どうも。とぷすくんです。

ツインソウルのなかでももっとも魂が近く、ほぼ魂のエネルギーとしては同一とも言える存在がツインレイです。(※ツインソウルの種類について詳しくは「ツインソウルの特徴や種類を解説」を参照ください)

そんな魂のエネルギーが同じであるツインレイ同士のあいだではどんな不思議なことが起きるかというと、、、

”隙間がなくなる感覚”に落ちます。

これはツインレイの場合、ほぼ100%起こる顕著なツインレイの特徴だと思います。

相手と一体化したような感覚

さくら笑

ねぇ、とぷすくん。ツインレイって身体が触れ合うとどんな感じになるの?


とぷすくん右

なんというか、隙間がなくなる感覚になるんだよね。もちろん実際には肉体と肉体のあいだには隙間はあるんだけど、エネルギー的に融合してる感覚っていうのかな。
そんな感覚になるよ


さくら困

それって机を挟んで向き合って会話してたりするだけでもそういう感覚になるものなの?


とぷすくん右

距離が少しでも離れてるとならないね。完全にくっついてる状態だとなるよ。そうね。ホントどこまでが自分かわかんないような一体感を覚える感覚だよね


ツインレイの二人がくっつくと、隙間がなくなる感覚というか、相手と一体化したような感覚になります。

これは比喩や、エネルギー的な融合のお話ではなく、実際に身体と身体を密着させたときに起こる現象のお話です。

なのでもちろんツインレイの相手と抱き合ったことがないとわからないお話になります。

あ、ちなみに服を着てハグをしただけで、そんな感じになります。

ちなみにハグするとこのあまりのすき間のない密着感が気持ち良すぎて、離れたくなくなります。

なぜそんなに気持ちいいのか?

さくら笑

その一体感とか隙間のない感覚って気持ちがいいのかしら?


とぷすくん右

気持ちいいよ。でもこの感覚は誰でもすぐに感じることができるよ


さくら困

え? 誰でも? どうやって???



ツインレイは相手とくっついるととにかく気持ちいいです。

どんな気持ち良さなのか、簡単に誰でも味わう方法があります。

ツインレイに出会ってなくても味わえます。

簡単です。

自分の腕で腕枕をしてみてください。横になってもいいし、机に突っ伏すカタチで腕を枕にしてもかまいません。

さあ、どうでしょう。自分の腕って気持ちいいですよね。

あるいは自分の手で、ほっぺやおなかをさわってください。どうでしょう? 気持ちいいですよね。自分の手ってエネルギーが自分と同じだから(当たり前だけど)、完全に自分にフィットしますよね。違和感ゼロですよね。

この感覚です。この感覚を別の人間に感じることができるのが、、、ツインレイなんですね。(なのでホントかなり特殊なんですね)

ツインレイの二人はね、何時間くっついてても疲れません。なぜって、、、自分の腕が自分にずっとくっついてても疲れませんよね。それと同じなんです。

ある意味、相手の身体を触っている感覚と、自分の身体をさわっている感覚に差がありませんので、くっついているとどこまでが自分の身体かわからなくなるような不思議な感覚になります。

なんというか、、、自分と相手との境目が、ピターーーって隙間がなくなる感覚になります。(うまく表現できないなぁ。。。)

水で考えてみると少しわかりやすいかもしれません。

地上で水にぬれると、びしょびしょする感じがあって、水を異物として肌に感じますね。

でも、身体全体で、水のなかに完全にもぐってしまうと、水にぬれている感覚ってなくなりますよね。ビショビショ感もないですよね。もぐってしまうと、水と身体のあいだに隙間がまったくなくなるからですね。

この感覚に近いんですね。

普通の男女が抱き合うと、相手の身体の骨格や皮膚感(やわらかさや硬さ)や体温を感じると思います。(まぁ、僕はそこが普通の男女が抱き合うときの楽しさや気持ち良さだと思っています)

だけどツインレイの場合は、そんな風に相手の身体を感じるというよりも、まさに水のなかにもぐってしまったら水を感じなくなる感覚のように、相手が自分と一体化して相手に対して異物感がない状態になるんですね。

なんていうか、、、、う~ん、、、やっぱり言葉で表現するのは難しいですね。

でも、まぁ、エネルギーが同じって、そういうことなんですね。

ツインレイの二人が身体をくっつけたときの気持ち良さって、普通の男女が身体をくっつけたときの感覚とはまったく違うんですね。完全に”例外”なんですね。

二つの同じ波動はゼロを生む

さくら笑

ねぇ、とぷすくん。ツインレイは魂のエネルギーが同じなのよね。それって波動も同じってことなのかしら?


