【ツインレイ・ツインソウルの特徴】涙がとまらない現象!

どうも、とぷす君です^^

今回はツインソウルやツインレイとの出会いによって起こる”強烈な体験”の中の一つ『涙が止まらない現象』についてお話したいと思います。

では『涙が止まらない現象』とはどのようなものだったのでしょうか? これはもうね、かなり”強烈な体験”で、朝起きて夜寝るまで、もうずっと延々とね、一日中、涙が本当に止まらなくなってしまうんです。

もうね、大号泣です。鼻水も止まらなくなってしまうような、そういう大粒の涙が延々と続いてしまうんですね。しかもね、それがね数ヶ月のあいだね、全然止まらないんですよ。3ヶ月とか4ヶ月とか、そうですね半年近く止まるまでかかりましたね。

本当に大変でした。日常生活なんてもう全然できなくなって、結局会社を辞めてしまうぐらい困った状態になるっていう、、、僕の覚醒体験の中では一番の困ったちゃんの一つでしたね。

これね、実際具体的にどういうものだったかというと、街を歩いていたり、電車に乗っていたり、さっき言ったように会社で仕事をしてる途中とかもずっーと全く関係なく涙がポロポロポロポロ出続けるんですよ。

でね、やっぱり会社とかで仕事中に涙が出続けるって本当に困って、僕はその時にはもうパソコン作業の仕事をしてたんですけども、もうしょっちゅうというかほとんど一日中トイレに閉じこもってというか、トイレに駆け込んで、トイレットペーパーで涙をぬぐってぬぐって、それやってる間に1日終わってしまうっていうぐらい、涙が止まらなかったんですね。

この話ね、もうね何回もね、いろんな人にお話してるんですけど、こういうお話すると、それってそのツインレイとの出会いとか別れとか、そういうことによって起こる悲しみの涙なんですか?って思う人も結構いるみたいなんですけども、実はそれ全然関係ないんです。

そういう涙ではなくて、これは感動の嵐の涙なんですね。つまり、魂が覚醒したことによって起こる感動の涙なんです。

で、この涙の原因なんですけども、ツインソウルとかツインレイの相手は全く関係ないんですね。

どういうことで涙が出てきてしまうかというとですね、普通に街を歩いてたり、電車に乗ってたりして、何気なく見かけた光景、例えばですね、駅で足の悪い人を誰かが支えてあげてるとか、日常によく見る光景なんですけども、ただそれを見ただけで、大号泣大感動で涙が止まらない止まらない、もうこれずっと電車乗ってるあいだずっと止まらなくなるんですよ。

もう大変でした。ごまかすのに大変というか、こんな大の大人がね、しかも男が電車の中で訳もわからず号泣してたら変じゃないですか。どうやってごまかしたらいいのかなと花粉症のふりしたりとかして、僕全然花粉症じゃないんですけど、何かそういうことをしたりとか。あとはそうですね、自分のね、兄弟のこととか、改めて考えてみて、例えばうちのお姉ちゃんの旦那さん、すごくいろいろお姉ちゃんのためにも家族のためにも尽くしてくれるんですけども、すごくいい人だなって思った瞬間に涙がバーってね、止まらなくなるんですよ。

何か心が感動しちゃって、その心の感動が涙となって滝のように出てくるんですね、本当にこれね、その朝起きて、目開けた瞬間、ふっと頭に何か浮かぶじゃないですか。親のこととか、自分の家庭のこととか、仕事を一緒にやってる同僚のこととか、何かぱっと浮かんだらあの人いい人だなとか、何かちょっと思い出すだけで、もう朝から”涙・涙・涙”で、晩までずっと泣いてるんですね。

他には例えばテレビタレントで若いときにお金がなくて先輩から面倒見てもらってたとか、そういう話をニュースサイトとかで読んだりするだけでも、これもまた感動で涙が全然止まらなくなっちゃう。

