どうも。女の子大好きとぷすくんで~す!


さくら笑

ちょ、ちょっと! とぷすくん。いきなり”女の子大好き”なんて言ってどうしたの??? それに一体手に持っているものはなんなの?


縄とぷす

縄(なわ)だよ! 縄で女の子を縛ろうかと思って!


さくら驚

ど、ど、どういうこと???


縄とぷす

話せば長くなるんだけど、いいかな? あとちょっとエッチな話もでてくるけど、大丈夫かな?


さくら照

う、うん。やっぱりちょっとエッチな話なのね。わかったわ。時間はあるからゆっくりお話してね


縄とぷす

んじゃぁ、僕のインナーチャイルドが2018年初頭に完全に癒されたお話からするね


さくら困

え? インナーチャイルド??? それが関係あるの? わかったわ。教えて



とぷすくんのインナーチャイルドがブロックしていたもの

僕はツインレイに出会った2011年から約7年の歳月をかけて、親子関係のなかで僕の心の奥に作られてしまった心のブロック(無意識の抵抗)と格闘を続け、ようやく2018年の2月にその長い鎖から開放されて、自分のやりたいことが、自由にできるようになりました。

2018年の5月、僕の誕生日を境に、西洋占星術上で7年周期というロングスパンで動く天王星が、僕の太陽星座である「おうし座」へと歩みを進めました。

天王星は「改革」をつかさどる星。7年周期×12=84年というロングスパンで12個の星座をまわるため、この「改革」の星が自分の星座にやってくるのは一生に一度だけのチャンスなのです。

つまり僕にとって、2018年からの7年間は「人生の大改革」のチャンスのときなんですね。

しかし、「人生の大改革」を迎えるにあたって、自分の心のなかに「自分が本当にやりたいことに対する無意識の抵抗」があったら、大改革はうまくいきませんね。

そのことを知ってか知らずか、僕のタマシイは「人生の大改革」の7年がやってくる直前まで、僕の心のなかにある「やりたいことへの無意識の抵抗」を外すように仕向けていったのだと思います。

つまり、インナーチャイルドを完全に癒してしまうということです。

インナーチャイルドを癒すキッカケをつくってくれたのは2011年に出会ったツインレイでした。

僕がツインレイと出会った最大の目的は、インナーチャイルドを癒して、2018年から始まる人生の最大の改革の前に”自分のやりたいことが自由にできる精神”へと導いてくれることだったのかもしれません。

縄とぷす

てな、感じなんだけど。。


さくら笑

なんだか壮大なのね。で、どうしてインナーチャイルドを癒したら、女の子を縄で縛りたいってなっちゃったわけなの?


縄とぷす

うん。僕のインナーチャイルドが生み出していたブロック(心の抵抗)は、ズバリ”エロへの抵抗”だったんだよ!


さくら困

え? そうなの? だって、とぷすくんは前から全然エッチなこと平気だったし、わたしとぷすくんはエロな人だと思ってたけど。。。


縄とぷす

ううん。違うんだ。確かに僕は前からエロだったし、全然エッチなことも平気だったんだけど。実際はね、、、


さくら困

実際は、、



もっともーーーと、超エロだったんだよーーー!!!




さくら困

そ、そう。。。。もっと超エロだったのね。。わたしには違いがよくわかんないけど。。。


縄とぷす

と、いうわけで、以前から興味があったけど、あと一歩足を踏み入れなかった世界にもどんどん足を踏み入れるようになっちゃったんだね~!


さくら困

例えばどんな世界なの?


縄とぷす

そうだね。僕は以前からセミナーやブログでも女性の性エネルギーの世界についてかなり語ってきたんだけど、やっぱりそこにはもっともっと興味があって、追求したい気持ちがあるんだよね。


さくら困

それて、いわゆるタントラやクンダリーニ、あとはタオの世界のことよね


縄とぷす

そうだね。だけど、僕が最近熱心に勉強しているのは「仙道の房中術(ぼうちゅうじゅつ)」なんだよね。


さくら困

なんだかまた難しそうね


縄とぷす

いや。そんなことないよ。結局のところ男女のコミニュケーションでいかに女性が性の快感を享受し、その女性の快感エネルギーを男性にフィードバックできるかって話だよ。簡単、簡単


さくら困

う~ん、やっぱり難しそうね。だってそ女性が性の悦楽を享受すること自体がなかなか叶わなかったりするんじゃないのかな。。。それってようするにセックスで気持ち良くなれるかどうかってお話なんだよね?


縄とぷす

ちょっと違うかな。。。


さくら困

え? 違うの? どうして?


縄とぷす

女性の性の本体ってね、隠れいてるんだよ。心の奥に。。。


さくら驚

隠れてる???


