「霊能力が高い」とは?(自分のスピリチュアル能力タイプを把握する)

5344275340_721f6451cb 2014年の6月のオフ会に向けて参加希望者の方にはアンケートをお願いしているのですが、そのうちのひとつに「ほんの少しでもスピリチュアルな能力を持っていると思いますか?」という質問があります。

あくまで自己申告なのですがこの質問に対して42%の方が「持っている」と回答されています。もちろん「なんとなくそう思うモノがある」というレベルから「100%ありますよ」ってものまでレベル差はあるかもしれません。しかし実際、このように半数近い方が「持っている」と回答されているのはなかなかすごいなぁって思います。(僕のブログのオフ会がスピリチュアル系だからなんだけどね)

さて、では今回の記事ではこのスピリチュアルな能力に関するお話をひとつしてみたいと思います。

霊能力が高いのに・・・

さてみなさんは霊視ができる方に鑑定なり占いなりをしてもらったことがあるでしょうか?

僕は何度かあります。例えば、東京ビッグサイトで毎年行われている癒しフェアなどのイベントでは普段は電話占いで霊視をされている鑑定士さんなんかがたくさん参加されていて、そのなかで気になった方に何人か見てもらったことなんかがあります。また僕がツインソウル鑑定をお願いした方に電話で受話器越しに様々な霊視鑑定をしていただいたこともあります。

ではみなさんはこのような霊視鑑定で次のようなことを言われた経験はあるでしょうか?

「あなたはものすごく霊能力が高いですね!!」

ハイ。これ。僕は言われたことがありません。(まぁ、魂が純粋だって言われたことはありますが・・・)

しかし僕はないのですが、僕の奥さんやツインソウルの相手はいつも「わぁ、ものすごく霊能力が高い人ですね!」って言われます。(以前の記事にも書いてたと思います)

ではこの「霊能力が高い」って何でしょう???

ツインソウルの相手とはこのことついて話したことはないのでよくわかりませんが、僕の奥さんはこのことに関して最近こんなことを言っていました。

「いつも霊能力が高いって言われるし、スピリチュアルにも興味あるし、スピリチュアル本もたくさん読んでるのに、いつまでたっても何にも見えないし聞こえないし感じないし。。。自分はアセンションからどんどん取り残されているのかなぁ。。」

以前、僕は奥さんにヒプノセラピーを受けてもらったことがあります。ヒプノセラピーとは退行催眠のことで、催眠誘導により、自分でも忘れてしまっている幼少期の記憶や前世の記憶を思い出すことを目的としたセラピーですね。

しかし僕の奥さんはヒプノセラピーで催眠誘導にまったくかかりませんでした。なので何も見えないまま終了したそうです。へぇ、そーゆー人もいるんだなって僕は思いました。

僕はいつもこのブログにスピリチュアルなことを書いていますが、けして知識だけで書いてるわけではなく自分のスピリチュアルな体験やスピリチュアルな感覚を交えて書いているのですが、一度も霊視鑑定で「霊能力が高い」なんて言われたことがありません。なので僕の霊能力はかなり普通のレベルなのだと思います。

ではなぜ、「霊能力が普通」の僕がこのスピリチュアルブログを書き多くの方から共感のメッセージをもらい、「霊能力が高い」と言われている僕の奥さんは「見えないし、聞こえないし、何も感じない、しょんぼり。。。」となっているのでしょうか?

なんだか矛盾しているように感じますね。

しかしこのことについて、僕はこのあいだ奥さんにあることを説明しました。すると僕の奥さんは「なるほど」と納得し、それからすっかり「しょんぼり」することはなくなりました。

ここから先は僕がそのとき奥さんに説明したことをお話しますね。僕の奥さんはある勘違いをしていたので僕はそれを教えてあげたわけです。

オリンピック選手で考えてみる

何かのイベントでオリンピックの金メダリストがズラリと並んだとしましょう。金メダリストなので、もちろんみなさん運動能力が高い人ばかりですね。

でもはたしてそこにいる金メダリストの人たちは全員が足が速いでしょうか? 球技が得意でしょうか? 泳ぎが得意でしょうか? スケートでスイスイ滑れるでしょうか?

