とぷす君はロープ・アーティスト!?

どうも。とぷすくんです。

僕はいつも、かわいいキャラクターのいろんな絵を書いてるけど、今回はとぷす君の美しいロープ・アートの世界をキャラクターで表現してみたよ♪

エッチな絵じゃなくて、かわいい絵だから、ご安心を!

セクシャルにちょっとしたプラス要素を加えるだけで、より楽しく美しい性の世界が堪能できるかもしれないね^^

解説も一緒に書いてるので、楽しんでみてね♪

さぁ、レッスン開始!

さぁ、今回は、こちらのかわいいモデルさんに縄を巻いていくよ!

服を着た上から、巻いていくね。但し、ブラジャーは邪魔になるので、ノーブラになってもらっているよ!

では、さっそくひとつめの縛り方からやってみようか。

通称「脇さらし」

まずは、俗に「脇さらし」と呼ばれる縛り方だね。

手首を身体の前でしばってから、腕を頭の後ろまで引っ張りあげ、手首の縄を胸の上下に巻いて、固定するんだ!

さぁ、完成がこれだよ。前と後ろの両方を確認してね。

「脇さらし」 は女の子によってはちょっと恥ずかしさを感じるポーズだね。

二の腕の裏側、脇、鎖骨、おっぱい、と女の子が感じやすいポイントが表にさらされて、おまけに腕を上に固定されているからがガードする術もない私。。。と、 M体質な女の子だったら、このポーズだけでいろんな想像力をかきたてられちゃうかもしれないね。

「このあと何されちゃうんだろう。。。でも抵抗できない」って、そういうM的な期待感が増しちゃうポーズだってことだね♪

この縛り方の注意ポイントは、腕を上げた姿勢は腕の血流が下に落ちてくるので、 長い時間このポーズを続けないこと。

なので、そこはちょっと工夫して、ソファやベッドに枕を置いて仰向けに寝かせてあげると、腕の血流も悪くならないので、女の子も楽になってより楽しめるよ。

また、腕を後ろに強くひっぱりすぎるのも、女の子に負担をかけるので、腕を動かせる余裕を縄に持たせてあげるのも大事なポイントなんだ。絵でも少したわんで余裕をもたせてあるよ。

「両足不動一本絞り」

今度は脚をしばってみよう!

これは 「両足不動一本絞り」なんて呼ばれ方をする縛り方で、ピッタリと脚をとじてしまうのが特徴だね。

セックスやエッチなことを連想するとき、ついつい足を開くイメージをもってしまう方も多いと思うけど、実は女の子って、脚を閉じて、内股から股間をギュッと締めているときも感じやすいんだよね。

あとはここにちょっとしたエッセンスを加えるとして、ブルブル震える丸いオモチャなんかを、内ももや股間部分に挟んじゃってもいいかもしれないね♪

え? なに? それはエッチだって? 

そうだね。エッチだね^^

「両足不動一本絞り」 をすると、女の子は転んじゃう可能性があるので、女の子に座ってもらった状態でやると安全だね。

通称「後手胸縄しばり」

次はもっともロープ・アートらしい、代名詞のような縛り方を紹介するね。

女の子の手首を後ろで組んでもらって縛り、その後、二の腕ごと胸の上下に縄を巻いて、腕を固定してしまう縛り方。「後手胸縄しばり」なんて呼ばれているね。

さっきの「胸さらし」と違って、腕を上にあげないので、女の子としては体勢も楽だね。

この縛り方は、天井から女の子を吊るしちゃうショーなんかでも使われる縛り方に近いんだけど(実際はちょっと違う)、個人で楽しむのであれば、天井からぶら下げたりすることはないので、後ろ側の手首をしばっている縄は緩めにしてあげたほうが、女の子も体勢が楽に保てるんだ。

手首の位置もおしりに近い位置で縛ってあげるほうが、女の子の腕も疲れずに「ロープ・アート」の世界に集中できるよ。

僕の考える「ロープ・アート」の楽しみ方は、女の子にリラックスして楽しんでもらうためにやっているので、女の子が疲れない姿勢や腕の位置を常に考えるんだ。そこを意識して目的に合った縛り方をしないと意味がないからね。

ちょっとエッチな縛り方

さて、最後にもうひとつ、いかにもな有名な縛り方を紹介するね。

これは足を縛るやり方なので、上半身はさっき紹介した 「後手胸縄しばり」 と組み合わせてみるね。

ハイ。できあがり!「M字開脚しばり」です!

これは女の子に足をMの字に開いてもらい、そのまま縄で固定する縛り方だね。

いや~ん! エッチだね~! これは。。。

ちなみに、上半身を 「脇さらし」 にするとこんな感じになります。

「脇さらし」は、途中で手首の縄だけほどくこともできるので、もし女の子の腕を自由にしたかったら、手首だけほどけばいいので便利です。

「後手胸縄しばり」は、けっこう複雑な縛り方で腕ごと巻いてるので、全部ほどかないと、女の子の腕は自由になりません。なので、そのあたりも考えながら、上半身の縛り方はチョイスするといいかもしれませんね。

セクシャル・プラスの考え方

セクシャルにちょっとひと工夫して、遊び心や、楽しさを追加していく考え方を、僕はセクシャル・プラスとして提案してるんだ。

女の子は、美しいものが好きだし、赤いロープ(綿のやわらかいロープだよ)を見るだけでも、いい感じに盛り上がることも多いからね。

簡単な縛りだったら、別に、ロープじゃなくても、スカーフでも代用できるからね。

いろいろ工夫して、セクシャルの世界をより、女性的にも美しいアートの世界にしていってね^^

著者:とぷす君
2012年より恋愛・セクシャル・ソウルメイトをテーマにしたブログを執筆。個別お茶会やセミナーを通し、これまで780名以上の女性のお客様とお会いしてきました。2020年より「大人女子のための癒しの楽園」をテーマににさらなる活動を展開中!