ツインソウルとは? ツインソウルの特徴やツインソウルの種類とは?

どうも。とぷすくんです。

今回はツインソウルの種類(ツインレイやツインフレーム)や特徴(出会いのサイン・不思議現象)について僕の実体験をベースにわかりやすくまとめていきます!

ツインソウルのなかでも特に魂の関係の近いツインレイやツインフレームに出会うと様々な不思議な現象が起こる場合があります。

主にこんな現象ですね。

・魂が飛び出しそうになる
・涙が止まらなくなる
・ハートチャクラが痛む
・テレパシーで相手の考えてることがわかる
・境界線(パーソナルスペース)が存在しない
・肌の感覚が同じ・溶け合う感覚
・すき間がなくなる感覚
・手が似ている
・顔が似ている
・魂が暴走する
・シンクロニシティが起こる

こういった現象についてもひとつずつ僕の実体験やみなさんから直接お聞きした体験談をもとにお話していきますね。

ツインソウルにはツインレイやツインフレームなどの種類がある?

ツインソウルとは、一般的にはひとつの魂が二つに分かれた”双子の魂”を持つ二人の人間のことを指す言葉ですね。

つまり、同じ魂のエネルギーを持つ二人であり、最近では男女として出会うケースが多く、恋愛に発展しやすい関係でもありますね。

しかし、ツインソウルを調べていくと、いろいろな種類や名前がでてきて、特にツインレイやツインフレームなど魂の関係によって種類がいくつもあるということに、多くの人が頭が混乱してしまうのではないかと思います。

双子の魂なのに、なぜ?いろいろな種類があるの? と疑問を感じている方も多い方と思います。

まずはこのややこしいツインソウルの種類(ツインレイやツインフレーム)について、整理してみたいと思います。

さくら笑

ねぇ聞いてとぷすくん! わたし不思議な感覚がする男性に出会ったの! これってツインソウルって呼ばれているやつかしら?


とぷすくん右

わぉ!さくらさん。そうなんだね!不思議な感覚がする相手に出会ったんだね!


さくら笑

とぷすくんはツインソウルに会ってるよね?


とぷすくん右

僕はツインソウルにも、ツインレイにも、ツインフレームにも会ってるよ♪


さくら困

ツインレイ? ツインフレーム? ツインソウルにもいろいろあるのかしら? 詳しく教えて!


とぷすくん右

OK! じゃぁ、初心者でもわかりやすいように順を追って、ツインソウルについて解説していくね♪

とぷすくんは2011年にツインレイに出会い覚醒体験をし、2012年よりブログでツインレイ体験やスピリチュアル解説をはじめました。今回の内容はとぷすくん自身の体験とカウンセリングやセミナーでお話を伺ってきた方々の経験よりまとめています。

とぷすくんはツインレイ以外にも、2016年にツインフレームに出会い、大学のときに付き合いそのまま結婚した奥さんともツインソウルであることがわかっています。

種類や言葉がややこしいので、そのあたりから説明していきますね。

魂の枝分かれ

ツインソウルを知るには、まず魂についてちょっと知る必要がありますね。

僕たちはみんな魂を持って生まれてくるんだけど、僕らの魂って、高次元の世界と完全に切り離されているわけじゃなくて、みんなずっと繋がっているんですね。

魂って独立しているわけではなくて、大元からまるでお餅をのばしたような感じで伸びてきて、そのほんの先っちょが僕らの身体に入ってるって感じですね。(わかりやすいイメージで言えばね)

でね、高次元世界では、魂の縁が近ければ近いほど、魂のエネルギーも似てくるんですね。

わかりやすくイメージするには、ちょうど1本の木のように、一つの根っこからたくさんの枝が生えて、それぞれの枝に葉っぱがついてるところを考えてみるといいかもしれませんね。

この葉っぱのひとつひとつが人間の魂だとすると、同じ枝に生えてる葉っぱは自分と栄養分の届き具合なんかが似てくるよね。なのでちょっと兄弟っぽい。でも遠い枝の葉っぱだと、遠い親戚ぐらいな間隔になりますね。

これが木そのものが別の木になってしまうと、同じ種類の葉っぱでも、他人の木なので他人感覚だよね。でもね、面白いことに、他人の木でもお隣の木だと葉っぱが接触することってあるよね。

魂の縁っていうのは、この木の枝分かれのような感じで考えると少しわかりやすいかもしれませんね。

ちょっとダジャレで遊んでみましょう!