そんなことはありませんね。「運動能力が高い」からといって、全員が足が速いわけとは限りませんよね。

オリンピックの金メダリストといっても、重量挙げは世界一でも走るのは苦手な人もいれば、柔道だと誰にも負けないけれど球技となるとてんでダメな人もいます。氷の上では妖精のように舞えるのに泳げない人だっていると思います。

つまり「運動能力が高い」というのは、あなたの素質に合ったスポーツをすると活躍できますよってことだと思うんです。同じ陸上の走る競技でも、短距離に向いている人もいれば、長距離に向いている人もいますね。

だとすると「霊能力が高い」という表現もこれと同じことが言えるのではないでしょうか?

スピリチュアル能力タイプを把握する

ではさきほどのスポーツと同じようにスピリチュアルな能力についても、どのような種類があるのか考えてみましょう。

視覚タイプ・聴覚タイプ

まず、一番わかりやすいのは見えない世界が見える人ですね。『視覚タイプ』とでも呼びましょうか。次にわかりやすいのは見えない世界の声やそこにいない人の声が聞こえる『聴覚タイプ』ですね。この二つのタイプは同時に持ち合わせていることが多い気がしますね。

さてこの『視覚タイプ』にはさらに細かな分類があったりしますね。これはちょうど同じ陸上競技でも短距離走や障害走、走り幅跳びなどがあるのと似ています。

単に見えるといっても、4次元や5次元の世界が見る人、オーラが見える人、過去や未来が見える人、遠く離れたものが見える人とそれぞれですね。4次元や5次元の世界は見えないけれど、3次元の物理的なものを透視する能力はあるという方もいますね。またカメラなどの道具をつかうことで透視する方もいます。かなりバリエーション豊かだと思います。

自動書記タイプ

さて次に案外多いのが視覚や聴覚ではないけれど、自動書記のように勝手に身体や手が動くタイプの人ですね。古い時代の日本では「お筆書き」などと呼ばれカリスマ教祖となった人もいます。

感じるタイプ

僕もこれは少しだけあるのですが、目に見えないエネルギーを身体の感覚として感じることができるというものですね。

憑依タイプ

僕が完全チャネリングと勝手に呼んでいるものなのですが、高次元の存在に完全に肉体を貸して高次元存在そのものが口を動かして話すタイプのチャネリングですね。これはね、日本語にするとどうもおどろおどろしくなってしまうのですが『憑依タイプ』あるいは『いたこタイプ』といった感じですね。海外では宇宙存在バシャールをチャネリングするダリル・アンカさんやエイブラハムをチャネリングするヒックス夫妻などが有名ですね。

アーティストタイプ

さて次は以前の記事『高次元と繋がる。「チャネラータイプ」と「アーティストタイプ」』でも説明しました『アーティストタイプ』です。アーティストというのは自分ではほとんど気がついていないのですが、高次元と繋がったときに良い作品を生むものだったりします。作品のなかに自分の魂のふるさとの星の名前を知らず知らずのうちに登場させている人もいたりするのかもしれませんね^^

今や世界の大ヒット曲となっている「昴(すばる)」を作詞作曲した谷村新司さんはこの曲を自分でもよくわからないままに何かをしている途中に急に思いついてホンの数分で作ったそうです。「昴(すばる)」とはおうし座の一部をなしているプレアデス星団の日本語名ですね。つまりこれ完全にプレアデス星人からのチャネリングメッセージによって作られた曲だと考えてよいと思います。正直、この曲の現在の世界でも大ヒットぶりには圧倒的なスピリチュアルパワーを感じずにはいられませんね。2010年の上海万博の開幕式でも日本語のまま歌わたんですね。すごいことですね。(一応、YouTubeへのリンク貼っておきます。>>「昴」

ヒーラータイプ

最近よく耳にするのがヒーラーと呼ばれる能力を持った人たちですね。これには京都の鞍馬山(くらまやま)で臼井甕男(うすい みかお)さんが発見したヒーリング手法のひとつレイキの存在が大きいのかもしれませんね。

