落ち込んで沈んだとき、低い波動を持ち上げ元気と勇気を出す方法

5377355106_bfa898e28a これは僕が2012年頃に、どん底な状態で身体に力さえ入らず、どうしようもなくなり、毎日ソファにうな垂れて何もやる気がおこらなかったときに実際に実践していたことです。

僕はそんな風に深く心が沈んでいるときでも、心の奥では、どうにかして自分のこの低い波動を少しでも持ち直したいという想いがありました。

スピリチュアル的には人間は波動ですね。しかし気持ちが沈んでいるとき、その波動はとても低い状態にあってけして良い状態とはいえません。反対にどんなことにもワクワクし、気分が良く、不思議と勇気が湧いてくるときはとっても波動が高く良い状態だと言えます。

しかし人間、恋や人間関係その他もろもろの悩みが原因でうまくいかないとき、どうしようもなく気分は沈み、何にも興味をもつことができず、身体のなかからまったく力が湧いてこないって状態になることがあります。

そして頭で何か考えようとしても、やはりそのうまくいかない悩みについてばかり考えてしまい、頭がいっぱいになります。確かにそのうまくいかない原因についてじっくりと時間をかけて考えるのは良いことなのですが、波動が低い状態、つまり気分の沈んだままでは良い考えは浮かびませんね。そういうときはどうしてもネガティブな思考が働いてしまうものです。

特にソファにうな垂れているときの思考はロクなものではありません。たいがいは「はぁ~ぁ、どうせ・・・」なんてため息交じりの思考しか働かないものです。

これと逆に快活に堂々と胸を張って歩いているときの思考は、自然とポジティブなものになりますね。「お、そうだ。あれをやろう! これもやってみよう!」と、どんどんワクワクすることが思いついたりします。しかしだからといって落ち込んで沈んみこんでいる人に、いきなり快活に胸を張って歩けと言われても無理ですね。

なのでそこは無理をしなくていいと思います。

そこで、僕は今回、ソファにうな垂れたままでも、波動をぐっと持ち上げることができる魔法の方法を、みなさんにお教えしようと思います。

え? なに? そんな魔法があるの~? とぷす君、なんでそんなすごい魔法を知っているの~???

ってびっくりしている人もいるかもしれませんが、いやいや誰でも知っている普通のことです。

超~簡単、誰でもできるし、しかもソファやベッドにうな垂れたままでもOKな方法です。だから超落ち込んでいるときには、これはとてもおすすめな魔法だと思っています。今、気分が沈んでいる人にはぜひ試してほしいですね。

わずか数時間で簡単に波動をあげる魔法の方法

さぁ、さっきから僕、魔法、魔法って、大それたこと言ってるので、このあとその魔法の方法をお教えすると「なんじゃそりゃ!」て、みんなズッコケるかもしれません(笑)

まぁ、でもこれはね、本当に効果のあるものだと思うし、ソファやベッドにうな垂れている身体に、この方法でホンの少しでもエネルギーの灯がともればいいなって思うので紹介させてくださいね。

『わずか数時間で簡単に波動をあげる魔法の方法』は、2つあります。

どちらもあるものを使います。それは芸術です。

時間を使った芸術です。

ハイ。そうです。簡単に言ってしまえば「映画」と「音楽」です。

(あ、ここです。みんなが「なんじゃそりゃ!」て、ズッコケるところですよ^^)

DVDやCDを使えばね、どちらもソファにうな垂れたままでも大丈夫ですよね。どんなに落ち込んで沈み込んでいても、力がでなくても、これぐらいならきっとできるでしょう。

でもね、できれば僕は「映画」のほうをおすすめします。なぜなら、映画は「音楽」と「映像」と「ストーリー」の3つで、あなたの沈んだ心をぐんぐん持ち上げてくれるからです。

映画の場合

問題は何を選ぶかですね。ここがポイントなんですが、かならず最後に元気がでる映画を選んでくださいね。深刻で暗い終わり方の映画はダメですよ。僕がおすすめするのはね、前に一度見てすごく元気になった映画です。それをもう一度見なおすのが良いと思います。大好きで何度も見ている映画でもいいと思います。とにかく最後に元気になる映画です。

なぜ前に一度見てる映画が良いのかというとね、ストーリーもラストも知っているからです。人間は未来がわからないから不安を感じますね。その不安というのは元気なときにはスリルになって楽しめることができます。でも心が弱っているときはたとえ映画でも不安を感じないほうが良いと僕は思うんです。

もちろん映画がつくりだすハラハラドキドキの演出はあっても良いと思います。前に一度見ているのだからそのハラハラドキドキを主人公たちが無事に乗り越えることもこちらは知っているので安心ですね。

さて、ではどうして映画を見ると、落ち込んで沈んだ心が持ち上がり、気分が変わり、波動が上がるのか、少しだけ解説してみますね。(まぁ、当たり前のことしか言わないのですが・・・)

映画を見るとね、わたしたちは無意識に主人公に感情移入します。だから主人公が快活に歩いていると自分も快活に歩いている気分になり、主人公が落ち込んでいると自分も落ち込んでいるような気分になります。

自分はソファに寝転がっているだけなんだけど、感情は映画の中の主人公と同じ気分を味わえるわけです。

そしてハッピーエンドの映画のストーリーはたいてい物語の途中で主人公が挫折したり苦難におちいり、気分が沈みこむ場面があります。ここで今ソファにうな垂れている自分と映画のなかの主人公の気持ちがシンクロ(同調)します。これが大事です!