木(き)を気(き)に置き換えてみてね。すると、同じ木(=気)になる葉っぱ(=人間)は同じエネルギーでできているってことがわかるよね。

ツインソウルというのは、つまり同じ魂の大元(根っこ)から枝分かれしてきた魂を持っている人たちってことなんですね。

ツインソウルの種類

ではそんな魂の近い繋がりを持つツインソウルの種類について解説しましょう!

ツインレイ

木と同じように、魂の枝分かれが自分と近ければ近いほど、魂のエネルギーは似ています。

なかでもツインレイと呼ばれているものはもっとも魂のエネルギーが近い存在で、双子といってもおかしくないほど、魂のエネルギーがそっくりな相手なんですね。

「もう一人の自分に出会った!」

まさにそんな不思議な感覚を覚える相手ですね。

ただ、あまりにもエネルギーが同じ過ぎていろいろ衝突したり、まるで鏡を見ているかのように、自分の嫌なところを感じてしまったりもする相手なので、出会うと自分自身と向き合わさせられることもよくある相手です。

また自分と同じ魂のエネルギーに接触することで、覚醒(スピリチュアルな世界に目覚める)ということもよくありますね。  ※とぷすくんはツインレイとの出会いにより不思議体験をたくさんして覚醒しました。

ちなみに”レイ(Ray)”とは一直線に走る光のことです。

ツインフレーム

ツインレイの次に、枝分かれの距離が近い人たちをツインフレームって呼んでいます。血縁でいうと兄弟ぐらいの距離感ですね。

ツインフレームの場合はほどよい魂の距離感があるので、人間同士のお付き合いも比較的スムーズであったり、冷静さを保てる確率が高い関係ですね。

趣味や仕事で気が合いやすいケースが多く、一緒に何か活動をされている人もいますね。

ちなみに”フレーム(Flame)”とは、炎のような輝き・情熱・恋人・愛人という意味の英語です。

ツインソウル

ツインソウルは、もう少し枝分かれの距離が離れている人たちですね。血縁でいうと”いとこ”ぐらいの距離感ですね。

これぐらいの距離感があると、人間同士でも普通のお付き合いがしやすいです。恋愛や結婚に発展しやすい繋がりだと思います。

恋愛や結婚の関係になるとお互いを束縛しない仲の良い関係になれますよ。

ソウルメイト

木(=気)は別なんだけど、お隣なので風が吹くたび触れあっている葉っぱの関係がソウルメイトですね。

根っこが違うんで、魂のエネルギーは別ものなんだけど、土や養分は同じなので、近い感じがあります。

ソウルメイトも恋愛や結婚に発展しやすい関係ですね。

なぜツイン(双子)なのにいろいろ種類があるの?

さくら困

ねぇ、とぷすくん。ツインって双子って意味よね。だからツインソウルは魂の双子って意味なんだと思うけど、どうしてレイとかフレームとか全部にツイン(双子)って名前がついてるの? わたし頭がこんがらがってきたわ・・・


とぷすくん右

正直、僕もわかりにくい呼び方だと思ってるよ。実はね、呼び方はいろいろな霊能者さん(チャネラー)によって違ったりするんだ。

霊能者さん(チャネラー)って高次元(あの世や天国みたいなところ)から受けとるメッセージを地球の言葉に置き換えて翻訳するんだけど、あの世の言葉辞書があるわけじゃないから、新しい情報を伝えられると、その場で新しい言葉を作って変換していかないといけないんだよね。

まぁ、同時通訳みたいな感じだよね。

このツインレイ、ツインフレーム、ツインソウルって言葉は、リサ・スミスさんというチャネラーさんが高次元からの情報を受け取ったときに、つけた呼び方なんだ。

リサ・スミスさんのチャネリングは、友人のロナ・ハーマンさんの本「運命の脚本を書く」の中でとりあげられて日本語訳が出版されました。

ロナ・ハーマン著「運命の脚本を書く」

この本を読んだ日本の方が2011年頃、ネット上にリサ・スミスさんのチャネリング部分を抜粋して紹介し、それがあっという間に日本国内のネット上で広まってしまったんですね。

リサ・スミスさんのチャネリングだと、ツインソウルの種類は次の段階があると言っています。

1.ツインレイ(ツインの光線)
2.ツインフレーム(ツインの炎)
3.ツインソウル(ツインの魂)
4.ツインメイト
5.神聖な表現
6.ソウルメイト
7.神聖な補足者