またアセンションの影響からか近年は宇宙や高次元から様々なヒーリング手法が次々ともたらされています。これによってこれまで完治不能とされてきた難病なども治癒していたりするそうです。ヒーリング手法として有名なものにはシータ・ヒーリングやリコネクティブ・ヒーリングなどがありますが、その他にもたくさんのヒーリングエネルギーがあるようです。また聖書でもイエス・キリストが手かざしによるヒーリングで病気を治癒していたことが書かれていますね。

さぁ、もうだいたいのタイプが出そろったでしょうか?

あ、いけません。大事なヤツを忘れていました。一番強力なヤツをね。でもこれねけっこう忘れがちなんですね。ちょっと他のと毛色が違うので。

それはね、『念力タイプ』です。

念力タイプ

念力というのは以前まではどちらかというと超能力の代表的なものでありましたね。一世風靡したスプーン曲げとかね。でも超能力も霊能力もまったく同じものですね。

さて、念力でスプーン曲げたってショービジネス以外でいったい何の役にたつのかとお考えの方も多いと思います。僕もそう思います。正直、他に役にたたないでしょう。スプーンだって曲がってしまったら使い物にならないですしね。もったいないだけです。たとえばスプーンを空中に浮かせることができたりしたら、いろいろ便利そうですけどね。

しかしですよ。実はこの念力ってやつが侮れないのです。他の多くのスピリチュアル能力が高次元との繋がりを重視したものだってのはなんとなくわかるかと思います。でもこの念力ってやつはいきなり3次元世界をガツンとねじ曲げてしまう力があるわけです。はっきりと目に見える3次元世界の物質そのものにダイレクトに力を及ぼすことができるものなんです。なのでもしかすると念力タイプが一番パワフルな能力なのかもしれません。

スプーン曲げだけならかわいいものですが、強力な念力というのは嵐や津波さえも起こせると聞きます。強力な念力の持ち主が「こうしたいな」と心から願うとそれが目に見える現実の生活の中でカタチになってしまうこともあるということなのです。

スピリチュアルな法則に「引き寄せの法則」というものがありますね。これは強く思ったことや願ったことが現実になるというものです。念力タイプというのはこの「引き寄せの法則」を現実化させる能力を高く持ち合わせていると考えるとわかりやすいのかもしれません。

なぜなら普通の人では到底動かせない3次元の物質そのものを動かしたりねじ曲げたりすることができてしまうのですから。スポーン曲げでも「曲がれ~曲がれ~」って強く念じているでしょ? つまり念力とは強く念じたことがこの3次元世界で現実化してしまう能力ともいえるのだと思います。

しかしですよ。「引き寄せの法則」をよーくご存じの方なら知っていると思いますが「引き寄せの法則」は強く感情を伴わないとなかなか発動しませんね。また「引き寄せの法則」はネガティブな考えを持っているとネガティブな報告に世界が動いてしまいます。なのでこの念力タイプの人がネガティブな感情を抱くとけっこう大変なことになります。

例えば、念力タイプの人が「どうしてもあの人が嫌いで許せない。自分の前から消えてほしい」と強い想いを抱くと、それが念力として働いてしまい、本当に突然その嫌いな人が何かの都合で目の前から姿を消すことになったりするそうです。最悪の場合はその嫌いな人が事故や怪我をする場合もあるそうです。念力タイプというのは前世などで陰陽師などの呪術系の修行をした人が多いのかもしれませんね。なので今世では呪術の知識などなくても魂の記憶として発動させてしまうのかもしれません。

しかし僕が思うにですね、念力タイプは基本的にポジティブ思考な人が多い気がします。なぜなら望んだことがそのままどんどん現実に起っていく可能性が高いので「自分はツキがあるなぁ。ラッキーだなぁ」って感じるからです。苦労はせずともラッキーだけで人生を謳歌していけちゃう可能性が高いんですね。なのでネガティブな性格になることはあまりないのかなと思います。

とまぁ、念力タイプというのはなかなか強力なスピリチュアル能力なのですが、このタイプの人はその能力が3次元内(目に見える世界のなか)で完結してしまうので、それが自分のスピリチュアルな能力だと気づいていない人が多いのではないかなと僕はひそかに思っています。

自分のスピリチュアル能力タイプを把握するとうまくいく?