その後、映画のなかの主人公はハッピーエンドに向かってどんどん波動を高めていきます。このときソファにうな垂れているあなたの波動もつられて上がっていくんです。なぜなら感情移入しているから。みなさん映画を見て高揚した経験がありますよね。映画にはそういう力があるんです。

そして映画がハッピーエンドで終わったときにはあなたの波動は少し元気になっていると思います。もしかするとこんなワクワクが生まれているかもしれません。「もっといろいろ見たかった映画があったんだ。他の映画も見てよう!」ってね。立派なワクワクですね^^

そしてレンタルビデオ屋へ行き、次の映画を探しているうちに不思議なシンクロニシティが起り、どんどん何かの気づきが起っていくなんてこともよくあります。なぜなら、あなたがレンタルビデオ屋に来たのは、自分のワクワクにしたがったからです。自分のワクワクにしたがうことは自分のソースエネルギーと繋がることです。だからそのご褒美としてシンクロニシティが起るのです。(これ、スピリチュアルの基本ね)

ということで、ひどく落ち込んでいるときには、まずは自分の好きな元気のでる映画をもう一度見直してみるというのは試してみる価値があると思います。所要時間わずか2時間ほどです。楽チンです。なのでおすすめします。

音楽の場合

実は音楽は少し難しいです。なぜなら曲の時間が短いからです。映画は1時間30分~2時間ぐらいかけて人を感情移入させ気分をあげていきますね。でも最近の音楽は5分~10分程度で終わってしまうものがほとんどです。

本当はね、映画と同じように、一度ズドンと沈んだ気分から少しずつ少しずつ元気な気分になっていく曲がいいと思うんです。だけど短い曲だと、どうしても元気な曲は最初から終わりまで元気いっぱいだし、少し悲しい曲は最初から終わりまで悲しい雰囲気ですよね。

これでは元気な曲を聞いても自分の沈んだ気分の波動とのギャップを感じてしまいます。反対に少し悲しい曲は同調できてシンクロできるのである意味落ち着くのだけど、なかなか元気なところまでひっぱりあげていってはくれないですね。かえって沈んだ気分に浸ってしまうこともあるかもしれません。

なので僕は正直なところ音楽よりも映画をおすすめします。

だけど顔をあげることも、目すらあけていることも嫌なぐらいに落ち込んでいるときには映画は見れませんね。

僕はそういったときには音楽を使いました。だけどさっきも言ったように長い時間をかけて沈んだ雰囲気から元気を出していくメロディの曲でなくては意味がありません。だからそういう曲を選んで聴いてきました。主にクラシックです。なかでも特に僕がいつも聴いていた曲はこれです。

チャイコフスキー「交響曲第5番」

この曲は第1楽章~第4楽章まであるので全部聞くのに50分かかります。はじまりの音はめちゃくちゃ暗いです。もう超どん底って感じです。ここから少しずつ少しずつ元気になっていき、最後にはものすごく力強くこぶしを天につきあげたくなるような昂揚感をもたせてくれます。

僕はこの曲が好きで、よく聴くのですがそれは最後の昂揚感が大好きだからです。ぐーーーと暗い雰囲気から最後の最後でとっても力強く勇気をくれる曲だと思っています。

あ、ただ注意としては、音楽の場合はBGMとしてぼんやり聴いていてもあんまり効果がないかもしれないです。僕の場合はもともとクラシック音楽が好きなので集中して聴いています。あ、あとクラシックは大音量で聞かないとあまり良くないかも。。。

ま、でも、やっぱり音楽よりも、映画のほうがおすすめですね。

まとめ

今回は、落ち込んで沈んだとき、低い波動を持ち上げ元気と勇気を出す方法として、映画と音楽を使う方法を紹介しました。

でもこれはもしかするともともと映画と音楽が大好きな僕だからこそ効果が大きいものなのかもしれません。なのでみなさんも落ち込んだときには自分の大好きなものを思い出し、それをうまく活用してあげることを考えてみるのが良いかもしれませんね。ぐっと波動を持ち上げてくれるかもしれませんよ^^

あ、さきほど紹介した『チャイコフスキー「交響曲第5番」』がどんな曲か聴いてみたい方は僕がやっているクラシックのサイトで、最後の第4楽章だけ聴けるので良かったら覗いてみてください。
photo by .bravelittlebird

とぷす君メニュー

smiとぷす君セミナー

「ツインソウルと性エネルギーの秘密のお話」
東京:11月26日(日)満席※追加1名様受付中

「3つの癒し講座(前世・インナーチャイルド・親子関係)」
東京:12月17日(日)

kbカウンセリング(お茶会)

個別お茶会(個人相談)
東京:受付中(60分~)

みんなdeお茶会(少人数制)
次回開催未定

枠表とぷす君DVD

『わかる!納得!心の世界とスピリチュアル』
地方在住の方にもおすすめですよ~!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1100部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

【スポンサーリンク】

とぷす君DVD

とぷす君セミナー

とぷす君セミナー

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