ツインレイの特徴『すき間がなくなる・溶け合う感覚』

どうも。とぷす君です。

今回は魂の最も近い相手であるツインレイの特徴としてあげられる”すき間がなくなる感覚”について、お話してみたいと思います。

どこまでが自分かわからなくなる!?

ツインソウルと呼ばれる魂のつながりを持つ関係のなかでも、ほとんど自分の魂の分身ともいえるような相手、つまり、同時に同じ魂がこの地球に2人生まれてきているような相手というのが、いわゆるツインレイなんて言われ方をしている相手ですね。(呼び方の定義には諸説ありますが)

そんな、自分の分身ともいえる相手に、この地球上で出会ってしまい、お互いのカラダが接触してしまった場合、どのようなことが起こるのかというと、

  • すき間がなくなる感覚
  • 自分のカラダと相手のカラダの境目がなくなる感覚
  • どこまでが自分かわからなくなる
  • 溶け合う感覚

まあ、こんな感覚になるわけなんですね。

これね、かなり不思議な感覚です。

普通の人間同士であれば、お互いのカラダが触れると、そこに相手の肌質や体温を感じたりする、つもり、悪い意味ではなく、自分ではないモノとしての相手のカラダを感じるわけですね。もっと極端な言い方をすると相手のカラダは自分にとっては異物だと感じるわけです。しかし、ツインレイの場合はその異物感がないんですね。

かなりヘンテコな話に聞こえるかもしれませんが

魂が同じ、あるいは限りなく魂が近いということは、魂のエネルギーの質がかなり似ているということなんだろうと思います。

これには紅茶のたとえ話が、わかりやすいかもしれませんね。

ひとつのティーポットで作った紅茶を、2つのティーカップに注ぎます。

そうすると、2つのティーカップの紅茶の濃さや味、色味、温度は、ほとんど同じになりますね。

なので、この2つのティーカップの紅茶を、混ぜても、濃さや味、色味、温度はほとんど変化することなく溶け合いますね。

もしこれが、それぞれ別のティーポットで作った紅茶を、それぞれのティーカップに注いだのであれば、紅茶の濃さや味、色味、温度は微妙に違いがうまれてしまうでしょう。

つまりツインレイの場合、高次元や宇宙に存在する僕らの大元の魂(オーバーソウル)が、同じであり、そこから旅立った2つの魂が、それぞれ別の人間という器に入っている状態なので、魂のエネルギーの質が限りなく似ているってことなのしれないってことですね。

なので、魂のエネルギーの質が限りなく似ているので、どこまでが自分かわからなくなったり、溶け合うような感覚になるのかもしれませんね。

自分ひとりの感覚に近い?

さて、このツインレイの感覚は、なかなかどんな感じなのか、わかりずらいかもしれませんね。

そこで、僕がいつもお話するのは

『自分の腕枕の感覚と似ている』。って話です。

例えば、頭の後ろに腕を組んで寝そべるとき、あるいは、腕を枕にして机に伏せて寝るとき、あるいは、頬杖をつくとき、

とにかく自分の腕って、自分にもっとも馴染む枕になるのは、みんなわかるかなって思います。

自分の腕に違和感って感じないでしょ。もちろん、頬と手が触れてる感触・・・つまり肉体と肉体が接触している感覚は、ちゃんとあります。けど、自分の腕ってフィット感というか、違和感がないじゃないですか。当たり前だけど。

それと近い感覚です。

普通、他人の腕枕で寝たりすると、やっぱり違和感ありますよね。でも、ツインレイの場合は、まるで自分の腕のように感じることができる。まあ、そんな感覚に近いのかなって思います。

動画版

動画でもお話しています。