あとはそうですね、普通に街歩いてて建物やビルの光景を見るだけでも、なんていうんですかね人間はこんなビルを作ったんだすごいとか、なんかもうそんなことにも感動してしまうし、風が吹いただけでもこの風は地球が生きてる証拠なんだなとか、そんな馬鹿みたいなことに感動して涙が延々止まらないんです。

これはね、いいことでもあるんだけど、この状態になるとね、さすがにね、普通に社会人として、この世の中でね、日常生活を送るのは無理でした。

この現象が起こって結局もう1ヶ月2ヶ月も経たないうちに会社を辞めますってことになってね、仕事がもうできない状態だったので休みがちにもなってたんですけども結局辞めて、そのまま半年ぐらいは家にも閉じこもってましたね。

引きこもりというか、実際その引きこもってる半年間ね、僕はブログを(もう10年前、そうだ!何なんだかんだでもう10年前ですけど)。。。ブログを書き始めて、そこからそのブログを通していろんな人と出会ってそれが仕事になったりもして、日本全国でセミナーとかに行くようになったりして、人生が一気に大きく変わって、あとツインソウルってねツインレイとかツインフレームとかいろんなのあるんですけども、もう順番に出会っていくんですよ全員と。

だからもう、なんか結局、その涙がなければ会社も辞めてなかったかもしれないですし、結局それがある意味の自分の道を進むための引き金というかきっかけになったんですけどね。

涙が止まらない現象の正体は「魂の大浄化」!?

この涙が止まらない現象、では何のために起こったのかというとですね、僕それからいろいろ調べたり自分で検証してみて、多分こうなんじゃないかなというのは、”魂の浄化”ですね。

魂を浄化するために、大量の涙が滝のようにでることで、まるでシャワーのように魂をキレイに清らかに洗い流してくれたんじゃないかなって独自の分析をしてるんですね。

ではなぜ『涙が止まらない現象による魂の浄化』が起こったのかというと、これはもうやっぱりツインソウルに出会ったことで、魂がいきなり感化されちゃったからかなと。

僕の場合はね、ある霊能者さんに見てもらったらツインソウルの中でも一番自分と魂を近いツインレイと呼ばれる存在だっていうふうには言われてるんですけどもね。

音叉(おんさ)ってあるじゃないですか、楽器のチューニングとかで使う周波数が同じものが共鳴する仕組みを使った二股の道具です。

楽器やっている人はわかるかもしれないけど、ギターとかピアノのような絃を張った楽器の場合、その絃の張り具合によって音の高さが変わるんですね。ピアノの場合は、調律師さんが、絃の張り具合を調整して音の高さを合わせてくれるんですが、そのときにこの音叉(おんさ)っていうものを使って正しい周波数に合わせたりしてるんですね。

この周波数なんだけど、楽器でもね、例えば三つの音をド・ミ・ソとか同時に鳴らしたとき、ひとつひとつの周波数が正しく合ってると綺麗なハーモニーで鳴るんですけども、チューニングが狂ってると、その分だけ音がずれてしまって、ハーモニーが狂っちゃうんですね。

なのでもしかすると、僕の魂にも本来の周波数っていうものがあって、それが学校とか社会とかの中でちょっとちょっとずつチューニングが狂ってきて、本来の魂のエネルギーからズレてしまっていたのかもしれないわけなんですね。

そこで、そのツインレイと呼ばれる相手と出会ったときに、魂が自分の生まれてきたときの本来の魂の周波数を急に思い出したのか、音叉のように共鳴してチューニングされたのかわらかないけど、もとの魂の周波数に一気にグーンと戻ろうとしたんじゃないかなと。

でもやっぱり今までついてきた汚れだったりゆがみだったり社会の常識と呼ばれているものが邪魔をするから、それを一気に振り落とそうとして、大量の涙をつかって、邪魔な汚れをシャワーのように洗い流していたんじゃないかなって思ったりもしています^^