さあ、思いつくままにスピリチュアル能力のタイプをあげてみました。もしかすると他にももっとあるかもしれませんね。

さて、冒頭のお話に戻りましょう。僕の奥さんがなぜ霊能力が高いにも関わらず、「見えないし、聞こえないし、感じない」のかってお話ですね。

それは僕の奥さんのスピリチュアルタイプが『念力タイプ』だからです。

念力タイプは高次元とのやりとりをするタイプではないのですから「見えないし、聞こえないし、感じない」のは当たり前ですね。しかし直接3次元世界を動かす能力に長けているタイプだってことです。

僕の奥さんはね、いつもポケーとのんきにしているので、あまり強烈な念力を発することはないのですが、こんなエピソードがあったそうです。あるお店で一点モノのグッズを見かけて「わぁ。これほしい。でも今お金ない。。。」って思ていたら、数日後にそんな事情はまったく知らないはずの会社の人がいきなりプレゼントをくれて、開けるとそのほしがっていた一点モノのグッズだったんだそうです。ものすごい引き寄せですよね。

でもこういうの僕の奥さん頻繁にあります。お金なくても、見たいミュージカルのチケットとかタダでもらったりとか。。。冒頭でお話した「癒しフェア」というスピリチュアル系のイベントも、そんなイベントがあることすら知らなかったのに、僕の奥さんがたまたま知り合った人から無料入場券をもらったのをきっかけに行くことになりました。

また職場の環境で嫌なことがあったりして、嫌だなぁって思っていると、すぐに配属が変わったりもするそうです。

ちなみに僕の奥さんはそんな風にラッキーな念力能力を知らず知らずに発揮して生きてきたので、ほとんど怒ることがありません。でも子供の頃、一度ものすごく怒ったことがあるらしく、そのときは手鏡の鉄の部分が真っ二つに割れたそうです。お、おそろしい。。。。

さて、このようにスピリチュアルな能力にはそれぞれタイプがあるんだよ~って説明を僕は奥さんにしたわけです。すると奥さんは「な~んだ。だから見えないし、聞こえないんだ。でも自分は念力タイプだから、一番ラッキーなヤツだ。ヤッタぁ!」となんだかすっかりご機嫌になってしまいました。それからはまたノンキにスピリチュアル本を読んでいます。

さて、みなさんは今回のお話を聞いてどうだったでしょうか? きっとみなさんにもそれぞれの霊能力タイプがあると思います。しかしもし間違ったタイプのほうばかりに意識を向けているとせっかくの能力が発揮されないままになっているかもしれませんね。あ、もちろん複数のタイプを持ち合わせている場合も多いと思いますよ。

僕は自分がアーティストタイプだということを、多くの霊視鑑定で言われてきたので、今では完全にそれを受けいれています。するとね、なんだかとてもいろいろな物事がスムーズに進んでいるように感じるんです。僕はね、これはとても重要な鍵(キー)だと思っています。

さきほどオリンピックの金メダリストの話をしましたが、自分の能力にあった種目を理解しそこを伸ばしてあげないと金メダリストにはなれませんよね。なので自分の能力のタイプをしっかりと把握しそれを受け入れることが大切なんだと思うんです。

まとめ

今回お話したことはなにもスピリチュアルに限ったお話ではないと思います。人にはそれぞれ向き不向きがありますね。得意なことと不得意なことがあります。

僕はね、オールマイティを目指す必要はないと思うんです。みんなと違って当たり前なんですし、自分の得意なことに気づいてあげること、反対に不得意なことは不得意なこととして受け入れてしまうことが重要だと思います。

そしてそれはもしかすると人生を楽しくする一番の魔法なのかもしれません。
photo by clogsilk

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング


smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