それぞれは簡単にいうとこんな感じで説明されています。

1ツインレイ・・・2人。究極の存在。これ以上の根源の探究はない。最初に魂が分裂した存在。

2ツインフレーム・・・7人。銀河系の時代から一緒にワークしてきた存在。ツインレイの次に魂が分裂した存在。

3.ツインソウル(ツインの魂)・・・12人。祝福されたロマンチックな出会い。

4.ツインメイト・・・144人。地球・太陽系・銀河系の任務を達成するための関係。ロマンチックな絆はない。

5.神聖な表現
・・・人の人生に登場して大きな印象を残していく存在。

6.ソウルメイト・・・前世などから設定されている存在。

7.神聖な補足者・・・あなたと瓜二つでありのままに鏡のように見せてくれる存在。

このリサ・スミスさんのチャネリングメッセージが日本で広まったあとも、様々なチャネリング本が翻訳され、そこでまた新しい呼び名がでてきました。ツインスターなどなど。

で、なにがなんやらこんがらがってしまっているわけなんですね。

でもね。大事なのは高次元世界における魂の距離や近さですよね。それがこの世で出会うと、感覚で感じるってことです。

またリサ・スミスさんのチャネリングメッセージではツインレイは2人、ツインフレームは7人、ツインソウルは12人と言ってますが、この数字もあまりこだわる必要はないと思います。これもあくまで魂の近さを表現したものだと思っています。

とぷすくん右

呼び方は霊能者さん(チャネラー)によってホントにいろいろでツインレイやツインフレームのことを、ツインソウルって呼んでいる人も多いですね。僕もそういう書き方をしているときもありますね。

ツインレイやツインフレームが出会ったときにはサインがある?

さくら笑

ねぇ、とぷすくん。ツインレイやツインフレームが出会ったときにはいろいろなサインがあるって聞くけど、どうなのかしら?


とぷすくん右

サインがある場合もあれば、ない場合もあるよ。案外、サインがないほうがうまくいきやすいね! 気づかないままお付き合いしたり結婚してる人とかもいるよ


さくら笑

とぷす君は、ツインレイにも、ツインフレームにも出会ってるのよね。そのときは何かサインがあったの?


とぷすくん右

あったよ。特にツインレイに出会ったときは、光の玉が自分に入ったり、魂が飛び出しそうになったり、目と目を見つめあうと時間が止まったり、ハートチャクラが痛くなったりしたね。他にもシンクロって呼ばれる現象がいっぱい起こったよ


さくら驚

光の玉??? ツインレイに出会うとみんなそんなことになるの?


とぷすくん右

光の玉が入る人はものすごく稀だよ。光の玉が入る人はスピリチュアルなことをする役目にあるみたいだね


さくら笑

サインについてもう少し詳しく教えて!


とぷすくん右

OK!

出会ったときのサイン・不思議現象

あくまで、とぷすくんの場合の話をするね。人それぞれ違うからね。

魂が飛び出しそうになる

まるでアニメ「ど根性ガエル」のように胸の中心から、魂が生きているように外に飛び出しそうになります。

僕の場合、ツインレイ、ツインフレームでこの魂の飛び出し現象が起こりました。

・【ツインレイのとき】
ツインレイのときは僕はまだ覚醒していなかったので、会っているときにはこの魂が飛び出しそうになる現象は起こりませんでしたが、、、離れたあと、わずか1週間で相次ぐスピリチャル体験(例の”光の玉”が身体に入る体験や、性エネルギーによるクンダリーニ体験など)をして覚醒したあと、魂が自分の身体から離れて、勝手に相手のところへ飛んでいこうって感じで、無理やり僕を引きずるようなチカラを持ち始めたんですね。まさに「ど根性ガエル」のピョン吉が主人公の男の子を引きずっていく感じですね。

この魂の飛び出し現象は、ツインレイと離れたあと、半年ぐらい続きましたね。けっこう大変でした。。。

・【ツインフレームのとき】
ツインフレームのときは初めて相手と会って、話している最中に、突然僕の魂が「やっと会えた!やっと会えた!」と飛び出すように騒ぎはじめました。僕は覚醒して霊的な感覚がするどくなったあとだったので、魂の反応をいち早く理解できました。そしてそれを目の前の相手にそのまま伝えると、彼女も感良く、初対面の二人だったけどいきなりただならぬ魂の関係だということをお互いに認識しましたね。

目と目を見つめると時間が止まる

魂のエネルギーが同じやとても近い人間同士が目と目を見つめあうと不思議な感覚になることがあります。僕の場合も、かなり不思議な体験をしました。

・【ツインレイのとき】
ツインレイのときは、目と目を見つめると時間が止まったり、宇宙に浮いているような不思議な感覚になりました。

ボーーーッと二人で見つめあうのですが、たぶん実際の時間にしたらほんの数秒なんでしょうけど、みょうにボーーーッとしちゃって、なにか別の空間にいるような、そこだけ別次元にいるような不思議な感覚になるんですね。うまく言葉で表現できないですね。

