全ての人間関係の鍵。「ほしい」と「あげる」

eee 僕たちがこの3次元世界の地球で生きていくうえで避けて通れないもののひとつに人間関係の悩みがありますね。

家族・友人・知人・恋人・上司・同僚、そのときその瞬間の一期一会な人々。。。すべての人とのあいだで様々な人間関係があるわけです。そしてこれは、無人島に置き去りにでもされない限り、必ずみんなの毎日に関係してくることになりますね。

そして上手くいかない人間関係の悩みは、とっても苦しいし、ストレスをいっぱい抱えてしまうことにもなりますね。(お金のトラブルはまた少し別のお話だけどね)

今回はそんな人間関係を生み出しているエネルギーについてのお話をしたいと思います。

ちなみに今からお話する内容は、僕がある日突然思いついた「とぷす君オリジナル人間関係分析メソッド」なので、どこかの大学で研究されたものでも、誰かの本に書かれていたものでもありません。なので、何の根拠もありません。(ま、僕のブログではいつものことですが。。。)

でもね、僕のお話を聞いていただけると、なんか腑に落ちたって思ってくれる人が何人かいるのではないかなって思います。

実はね、全ての人間関係の鍵はね、とってもシンプルなんです。そしてこれは心のブロックを手放すうえでも重要なキーになってくるものだと思います。

基本編

僕たちは他人(自分以外の人間)と接するとき、次のような感情を抱きますね。

・自分のことを知ってほしい
・自分の考えをわかってほしい
・自分の人間性を認めてほしい
・自分を愛してほしい


これは物心ついた子供が一番初めに母親に感じる感情でもありますね。そして大人になってもやはり出会う人すべてにこれらのことを求めているんですね。(大小の違いはありますけどね)

上手くいかない人間関係

さて、人間関係でつまずくときってどんなときでしょうか?

それはこんなときかもしれませんね。

あげないパターン1

「自分の考えをわかってほしい」と話しだしたのに、相手がそれを受け入れてくれなかったときは、やっぱりがっかりしてしまいますよね。

大小の差はあってもね、基本的に人間関係がうまくいかないときって、やっぱり相手に理解してもらえないって気持ちが生まれたときだと思うんですね。

そしてこのがっかりしょんぼりがたまっていくと、気分が沈み、ストレスが溜まり、どうにかして自分の心のなかにそれに対する理由(言い訳)を作ろうとしてどんどん心のブロックが大きくなっていってしまうんですね。

上手くいく人間関係

では上手くいく人間関係の場合、どのような言葉のキャッチボールがされるでしょう?

こんな感じだと上手くいきそうですね。

あげるパターン1

この場合、相手は話の内容を受け入れてくれたので、共感が生まれたんですね。

実はね、私たち人間はお互いの心に共感を感じるとき、「ワンネス(宇宙でみんながひとつだったこと)」を思い出すんです。共感が生まれた瞬間、深層意識では心は繋がっているんです。そして反対にね、共感してもらえないと「分離」を感じてしまうんですね。

人間関係の感情の流れを知る

さて、ここからが重要ですよ。

今、上手くいかない人間関係のパターンと上手くいく人間関係のパターンを見てもらいましたね。では、このときのお互いの心の動き、つまり感情はどうなっているのかを見ていきましょう。

まずは上手くいかない人間関係のパターンの場合。

(点線の吹き出しは心の気持ち)
あげないパターン2

このパターンの場合、「わかってほしい」→「わかってあげない」→「わかってもらえない」という感情のキャッチボールがやりとりされているわけですね。

で、ここで注目してほしいのは赤字で書いている部分です。(気づきました?)
ではさきほどの感情のキャッチボールを、赤字の部分だけにしてみますね。

ほしい」→「あげない」→「もらえない

ね、日本語ってめちゃくちゃよくできているでしょ? あ、これね、言いまわしを変えても同じなんですよ。

「わかってちょうだい」→「わかってやるか」→「わかってくれない

つまり

ちょうだい」→「やるか」→「くれない

と、同じやりとりになりますね。

僕が何が言いたいか分かってもらえますよね^^
つまり「ほしい(要求)」→「あげない(断る)」→「もらえない(要求の失敗)」ってことですね。

では、次は上手くいく人間関係のパターンです。

あげruないパターン2

今度はもういきなり赤字部分だけにしますよ。

ほしい」→「あげる」→「もらえた

これ、もう、説明する必要もないですよね。

私たちはね、こんな風に普段の会話のなかで、目に見えないエネルギーを”あげたり””もらったり”しているんです。

「ほしい」=「求める」
「あげる」=「与える」

この「求める」と「与える」のやりとりが人間関係を作っているってことになりますね^^

応用編

さぁ、ここからは先ほどの「ほしい」と「あげる」をどんどん応用していきますよ~。心のブロックを手放すためのヒントにもなるかもしれませんね~。

あなたは求める人? 与える人?

あなたはいつもどんな感情を抱いているでしょう?

もしかしてこんな感情をいだいていませんか?

・あの人に自分をわかってほしい
・あの人に自分を認めてもらいたい
・あの人は自分を信じてくれない
・自分はあの人に愛してもらえない


これってね、つまりこう言ってますよね。
ほしい、もらいたい、くれない、もらえない

この感情は求めてばかりいるってことですね。

では次のような感情をたくさん抱いて生きている人はどうでしょう?

