どうも。とぷすくんです。

今回はソウルメイトについて解説してみたいと思います。魂の近い存在であるツインソウル(※主に究極の相手であるツインレイですね)との違いもお話しますね。

ソウルメイトは前世を何度も共に過ごしてきた人たち

さくら笑

ねぇ、とぷすくん。ソウルメイトってよく聞くけど、どういう意味なの?


とぷすくん右

ソウルメイトは前世で家族だったり、夫婦だったり、恋人だったりした人たちだね。だから、今回会った時もいきなり、前世のときの恋心が蘇ったり、前世で家族や兄弟だっときの懐かしさや親近感が蘇る相手だね


さくら笑

前世で恋人だった人は、今回も恋人になるの?


とぷすくん右

そうとは限らないよ。逆に前世で敵だった人がなぜか今回相手が気になって結婚したりすることもあるよ


さくら笑

ソウルメイトって何人ぐらいいるの?


とぷすくん右

そうだね。さくらさんは今回の人生で何人ぐらいの人と関わってきた?


さくら笑

う~ん。そうね。親と兄弟、おじいさんにおばあさん。学校の先生に、学生時代のクラスメイト。バイト仲間だった人。仕事で関係してる人。あとは趣味の習い事で出会った人たち。う~ん、数えきれないわね。。。


とぷすくん右

もしかするとその人たちのほとんどが、さくらさんと前世でも何かしらの縁があった人たちかもしれないよ


さくら困

え? みんな? そんなにたくさん?


とぷすくん右

この地球に生まれている多くの人は何百回も生まれ変わりをやっている人が多いんだよ。まぁ、たまに宇宙の魂を持っていて極端に地球での輪廻転生が少ない人もいるけど、でも基本的にはみんな複数回はこの地球で生まれ変わりをやってきてるんだよ


さくら困

じゃぁ、わたし今までの前世で何百回もいろんな人と結婚したり、恋人になったりしてるってことよね


とぷすくん右

そういうことだね


さくら笑

じゃぁ、初対面なのに、なんだか以前恋人だったような気がする人とか、家族だったような気がする人って、いっぱいいるってことなの?


とぷすくん右

うん。いっぱいいるよ。今回の人生でなにかしらの関わりがあった人というのはきっと前世でも何かしらの関わりがあったかもしれない人たちだって考えてもそんなに間違いがないと思うよ


さくら笑

でも、そんななかでも今回恋人や結婚するような相手は特別なのかしら?


とぷすくん右

そうだね。それはあらかじめ、魂が計画してきている場合もあるね。生まれる前に、舞台の脚本のような感じのものを作ってくるんだよ。魂の青写真なんて言い方をするね


さくら笑

その生まれる前につくる脚本でそれぞれの役どころも決まっているってことなの?


とぷすくん右

そうだね。実はソウルメイトって、劇団に似ているんだよ


さくら困

劇団?



ソウルメイトはまるで劇団

ソウルメイトは前世でそれぞれいろんな役どころを受け持って、関わりあう魂の仲間のようなものです。

あるときは、親子、またあるときは恋人、またあるときは先生と生徒、そしてあるときは敵同士と、それぞれの人生で役どころを変えながら、関わっていくんですね。

で、けっこう重要な役どころは同じ人がやっているなんてこともあります。

例えば、次のような5人組のソウルメイト劇団があったとしましょう。



白雪姫の配役のときは、のっぽ君とスマートさんが王子と姫役です。そしてグラマーさんが悪女役。他の人、助っ人さんで、7人の小人をやります。



しかし眠れる森の美女の配役になると、グラマーさんが姫役、小男くんが王子様役、スマートさんが悪女役。他の人と助っ人さんで、3人の妖精役をやります。


また桃太郎のときはガッチリ君が桃太郎役、のっぽくんと小男くんが鬼役。その他の人と、助っ人さんでサル・キジ・犬を演じます。



こんな風に毎回毎回役どころが入れ替わるのです。姫役もすれば悪女役もするし、脇役をすることもあるんですえね。だけど主要な役をやっている役者さんは同じ人でグルグルまわっていたりするんです。

もちろん僕たちの人生ではたくさんの人に出会いますから、もっとも大規模なソウルメイト劇団だと考えてもらっていいのですが、今回の人生で出会って何かしらの関わりがある人は、これまでの前世でもどこかで関わっている人が多いと思います。

なので、出会う人すべてがソウルメイトだって考えても、ぶっちゃけ正解だったりするんですね。

はじめて出会ったのに、なぜか他人に思えなかったり、不思議な懐かしさを覚えたりする人は、前世で深いかかわりを持った人だった可能性が高いかもしれませんね。

ソウルメイトとツインソウルとの違いは?

さくら笑

ソウルメイトは前世での繋がりがある人だというのはわかったけど、ツインソウル・・・そうね、特に魂がほとんど同じっていうツインレイなんかとはどう違うのかしら?


とぷすくん右

ツインレイはね、魂の大元が一緒なんだよ。さっきの劇団でいうと、一人二役って感じかな


さくら困

一人二役?



ツインレイが特殊なのは、魂的には極めて近いものをもっているということです。なので、まるで一人二役をやっている感覚に似ているんですね。

人形劇で表現すると、こんな感じですね。



一人が右手と左手で姫と王子を同時に操作している。魂の世界から見ると、ツインレイはこんな感じなのかもしれませんね。

とぷすくんはツインレイに出会っていますが、ツインレイだけでなく、ソウルメイトとの出会いもとっても楽しく素晴らしいと思っています。今回の人生で出会う人の全てが前世で何かしらの縁があったソウルメイトだと思うと、人との出会いがとっても楽しくなってきますね^^

そのなかには前世で夫婦だったり恋人だったり家族だった人もたくさんいるでしょうし、そう考えると出会いのひとつひとつが素晴らしい”魂の巡り合わせ”に見えてきますね^^

【無料メルマガ】


無料メルマガ
読者1000人。ネットに書けないお話はメルマガで!

【個別お茶会】


個別お茶会
<対面・電話・スカイプ>
東京対面:ご希望日で調整
福岡対面:7/6(金)、7/9(月)

【とぷすくんセミナー】


【女性限定】性のブロック大解放セミナー
福岡:7月7日(土)※満席

ツインソウル・セミナー2018『恋愛を引き寄せる秘密の法則』
福岡:7月8日(日)
東京・名古屋・大阪・仙台:(準備中)
※7/7セミナーとの2日連続参加セット特別価格《福岡限定》もご用意

【広告】