人によっては、実際に宇宙を見たり、光に包まれるような体験をした人もいますね。

また霊的能力が強い人は、意識を失うと同時に、ホントに別次元の世界であるアガルタやシャンバラなどに一気にトリップしてしまう体験をする人もいますね。(まぁ、ホントに特殊に霊的能力が強い人の場合だけどね)

・【ツインフレームのとき】
ツインフレームの場合、そこまで大げさな感覚はありません。しかし僕の場合は、目と目が合うたびに一瞬一瞬、時が固まるような感じがしました。なんというか、カメラのシャッターを切るような、そんな感じで、バチン!って、世界が一瞬固まるんです。固まる一瞬ちょっとだけ世界がぎゅっと縮んで戻る感じです。

この感覚はツインフレームと会った2回目までは続きましたが、3回目以降は起きなくなりました。

別記事『ツインソウルと目と目があったとき』では、魂のエネルギーと目が見つめあうときに起こる不思議な感覚について詳しく解説しています。

涙が止まらない

ツインレイのときは毎日のように涙が止まらないようになりました。ただ涙が出てとまらなくなったわけではありません。なんと半年近く、止まらなくなったのです。

それは悲しみの涙ではなく、感動の涙でした。

何を見ても、感動して涙が止まらなくなるのです。何かを思い出しても、また涙が止まらなくなるのです。しかも大粒の滝のような大量の涙なのです。

街を歩いているときも、駅のホームでも、電車のなかでも、会社で仕事しているときも、1日に10回ぐらいはこの涙が止まらない現象が起きるのです。

スピリチュアル的には涙は心を浄化するものなのですが、僕はこの涙が止まらなかった半年間でそうとう心が浄化されたんだと思います。

しかしこの涙が止まらない現象で会社で仕事ができなくなり、この時期、会社をやめることになりました。

ハートチャクラが痛くなる

ハートチャクラというのは胸の位置にあるエネルギーの出入り口です。

このハートチャクラの場所でいろいろな痛みのようなものが起こります。種類別に絵にしてみました。

・ハートチャクラが熱い

・ハートチャクラが痛い

・ハートチャクラがドックンドックンする

ハートチャクラの痛みは前と後ろがあって、僕は前も後ろも痛くなりました。また
上下や左右に移動することもありました。

別記事『ツインソウルとハートチャクラの痛み・温かさ(7つのチャクラが活性化する!)』でくわしく書いてます。

テレパシー・相手の考えていることがわかる

ツインレイと会話していると、相手と自分が同時に同じことを考えていたり、相手の心が読めたりします。

これはいわゆるテレパシー現象なのですが、テレパシーと書くと「頭のなかで会話する」と思ってしまう人も多いかもしれませんが、テレパシーは電話ではないので、会話はしません。脳が繋がっているので同時にわかる感じですね。

なので自分が今から言おうとしたことを先に相手が言ったりします。まるでセリフの取り合い合戦みたいになることもあります。

肌の質感が同じ。パーソナルスペースが存在しない

ツインレイの場合、魂のエネルギーがほぼ同じなので、身体からでているエネルギーも同じです。

その身体に触れたときに、自分を触っているような不思議な感覚になります。肌の質感が自分の皮膚感とほぼ同じなのです。ツインレイに触ったこと経験がないとこの感覚はわからないと思いますが、どこまで自分なのかわからなくなります。

抱き合うと、ピタっとすき間がなくなります。

人間にはひとり一人自分の空間を保ちたい領域(パーソナルスペースと言います)が存在しますが、ツインレイの場合はこのパーソナルスペースが消えます。なので、相手とどんなに密着していても無理なくその体勢が普通に思えるぐらいスムーズな密着になります。

ツインレイの場合は、むしろ距離感ゼロの状態のほうが落ち着きます。

手が似ている。顔が似ている

ツインレイの場合は、顔や手が似ていることがよくあります。身体を作っているのはもちろん親から受けた遺伝子情報がもとなのですが、魂のエネルギーも身体のカタチをつくるのに影響しています。なので同じ魂のエネルギーを持つツインレイの二人がどことなく似ているのは当然なのかもしれませんね。

ちなみに手が似ているということは、同じく身体の末端器官であるアレも似ているってことですね。

※別記事『ツインソウルは手が似ている!?』でくわしく書いています。

魂の暴走!