・相手をわかってあげよう
・相手を認めてあげよう
・相手を信じてあげよう
・相手を愛してあげよう


ハイ。もうこんな人がいたら、めちゃくちゃ人気者になってしまうでしょうね^^
あげよう。あげよう。あげよう。あげよう

つまり、与えて、与えて、与え続けようとしているわけです。
これがGIVE(与える)、GIVE(与える)、GIVE(与える)の精神です。

「与える」ってね、物質やお金じゃないんです。

わかってあげる。認めてあげる。信じてあげる。愛してあげる。ってことなんです。これが「与える」なんですね。

だからね、お金がなくても、知識や経験や資格や技術がなくても、誰でもいつでも、今すぐにでも、できるんですよ^^ 目に見えないエネルギーのプレゼントなんです。

最高の贈り物なんです。

人間関係の鍵のまとめ

人間関係の鍵ってね、この「あげる」なんだと思います。

もしも人間関係がうまくいかないなぁって思っているときはね、自分の心のつぶやきをよーーく聞いてみてください。「・・・ほしい」や「・・・くれない」ってつぶやいていませんか?

物質やお金だったらわかりやすいんですよね。目に見えるから。

例えばいきなり相手に「その君の腕時計がほしい」「お金をくれない」っていったら、「あげないよ!何言ってるの!」って断られるのはわかりやすいですよね。

でも、目に見えない感情というエネルギーで、「・・・ほしい」や「・・・くれない」を相手に送って、相手に断られると、「どうして、くれないの?」と意味がわからなくなってしまうんですね。目に見えないからなかなか厄介です。

そして、反対に「あげる」というエネルギーを持って人と接していくと、とっても人間関係は上手くいきますね。

でもね、ちょっとだけ理解してほしいんだけど、「あげる」ってことはあなたから、エネルギーが出ていくことになりますね。だから、あなた自身が人へプレゼントできるだけのエネルギーに満たされていないといけないんです。(ここもまたややこしいところだけど。。。)

これも物やお金にするとわかりやすいですね。例えばね、今日の食費も困っているような人から、お金をもらっても嬉しくありませんよね。
「いやいや、そんなのいりませんから、あなたが食べるもの買ってくださいよ」って断りますよね。

だからまずはあなた自身がエネルギーに満ちていくことを考えましょうってことになるんです。そしてそれができたところで、他人へ「わかってあげる」「認めてあげる」「信じてあげる」「愛してあげる」を与えていけるようになると、あなたの世界がどんどん変化していくと思うんです。

え? なに? どうやって自分を満たせばいいのかって?

ああ、それもね、結局は同じことなんです。自分で自分へあげればいいんです。

・自分を信じてあげる
・自分を許してあげる
・自分を認めてあげる
・自分を愛してあげる


ま、こんな感じで、なんでもいいので、自分へあげてください。そうすると自然と自分が満たされてくると思いますよ^^

ニセモノの「あげる」にご注意!!!

さて、ここまで「あげる」についてお話してきたのですが、ここでビックリなお知らせがあります。

それはですね。なんとニセモノの「あげる」があるんです!

これね、かなり見分けにくいので、できるだけみんながわかるように絵にしました。

まずこれがね、”ニセモノの「あげる」”の絵です。

uekar

矢印の向きに注目してくださいね。上から下へ向かっていますね。

で、”本物の「あげる」”は、次のよう絵になります。

ager

違いがわかりますか?

ニセモノは上から下にいる相手へ投げ与えていますね。
本物は相手を持ち上げています。

ではここで、もう一度、日本語に注目してくださいね。

「あげる」ですよね。

「上げる」ですよね。

僕はこのブログで何度も言っているのですが、日本語はとってもスピリチュアルなんです。日本語はスピリチュアル大辞典なんです。だから、日本語をよーーく観察していくといろいろなことがわかるようになっているんですね^^

ということで、本物の「あげる」は相手を持ち上げるんですね。エネルギー的にいうと相手の波動や気持ちを高くします。それが本物の「あげる」です。

反対に、上から下に向かうエネルギーは相手を下へ押さえつけてしまいますね。これではまったく相手の波動や気持ちは高くなりません。

しか~しです。今の社会はね、この”ニセモノの「あげる」”が蔓延しているんです。政治・医療・教育などの公共の場から、よくわからない講師・占い師・カウンセラーなど、やたらめったら上から目線な人たちって多くないですかねぇ? で、そういう人たちに上から何かを与えられたときって、あんまり感謝したいなぁって思わなかったりしますよね(まぁ、僕も一応、講師&カウンセラーなんで大きな声では言えませんが。。)

与えているのに感謝されないのは、やはり上から投げてくるからですよね。

たとえ目には見えないエネルギーだとしても、上から投げてこられたら、頭を低くして、身を縮めますよね。ってことはね、全然上げてもらっていない。むしろ下がってしまっている。。。だから自然な感謝はちょっと生まれにくいですよね。つまりこれがね、ニセモノの「あげる」なんですね。

あ、次のようなものも同じくニセモノの「あげる」なので気をつけてくださいね。これは案外みなさんも普段の生活でやってしまいがちなニセモノの「あげる」だと思いますよ。

・仕方がないのでやってあげる(上から投げています)
・いつも掃除してあげているんだから感謝してほしい
(これはもう「ほしい」になってしまっています。。。)

さぁ、これで本物とニセモノの区別は少しわかる気がしてきたでしょか?

まぁ、これ、かなりややこしいところなので、このトリックがわからないまま、すっかり与えている気分な人たちが社会にはいっぱいいますよね。なので、今後の社会を考えていくうえでも大切なポイントになっていくのかもしれないなぁって思っています。

みんなはちゃんと相手を持ち上げる本物の「あげる」を心掛けてくださいね^^

あ、でもまずは自分へあげて、自分を上げてくださいね。

自分を信じてあげる。自分を許してあげる。自分を認めてあげる。自分を愛してあげる。まずはここからですね^^
photo by James_C

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング
東京・名古屋・京都:受付中

smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

今後の開催予定イベント

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
6月~8月(福岡・東京・名古屋・仙台・大阪)
※詳細&お申込みは準備中です

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