とぷすくん右

う~ん。波動が同じというか、波形(はけい)が同じなんだね


さくら困

波形(はけい)??? なにそれ?


とぷすくん右

波のカタチだよ。そうだね。わかりやすく”音”で説明するね


さくら笑

お願いしま~す!



音って、いろんな音がありますね。もっともシンプルな音はサイン波って呼ばれる波のカタチをしてるんだ。「ピーーーーー」っていうよく耳にする音だよ。

<サイン波>


YouTube サイン波 1kHz


このサイン波が少し変形したものに、スクエア波っていうのもあるのね。まぁ、波のカタチが少し四角っぽく見えるので、スクエアなんだけどね。

<スクエア波>


YouTube サイン波からスクエア波へ


音の聴こえ方によって、それぞれ波のカタチが変わるんだね。
(※正確には倍音が変化するんだけど、そこは難しいので気にしなくて大丈夫です。)

さくら笑

音の聴こえ方によって、いろんな波のカタチがあるのね!


とぷすくん右

そうなんだ! たとえばフルートだとこんな波のカタチをしてるよ




とぷすくん右

ヴァイオリンだったら、こんな波のカタチだね




さくら笑

波のデコボコが違うのね♪ これが波形の違いなのね


とぷすくん右

そうだね


さくら困

だけど、とぷすくん、ヴァイオリンっていっても、ひとつひとつ音が違うわよね


とぷすくん右

そう。そこが大事なポイントなんだね。ヴァイオリンといっても個体差があって微妙に音が違うから、波のカタチもみんな少しずつ違うんだね


さくら笑

同じ種類の楽器でも完全に同じ波のカタチの音ではないってことなのね


とぷすくん右

じゃぁ、これを魂のエネルギーにおきかえてみるね。一人ひとりの人間の魂のエネルギーにも、波形があって、もちろん人間はみんな人間の波形をしてるんだけど、みんなそれぞれに微妙に波のカタチが違うんだね。だから、二つの波形を重ねても、ピッタリと重なることはないってことだね


さくら笑

あ、でも、同じ魂のエネルギーを持っているツインレイだったら、もしかしたら、波形がピッタリ重なるのかしら???


とぷすくん右

そうだよ。そこだよね。もちろん、実際に測定したわけじゃないから、正確なことは言えないけど、僕の体感としてはそんな感覚に近かったよね。だけどね、僕はここでもうひとつ面白い仮説を考えたんだ


さくら困

仮説?


とぷすくん右

ツインレイの二人はくっついてるとなんというか”無”や”ゼロ”のような感覚を感じることがあるのね。なので、僕はツインレイの波形は”逆位相(ぎゃくいそう)”なんじゃないかなと


さくら困

”逆位相(ぎゃくいそう)”??? もー、今日のとぷすくん難しい言葉ばっかりでややこしいわね~


とぷすくん右

ごめん。ごめん。言葉はややこしいけど、ようするに逆転してるだけなんで、簡単な話だよ。例えば、さっき出したフルートの逆位相の波形がこれね


<フルートの波形>


<フルートの波形の逆位相>



さくら困

なによこれ。上下をひっくりかえしただけじゃない


とぷすくん右

そう。上下をひっくりかえしただけ。でもね、この上下がひっくりかえった二つの音を同時に鳴らすとどうなると思う?


さくら困

え? 逆さまの二つの音を同時にならすと・・・まさか、音が消えるのかしら?


とぷすくん右

正解! そうなんだ! 音が消えるんだよ!


さくら驚

え~~~! わたし当てちゃったの。テキトーに答えたのに~!


とぷすくん右

まぁ、まぐれでも正解は正解だよ。この逆位相の面白いところはプラスマイナスが打ち消し合って、音が消えてしまうところなんだ。この仕組みはノイズキャンセリングヘッドホンなんかで使われているよ。外の騒音をマイクで拾って、機械的に逆位相にしてヘッドホンから流すと、打ち消し合って、外の騒音が消えるって仕組みだね。


さくら笑

波形って、上下逆さまの組み合わせをぶつけると、そんな面白いことが起こるのね


とぷすくん右

そうだね。だからね。ツインレイの二人がくっついたときに感じる”無”や”ゼロ”のような感覚は、この逆位相のような仕組みに近いんじゃないかなって思っていたりもするんだね。あくまで仮説だけどね



