから、これも気をつけてね~ってお話をします。

今から教えるセリフをよーく覚えて、こういう言葉はセックスの最中に言わないように、気をつけてね。おちんちんはホントめちゃくちゃナイーブだからね。

次のセリフは絶対に言ってはダメな言葉です。

  • おちんちん元気ないね
  • おちんちん硬くならないね
  • 前の彼氏のはもっと硬かったよ
  • (ため息) ・・・(言葉じゃなくても、ダメです。)

他の男性と比べたりしたら、ぜーーーったいダメです。これは絶対にダメです。心で思っても口にしちゃダメです。サイズやカタチも褒めるのはいいですが逆は絶対にダメです。立ち直れなくなります。

もう、女の子は全然悪気なく普通にぽつりと言うんです。このセリフ。まさか、このセリフで、男性は地獄の底へ叩き落されるのと同じぐらいのショックを受けるなんて知らないからです。

もう一度言います。

おちんちんを少しでも悪くいうセリフは、男性の心を地獄の底へ叩き落すほどのショックを与えるのです。そして、それは次回のセックスでもトラウマとなり、最悪、何年ものあいだ、引きずることにもなるです。

と・に・か・く、男性にとって、おちんちんてのは、一番大事な部分なんです。男性にとって、一番大事なのは、顔でも、髪の毛でも、筋肉でも、身長でも、体重でもなく、おちんちんなのです。

多くの男性は、おちんちんになにかしらのコンプレックスを抱えているのです。

あきらめた途端に勃つことがよくある

さて、では、こんな風におちんちんが勃起できなったときはどうしたらいいのでしょう。

実は仕方なく、セックスをあきらめて、女の子と裸のまま、ピロートークしてたり、一緒にシャワーしてたりすると、途端に、ムクムクと大きくなってくることがあるんです。これ、ホントによくあります。

つまり、これ、セックスをあきらめたことで「どうにかしておちんちんを勃起させなきゃいけない」っていうプレッシャーから解放され、心がリラックスできたから、急におちんちんが反応しだしたってことなんですね。

人は、何かに追われたり、プレッシャーを与えられると、あせってしまったり、緊張してしまったりして、普段どおりのおちついた身体の反応ができなくなってしまいますね。

だけど、もうそれをあきらめて、そのプレッシャーから解放されたとたん、普段どおりの身体の反応にもどる場合もあるというわけです。

なので、もし、男性のおちんちんが勃起しなくても、女の子は僕が先ほど教えたような「なにげない残酷なセリフ」を出すのではなく、一旦、「休憩して、一緒にイチャイチャしながらお話しよ~」なんて感じで、男の子にやさしくしてあげると、彼の緊張もとけてきて、またおちんちんもムクムクと元気をとりもどすかもしれないってことを覚えておいてくださいね。

まとめ

さぁ、どうだったでしょう。今回の内容は、意外と女性のみなさんは「へぇ~、そうなんだ~、おちんちんを大きくするのにもそんな苦労があるのね~」なんてちょっとは参考になったんじゃないでしょうかね。

大事なのは、コミュニケーションをしっかりとって、二人のあいだに心の壁や緊張をできるだけとっていくってことなんですね。別記事「女性が喜ぶセックスのフルコース」でもお話しましたが、女性の場合もエッチな身体になるには、まずはリラックスが大事です。

それと同じように、おちんちんの勃起にも、リラックスが大きく関わっているってことなんですね。

ぜひ、この”セックスにはリラックスが大事”ってこと、覚えておいてくださいね。

著者:とぷす君
2012年より恋愛・セクシャル・ソウルメイトをテーマにしたブログを執筆。個別お茶会やセミナーを通し、これまで780名以上の女性のお客様とお会いしてきました。2020年より「大人女子のための癒しの楽園」をテーマににさらなる活動を展開中!