合掌(がっしょう)の力

401615575_c9fc84b78a どうも。とぷす君です。

えっと、たとえば女の子とはじめてご飯を食べに行ったとします。そんなときに、女の子がこんな仕草をすると、僕は「わぁ、この子かわいいなぁ。いい子だなぁ」って思わず胸がキュンとしちゃう仕草があります。。。

それはご飯を食べ始める前に、手を合わせて「いただきます」ってする仕草です。キャ~ン!カワイイ!

仕草って書くとちょっと違うかもしれませんが、まぁ、ようするに手を合わせて「いただきます」です。もちろん「ごちそうさま」もね。

手のひらのエネルギーを合わせる

前回記事『日本語ってスピリチュアル!(手のひらは正直者?)』で、手のひらから純粋なエネルギーが出ていることについて書きました。

ということはです。人と握手すると、お互いの純粋なエネルギーが直接触れ合って交流するってことですね。なので、握手には大きな効果があります。

よく選挙のときに政治家の候補者の人たちが握手をしまくっていますね。あれは握手をした人は投票してくれるからです。僕は以前、政治関係の本をよく読んでいましたが、新人候補者にこういうことが言われると書いてありました。「当選したかったら、演説なんかしてないで、とにかく一人でも多くの人と握手しなさい」と。

現在は大臣になっているような大物政治家の人でも、はじめて選挙に出たときにはこれがよくわかっていなくて、街頭でとにかく演説ばかりしていたそうです。でも演説なんてしても票が入らない。そして先輩議員に「演説よりも握手だ」と指導されて、実行したら、当選したのだそうです。

この選挙の話は手のひらのエネルギーを理解するうえで参考になるひとつの例だと思います。僕は手のひらのエネルギーについて知ったとき、一番初めに結びついたのがこの選挙の話でした。そして、握手には大きな力があるのだと感じました。

では、なぜ、握手をした人たちはその候補者に投票するのでしょう。それはやはり一瞬でもその候補者の正直なエネルギーと自分の正直なエネルギーが直接混ざり合い交流するからだと思います。ある意味、その時点で、握手をしたことがない候補者よりも、親近感を抱くようになるのだと思います。

これは選挙に限った話ではなく、わたしたちの日常でも同じですね。積極的に握手をする人というのは、いつもいろんな人とうまくコミュニケーションをしている人が多いです。僕も何年も前にバイト先を退職してさよならをするときに「じゃ、元気で!」と握手をしてくた人がいますが(男です)、その人の握手の印象が今でもずっと残っています。握手とはどうやらそういうものらしいのです。

こういうことを考えてみても、手のひらのエネルギーを合わせるというのは凄いパワーがある行為なのではないかなと思いますね。

合掌

さきほどまでは握手のお話でした。では、ここからは自分の左右の手のひらを合わせること・・・つまり合掌(がっしょう)について少し書いてみたいと思います。

合掌という漢字は文字通り「合わせる掌(てのひら)」ですね。

握手の場合は、他人なので異なるエネルギーが混ざり触れ合うわけですが、自分の左右の手のひらを合わせるとエネルギーはどうなるのでしょう???

え~と、すいません。僕にはわかりません。。ただすごい力があるんじゃないかなって想像はできますね。

もしかすると自分の左右の手のひらのエネルギーを合わせることで、見えない世界や、宇宙(あるいは自分自身のなかにあるインナースペース)とエネルギー交流できる仕草なのかもしれません。

仏教などにおいても合掌は基本的な所作であると思います。そしてこの合掌というのは、わたしたちがいつでもどこでも簡単に安心して使える魔法の術のひとつなのかもしれません。

「いただきます」と「ごちそうさま」

記事の冒頭でも書きました「いただきます」と「ごちそうさま」ですが、僕は最近まったく手を合わせて言ってませんね。特に会社にいるときや人前ではやらなくなりました。

子供のときはいつもやっていたように思うのですが、どうしてやらなくなってしまったのでしょう。西洋かぶれした今の日本で、手を合わせて「いただきます」っていうことに、なんだか気恥ずかしさがあるのかもしれませんね。

ちょっと自分のことは棚上げしちゃいますが、僕は手を合わせて「いただきます」って言う人を見ると、その瞬間ピョンって波動があがるのを感じます。もしかすると冒頭に書いた「かわいいなぁ」って思うのもこれがあるからなのかもしれませんね。

手を合わせて「いただきます」
手を合わせて「ごちそうさま」

これをやるだけで、波動がピョンっと跳ね上がる。いわばこれは、ホンの一瞬だけど、プチ瞑想と呼べるものなのかもしれません。いやはや、そうだとするとこの日本の習慣や風習をつくってきた人たちはますますスピリチュアルマスターなんだなぁって思いますね。

日常に忍んでいるからこそ価値がある

スピリチュアルなことってね、たとえば瞑想やヨガなど、興味があってトライしてみるんだけど、なかなか長続きさせるのが大変だったりしますね。この先ずっと死ぬまで一生続けなきゃって思うと気が遠くなって挫折してしまいます。

しかし、たぶん僕はこの先ずっと死ぬまで一生、ご飯を食べると思います。みんなもきっとそうだと思います。これに関しては挫折とか関係ないですね。

手を合わせて「いただきます」と「ごちそうさま」をするという行為は、特別頑張らなくても死ぬまで一生しかも毎日数回スピリチュアルなプチ瞑想ができちゃうようになっているってことですね。

またこの「いただきます」と「ごちそうさま」という言葉にも大きなパワーがある気がしますし、しかもこれ、短くてシンプルなところが合理的でうまくできているなって思います。

西洋の宗教文化などでも食事の前に祈りの言葉をささげる習慣があるのを映画などで見かけたりもしますが、ちょっと言葉が長そうですね。毎日の毎食のたびにきちんとできるようにするには短くて簡潔なもののほうが合理的です。しかもあんまり宗教チックじゃないほうが万人に受け入れられます。でも、日本語やその習慣はもうちゃんとそうなっているんです。というか当たり前になり過ぎちゃっていてみんな気づいていない。(このままだと忘れちゃうかもって思うぐらい。。)

ということで、僕は最近こんな風に思います。きっかけは何であれ、スピリチュアルなことに目覚めた日本人たちに課せられた使命があるとするならば、それは日本の日常に忍ばされているひとつひとつの素晴らしいスピリチュアルな要素に気づき、それらを忘れずに大切にしていくことなのかもしれないなぁって。
photo by mio-spr

とぷす君メニュー

smiとぷす君セミナー

「ツインソウルと性エネルギーの秘密のお話」
東京:11月26日(日)満席※追加1名様受付中

「3つの癒し講座(前世・インナーチャイルド・親子関係)」
東京:12月17日(日)

kbカウンセリング(お茶会)

個別お茶会(個人相談)
東京:受付中(60分~)

みんなdeお茶会(少人数制)
次回開催未定

枠表とぷす君DVD

『わかる!納得!心の世界とスピリチュアル』
地方在住の方にもおすすめですよ~!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1100部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

【スポンサーリンク】

とぷす君DVD

とぷす君セミナー

とぷす君セミナー

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