ツインレイの場合、相手と自分の魂はほとんど同じエネルギーなので、自分と相手とのあいだで魂のエネルギーの永遠ループ現象が起きます。これになると、魂のエネルギーが100%状態になり、頭がまったくついていけなくなります。

この衝撃をうまく表現するのは難しいのですが、例えると一般道路でF1レースカーに乗せられている感じでしたね。

もちろん即効、事故りますけどね。
(僕はツインレイと出会ってすぐに人生がめちゃくちゃになりました。そこからブログを書いて立ち直っていったんだけどね)

シンクロニシティ

シンクロニシティとは、不思議な偶然の一致のことです。ツインレイやツインフレームに出会うと、シンクロニシティがたくさん起こります。シンクロニシティはシンクロと略されて呼ばれることが多いですね。シンクロは天使のウインクなんて言ったりもして、天使さんからのOKサインだとも言われています。

誕生日のシンクロ

ツインレイやツインフレーム共に、誕生日に関するシンクロがたくさん起きました。

例えば、僕とツインレイの誕生日は、1年を丁度半分に割った日付ですね。でもまぁ、これは特別な意味があるわけではないですが。

それよりもツインフレームの誕生日の日に、僕には様々なことが起こることが多いですね。これはとっても不思議ですね。

またはじめてツインフレームの誕生日を聞いたときには、なぜか僕はその生年月日や生まれた時間までも前から知っているという感覚になりました。なので一度聞いただけで、時間まで正確に覚えてしまいました。

1111の数字をよく見る

ツインレイに出会ってから、1111の数字を毎日のように見るようになりました。

その他のシンクロ

シンクロニシティはとにかくたくさんあります。ひとつずつ紹介できないのでまた別の機会に!

さくら笑

ツインレイやツインフレームに出会うといろんな不思議なことが起こるのね。


とぷすくん右

でもホント人それぞれ違うからね。僕は個別お茶会やセミナーでたくさんの方からお話を聞いているからね。もっといろんなケースがあるし、特に不思議現象が起こらない人もいるんだよ

ツインレイやツインフレームの出会いやそこで起きる現象は、ホント100人100色です。また、ツインレイやツインフレームの出会っていなくても、素晴らしい覚醒体験や素晴らしい出会いをした人たちもたくさんいますね♪

どんな出会いや体験も、形式やカタチにこだわらずに、視野を広げていくのが大切ですね♪

出会いのパターン

さくら笑

ツインレイやツインフレーム、ツインソウルって、出会い方にパターンのようなものはあるの?


とぷすくん右

これは人によってそれぞれなんだよ。十人十色だね。決まったパターンみたいなものはないよ

ツインレイやツインフレームやツインソウルにはある種の出会いのパターンがあるように書いてる本などもあるかもしれませんが、実際はまったく人それぞれ違います。

出会う場所も、出会い方も、出会う年齢も、年齢差も、シュチュエーションも、まったく違います。出会ってすぐに付き合いだす人もいれば、出会ったあとずっと離ればなれの人もいます。

また、ネットなどの情報ではツインレイやツインフレームと出会ったと勘違いしている人が発信している情報も多く、間違った噂や出会いのパターンがあたかもあるような情報が広まってしまっている場合がありますが、実際は人それぞれまったく違うってのが正解です。

みんな性格も趣味も行動パターンもまったく違うのですから、ちがって当然ですね。

特にツインレイに出会う方はそもそもかなり強い個性的な輝きをもっていますので、平均的な人と同じようパターンの人生を歩んでいる人は少ないです。これも、ツインレイの出会いにパターンがないひとつの理由です。

ちなみ、とぷすくんがツインレイに出会った場所は、クラブ(踊るところ)です。僕らがその場所で出会ったのは、そこが二人の趣味が唯一、一致する場所だったからかもしれませんね。

もちろん普通に学校の同級生で出会う方もいますし、仕事で出会う方もいます。相手が芸能人の場合は、かなり変化球な方法でいきなり芸能人の相手のほうから連絡が来たりすることもあります。あるいはいきなり知人にその芸能人の方を紹介されるケースもあります。

相手が外国人のこともありますし、同性の場合もあります。

ホントにケースバイケースなので、出会い方にパターンはないってのが正解だと思います。それぞれの個性に合わせた出会い方があるってことですね♪


【無料メルマガ】


無料メルマガ
読者1000人。ネットに書けないお話はメルマガで!

【性のブロック大解放】

性のブロック大解放セミナー(初級編)
東京:11月18日(日)

性のブロック大解放セミナー(中級編)
東京:11月16日(金)残2席