縄とぷす

そう。だから、その隠れているモノを引き出してこないといけないんだよね。。。僕はたぶんそこに興味があるんだと思うのね。。。縄もね。その女性の隠れているモノを呼び覚ますための一つのアイテムなわけ


さくら驚

ちょ、ちょっと、待って、、、なんだか、ホントにすごくエッチな話になってきた気がしてきた。。。。


縄とぷす

うん。まぁまぁ奥の深い世界のエッチな話だから、良い子はこのあたりでこのサイトは閉じて寝てくださいね♪



縄と女の子

インナーチャイルドを癒して、自分のやりたいことが自由にできるようになった、とぷすくんがはじめたことは”女性の性の悦びへの追求”でした。

なぜ、そうなったのか?

それは僕が単純明快にめっちゃドスケベだからです。

で、もってけっこう変態だからです。

まぁ、芸大に行ってた頃に、もっと本当はこの才能を発揮するべきだったんでしょうが、インナーチャイルドの抵抗に勝てずに、僕は渋々とエロの世界から遠ざかっていたわけなんですね。

でもね。やっぱり僕にとってはエロこそが僕のアイデンティティなんだなって思うわけなんですね。

そして、僕にとっては、やっぱり、エロと芸術は切り離せない感覚があるんですよね。

つまり僕が芸術をやるには、エロを無視することは不可能なんですね。

インナーチャイルドを癒したおかげで、ようやく、僕は純粋に、エロとアートに邁進できるようになったわけです。

ということで、まずは縄で女の子を縛るってのに興味を持ち、講習会に通って、その技術を手に入れました。

僕はなぜか元々縄で女の子を縛るのがうまいらしく、講習会の先生にすごく褒められていましたね。

ちなみにメルマガ読者さん限定(女性のみ)でやっている「性のブロック2(上級編)」では、実際にワークショップに参加してくれた女性をロープで縛ったりもしていますね!

さてさて、そんな風に、縄で女の子を縛るなんてことをやりはじめたとぷすくんなのですが、縄の世界のこと知らない人も多いでしょうから。ちょっと簡単にここでその世界のことをご紹介いたしましょう!

まずは「ロープアーティスト」として活躍されている一鬼のこ(きのこ はじめ)さんの縄の世界をみてみましょう!





カラフルな縄を使ったりと、縄の世界をポップなアート世界と結びつけられていますね。

一鬼のこさんのさらにディープなアート世界の紹介動画がこちらですね。



さくら笑

わぁー! 縄がアートと融合しているのね! すごいわね~! とぷすくんもこういうのがやりたいの?


縄とぷす

ううん。ちょっと違うんだよね~。僕がやりたいのは、こういうショーのような観客に見せるための世界じゃないんだよね


さくら困

え? お客さんに見せるための縄じゃダメなの?


縄とぷす

うん。僕が求めているのは、あくまで女性のなかに眠っているものを引き出すことだからね。人に見せたりして楽しむエンターテインメント的なものではないんだよね。こういう写真の世界なんかだとモデルさんはけっこう長時間苦しい姿勢で撮影していたりして、心からリラックスしたり楽しめたりはしていないだろうからね


さくら笑

とぷすくんのこだわりは、あくまで縄で縛られている女の子自身が楽しいってことなのね


縄とぷす

そうだね。僕が興味があるのは縄じゃなくて、あくまでも女の子の心なのね。正直、縄はそれを引き出す道具でしかなくて、縄なんてなくても女の子が楽しければそれでもいいんだよね


さくら笑

なんだか、いかにも、とぷすくんらしい意見ね♪




縄ではなく、あくまで女の子が主役なのね。それが大事。


縄を縛るというのは、下手をすると「ただの作業」みたいになってしまうことがよくある世界なのですが、そうなっちゃうと、何のために縛っているのか、その本来の目的を見失ってしまうような気がするんですね。

縄はあくまで女の子のなかに眠る”Mな心”を解放してくれる道具として使うものなんじゃないかなって思うんですね。



さらに縄を通して、縛られている女性と心を一体にしていくこともできるんじゃないかなって思うんですね。

そうすると簡単な縄の縛りのほうが、スムーズに心を寄せ合わせることができたりもするですね。縛っている側の一方的な作業になってしまったらダメなのね。そうじゃなく、あくまでも二人のコミュニケーションのなかで、女性側が心の奥に意識を向けられるかなんですよね。

有名な緊縛師の(故)雪村春樹さんの縛りに僕はけっこう感銘を受けますね。一番始めに僕が縄で縛ることを覚えたDVDも雪村春樹さんのお弟子さんのもので、そちらもいかに女性が気持ち良くなれるかだけに焦点を合わせていましたね。

とぷすくんが『メルマガ読者さん限定(女性のみ)「性のブロック2(上級編)」』のワークショップでやっている縛りはこちらのような”雪村春樹さん派”的なスタイルですね。

(”雪村春樹さん派”的なスタイルの動画)


さくら照

確かにこっちの後ろから抱きしめられながら縛られている女の子のほうが、エッチなモードに入れる気がするわね


縄とぷす

女の子の心はムードが大切だからね。あとは後ろからしっかり身体を支えられるように縛られたほうが安心できるよね。縄は縛ってるとついつい意識が縄にいってしまうんだよね。そうするとそれは作業になってしまって、女の子の心が置き去りになってしまうんだよね。それだと本末転倒なんだよね。だからしっかりと女の子の心の流れに寄り添うように縄を使っていかないといけないんだよね


さくら照

それってすごく優しい気がするわ


縄とぷす

そうだね。なにより大切なのは優しさなんだよね。縄ってね、興味のない女性を縛っちゃいけないのね。あくまで、縛られてみたいって感じる女の子の気持ちに寄り添うために縛るのね。しかも痛くしないように縛るんだよね


さくら驚

え? 痛くないの?