波形と波長

さくら笑

あれ? さっき波形の話を聞いたけど、それって波長とは違うの? よく人と人の相性を見るときに波長が合うとか合わないとかって言うけど・・・


とぷすくん右

波形と波長は違うよ。。。波長と周波数は連動するけどね


さくら困

え? え? え? どういうことよくわかんなくなってきた


とぷすくん右

波長ってのは、歩幅とかと同じで、波の一回分の長さだよ





とぷすくん右

周波数というのは、1秒間に何回この波長の往復を繰り返すかの数値だね。だから波長が短ければ短いほど、1秒間の回数である周波数は高くなるんだよね。音でいうと波長が短くなって、周波数が高くなると、音も高くなっていくよ


さくら困

う~ん。なんだかやっぱり難しいわ~



波形は、波のカタチ。
波長は、波の一回分の長さ。


波長が合うというのは、ようするに歩幅が合うように、進む速度が合っているって意味なんですね。だから、波形が違っても、波長が合っていると人間関係はスムーズにいきますね。

波長が合っている状態というのは、どちらかが相手のスピードに合わせてアクセクしなくて済む、気持ちが楽な状態でいられる関係ですね。

周波数というのは、1秒間で何回、波が繰り返すのかという数値ですね。

波長が短いと周波数は高くなり、波長が長いと周波数は低くなります。


さくら笑

そういえば、よく周波数の同じ人間同士はひきあって、周波数のズレている人は会わなくなるって聞くけど、これはどういうことなのかしら?


とぷすくん右

それはようするに、10人ぐらいでおしゃべりしながら歩いてるとするよね。でもだんだん歩幅が同じ人間同士は歩くスピードが似てるので固まっていき、先頭グループ、真ん中グループ、後方グループに分かれていくよね。で、時間が経てばたつほど、歩幅の違うグループとは距離ができてきて、姿が見えなくなってくるよね。それと同じだよ


さくら笑

あ~、そういうことなのね!



まとめ

ツインレイは魂が同じエネルギーからできていて、エネルギーの波形(波のカタチ)も同じであるため、身体をくっつけると不思議なぐらい一体感を感じます。

しかし、ひとつ勘違いしてほしくないのは、これは男女がくっつくときの気持ち良さとはちょっと違うってことです。

むしろ自分の手で自分を触っているときの気持ち良さにほぼ同じです。

なので、僕は普通の男女が肌を触れあうときの感覚と、ツインレイが肌を触れあうときの感覚は、まったく似て非なるものだと思っています。

これはね、カレーパンとピロシキぐらい違います!

カレーパンとピロシキって、見た目、同じように見えるじゃないですか。(僕はよくパン屋でまちがえて買ってしまう。。。)

でも、カレーパンとピロシキって食べたら全然味が違うでしょ。あれと同じ。

とはいえ、カレーパンもおいしいし、ピロシキもおいしい。

僕はどっちも好きだし、どっちも味わい深いものがあると思っているわけです。

僕はカレーパンとピロシキのように、ツインレイの気持ちよさと、普通の男女の気持ちよさを、完全にわけて考えています。なので、どっちが良いとかないんですね。どっちも気持ちいいし楽しいですよね^^

ツインレイは波形が合うことで、無やゼロの状態を感じるような気持ち良さが味わえます。

普通の男女は波長が合うことで一緒に過ごす時間に気持ちよさや心地良さを感じられますね。

人生にはあらゆる楽しみが広がっていますからね。いろんな種類やいろんな波形を味わって人生の彩りを豊かにしていきたいですね^^

【無料メルマガ】


無料メルマガ
読者1000人。ネットに書けないお話はメルマガで!
質問箱もメルマガで受付中!

【個別お茶会】


個別お茶会
<対面・電話・スカイプ>
東京対面:ご希望日で調整
福岡対面:7/6(金)、7/9(月)

【とぷすくんセミナー】


親子関係・インナーチャイルドの癒し講座
東京:6月10日(日)
※受付中


【女性限定】性のブロック大解放セミナー
福岡:7月7日(土)※残3席
※受付中(早割あり)
※7/8セミナーとの2日連続参加セット特別価格《福岡限定》もご用意

ツインソウル・セミナー2018『恋愛を引き寄せる秘密の法則』
福岡:7月8日(日)
東京・名古屋・大阪・仙台:(準備中)
※受付中(早割あり)
※7/7セミナーとの2日連続参加セット特別価格《福岡限定》もご用意

【広告】