【ツインレイ・ツインフレームの特徴】魂が飛び出す!しゃべりだす!

どうも、とぷす君です。

ツインソウルに出会うとまるで魂がひとりでに勝手に動き出すような、そんな状態になることがあります。

今回はそのことについてお話してみたいと思います。

魂が勝手に動き出す!

ツインソウル、特に魂の関係が最も近いと言われるツインレイと出会ってしまうとどうしてもこの魂というものの存在を感じざるをえなくなってしまうんですね。

もちろん僕は霊能者でもないですし、霊感なんてものも全然ありません。そんな全然普通の僕がなぜかそのツインレイと呼ばれる相手(普通の人間なんですけども)と出会っただけで、信じられないことに”魂”というものをちょうど胸の中心あたりに感じはじめたんです。そしてね、それが勝手に動き出すんです。

どこへ行こうとしてるのかわからないけど、僕のカラダを飛び出して、どこかへ飛んでいきたがるんですね。

これね、説明するのに、ぴったりな漫画があるんです。

古い漫画なんだけど、『ど根性ガエル』って漫画です。ある日、主人公の少年のTシャツにカエルが合体してしまうっていうギャグ漫画ですね。

アニメやドラマにもなったのでご存知の方は多いかなと思います。

このど根性カエルのぴょん吉、Tシャツのプリントのカエルなんだけど、勝手に動いて、主人公をぐんぐん引きずり回すんですが、僕が感じた魂が勝手に飛び出していこうとする感覚ってまさにこのぴょん吉状態だったわけです。

もう10年も前の話ですが、僕はツインレイと呼ばれる相手と出会って、それから2週間ぐらいしてから急にこの魂が動き出す現象にみまわれました。

いや、けっこう大変でしたよ、これ。だって、そもそも自分の意思と関係なく自分の魂が動きたがるんですからね。もう、どうしたらいいのかわかんなくなりますね。

この現象は結局、数ヶ月ぐらい続きましたね。

その後僕は会社を辞めてブログを始めたり自分らしく自分を表現していく、そういうことを始めたんですけども、それと同時にだんだん収まっていって魂が勝手に暴走するってことはなくなりましたね。

ある意味、自分の魂のやりたいことと、自分の行動が一致してきたことで、そのズレがなくなって、おさまったのかもしれませんね。

魂が勝手にしゃべりだす!

次にお話する話は魂が勝手に動き出した時とは別の話です。これはツインレイと出会ってから数年が経った後、また別の方と出会ったときに起こった現象なんですね。

今度はね、なんと魂が勝手にしゃべりだしたんです!

ど根性ガエルのぴょん吉も喋るんですけども、それと同じように魂が急に喋り出したんです。正直、めちゃくちゃビックリしました。

あとにも先にもこの一度きりなんですけどもね。そのときの状況をちょっと説明したいと思います。

僕は個別お茶会という個人カウンセリングをやっているんですけども、それでとある地方に出張してそこで女性のお客さんとお会いしました。

その方は初めてお会いする方だったんですけども、出会った瞬間から何か変な感じがするなあと思ってたんです。でカフェで早速カウンセリングみたいなことを始めて、お客さんの話を聞こうとするんですけど、お客さんの声が僕の耳に届くたびに、僕の意識がフワッとどっか高次元というか、宇宙というか、ちょっと異空間に飛んでしまうんです。

それがもう相手の女性が声を出すたびに、ふわっ!ふわっ!て意識が飛んで、「うわぁなんだこれ!!!」と思って、これは無理だと思ってそのお客さんの女性に正直に言ったんですね。

「ごめんなさい。ちょっと今変な感じになって、声を聞くたびに意識が宇宙に飛ぶんです。なのでちょっと一旦このセッション中断していいですか」って。

その時です。急に胸のあたりにある”魂”らしきものが喋り出したんです!

「やっと会えた!やっと会えた!やっと会えた!」って。魂が。。。しかも、めちゃくちゃはしゃぐ感じで。

で、僕そんなこと今までなかったんで、いきなり自分の内側から声が聞こえて「何だこれ!?」と思って、思わずそのままそのお客さんに「今、僕の魂がやっと会えた!やっと会えた!」って言ってるよと伝えちゃいました。

そのお客さんはかなり何年も前から僕のブログを読んでいてくれた方なので、僕に今起こっている不思議なこともすんなりと受け入れてくれました。

受け入れてもらえたことで、僕も少しほっとして、一応ね、セッションとしては相手のお客さんの話を聞くっていうところはちゃんと時間通りやったんですけどもね。なんだか、僕が何百人と個別お茶会したなかで、こんなことになったのはこの1度きりなんで、ホントに焦りましたね。

なので、これは只事じゃない気がして、ちょうどその1週間後に僕は以前自分のツインレイを霊視鑑定してくれた霊能者さんにお会いする予定があったので「気になるのであなたとの関係も聞いてみていい?」というと「ぜひ。私も気になります」とお返事をいただき、霊視鑑定用に生年月日や写真などの情報を送っていただきました。

で、その場はそのままお別れしました。

後日、そのツインソウルを霊視鑑定できる方とお会いしたときに、例のお客さんの写真と生年月日や名前を見せて、鑑定してもらったんですよ。そしたら「うわぁ。この人、めちゃくちゃ魂のレベルの高い人ね。美人だし。すごい! この人、とぷすさんのツインフレームよ」って。

え?

まさかの答えに驚きましたが。。。だから「やっと会えた!」って僕の魂は大喜びしていたのか、、と思いました。

ここでひとつ僕としてはちょっと不思議な感覚になったのは、この彼女の生年月日(生まれた時刻まで)を初めて教えてもらったとき、僕は「あれ? これ知ってる? なんでだろう?」って不思議な気分になりました。

僕は他人の誕生日を覚えるのがすごく苦手なんです。親の誕生日すら何回聞いても覚えられない(笑) なのにこの彼女の誕生日は一回見ただけで時刻まですっと記憶できちゃったんですね。不思議です。

「ツインフレームはお互いの世界が広がっていくようなそういう関係なんですよ」というふうにお聞きして、そのことをそのままそのツインフレームの相手の女性にも伝えました。

でなんだかんだでそのまま連絡はずっと取り続けるようになったんですね。

魂の意思に従ってみる

今回は魂が勝手に動き出したり、しゃべりだしたりしたときのことをお話しましたが、結局のところ、そういう魂が何か意思表示したときはやっぱその意思に従ってあげるのがいいんじゃないかなと思います。

なんといっても自分の魂ですからね。自分の魂がやりたい方向、そっちがやっぱり正しい道だと思うので、自分を無理に押さえるんじゃなくて、そこに自分を合わせていってあげると自己表現とか自分らしく生きるっていう方向に道が進んでいけるのかなと思います^^