縄とぷす

痛くないよ。痛くしたらダメだよ。ただ手足が動かせなくなるけどね



緊縛(縄で縛る)に興味を持っている女の子は意外と多い

さて、長々と縄で縛ることについて、お話してきましたが、僕は個別お茶会やセミナーを通して、多くの女性とお会いしてきて、縄で縛られることに興味を持っている女性は多いということに気がつき始めました。

まず、縄で縛られるで、イマジネーションや想像力が豊かな女性はそのイマジネーションの世界に没入しやすくなれるということがあるかと思います。

僕のブログを読んでくれている方には、内向型の方、想像力豊かな方、イマジネーションや想像のなかで気持ち良さを感じることができる女性が多いんじゃないかなって思います。

そういった女性は、普通のセックスでは、なかなか自分の秘めたる性的欲求を解放できずにいる場合もあるのかなと思います。

あるいは、その秘めたる性的欲求に、気づいていない人もいるのかなと思います。

2012年以降、女性性の時代(アクエリアス=水瓶座の時代)に突入し、今後ますます女性のそういった奥に秘めたる性的なパワーの解放が必要になってくるんじゃないかなって思っています。

僕は男なので、僕にできることは、そういう女性たちがずっと長いあいだ心の奥に秘めたまま眠らせてきた美しい性的なエネルギーの解放のお手伝いをしていけることかなと思います。

縄を習いはじめたのは、縄を通して、そのキッカケを与えたり、深い性のブロックを解放できるのではないかなって思ったからなんですね。

実は縄以外にもいろいろやっています。が、、、そっちはもう完全にアダルトな話なので、ここでは書くのは控えますが、とにかく僕はもう完全に女性の性のエネルギーの解放こそが自分の使命であり、またそれが僕にとってはもっとも得意なことであり、それこそがツインレイとの出会いが僕を導いた場所なのではないかとも思っているんですね。

実は1980年生まれ以降の若い女性ほど、こういった自由で開放的な性に、興味が強くあることもわかっています。

そのキッカケはもしかすると「エヴァンゲリオン」かもしれないですね。



夕方の子供向けアニメの第1回のヒロイン登場シーンがいきなり、眼帯で包帯グルグル巻きですからね。

あきらかに「エヴァンゲリオン」を中学生までに世代は、こういった非日常的な官能世界に対する興味の基礎があるように感じますね。

この「エヴァンゲリオン」以降、映像やビジュアル、音楽の世界は大きく変わりました。

映画では岩井俊二監督の「Undo(アンドゥ)」という、紐でグルグル巻きにされるだけの奇妙な映画が公開され、注目を集めましたね。



また音楽界では、椎名林檎のようなSM的世界感を歌うアーティストが出てきました。

そして、21世紀になり、水瓶座の時代に入った今、女性たちの奥に眠る本来の感性が少しずつ目を覚ましていくんじゃないかなって思います。

僕はその女性たちの心の動きにこそ、アートがあるんじゃないかなって思っていたりもするんです。

僕は思うんです。アートや芸術って、別に誰かにショーとしてみせるためだけに存在するもんじゃないって。

とくにこういうエロの世界では、お互いの時間のなかに生まれる呼吸や空気の流れにこそ、本当のアートがあるのではないかと。それはその瞬間にしか存在できない、またたく瞬間の、でもその一瞬がとても長く心に残る、そんな感覚があるのではないかと。

まぁ、自分でも何書いてるのか、だんだんわかんなくなってきましたが、そんな感じで、とぷすくんは2018年春を境に新たな扉の向こう側に歩きはじめたのでした。

【無料メルマガ】


無料メルマガ
読者1000人。ネットに書けないお話はメルマガで!

【個別お茶会】


個別お茶会
<対面・電話・スカイプ>
東京対面:ご希望日で調整

【とぷすくんセミナー】


【女性限定】性のブロック大解放セミナー
東京:8月7日(火)
福岡:9月3日(火)

ツインソウル・セミナー2018『恋愛を引き寄せる秘密の法則』
福岡:7月8日(日)
仙台:9月9日(日)
東京:9月14日(金)
名古屋:9月22日(土)
大阪:9月24日(月・祝)
札幌:9月26日(水)
東京:9月29日(土)