霊感というわけではないのだけれど・・・。その1

8888 前々から言ってますとおり、僕には霊感がありません。

ツインソウルのねこちゃんに関してだけは、なんだかよくわからないことが、多々ありましたが・・・、一旦それは置いておくとして、ツインソウル関連をのぞくと、ほんとなんにもありません。

見えない世界は見えないし、聴こえないものは聴こえません。

さてさて、そんな僕ですが、僕には昔からある特異な傾向(?)があります。

特異体質なのか、なんなのか、よくわからないんだけど、あることで身体の具合が悪くなるんです。

それは、「病気に関するもの」を、見る、聞く、読む、ことで起ります。

たとえばテレビで病気に関する情報番組とかよくありますね。

ああいうの見れないんです。

身体が痛くなるんです。
自分は病気じゃないのに、他人の病気の話を聞くと、自分の身体が痛くなるんです。

うちの奥さんはそういう病気に関する情報番組とか好きみたいなんだけど、僕がいると「わー、痛い!痛い!消して、消して、消して!」って、わめきちらすので、そういうのは録画しておいて僕がいないときに見てもらうようにしています。
(最近はテレビ自体まったく見ることがなくなりましたが・・・)

とにかく病気の話を聞くとね、ホント気持ち悪くなるし、痛くなるんです。

テレビだと、映像があるので余計にって感じかもしれないけれども、話だけでも、字を読むだけでもダメだったりします。
すぐに身体のあっちこっちが痛くなってしまいます。

もしかすると、ある種の憑依みたいなものなのでしょうかね?
あるいは、前世の記憶???

そうそう、ずいぶんと前の話になるのですが、一時期流行っていた「世界の中心で愛を叫ぶ」という小説を読んでいたときも、これのせいでかなり苦労をいたしました。

あの小説ってね、主人公の女の子が病気になるのですが、そのページを読もうとすると、たまらなく気持ちが悪くなって、吐き気がしてくるんです。

なので、そのページで、2週間ぐらい止まってしまって、読もうとしては、1、2行で気持ち悪くなって断念し、何度も何度もそのページにトライしては、すぐに吐き気がして本を閉じるってのを繰り返していました。で、結局はあきらめて、そのページを丸ごと飛ばしてしまいました。
僕、基本的に小説で、ページを読み飛ばすってしないんですが・・・、無理でした。。。

そんな僕からすると、病気に関する話や映像を、平気で見てられる人たちってすごいなって思います。
「どうして気持ち悪くならないの?」って感じですね。
まぁ、たぶん、僕が変わっているんでしょうけど。。。

で、ある日ね、うちの奥さんが、「anan読んでたら、なんか同じようなこと言ってる人がいたよ」って教えてくれたことがあったんです。
「おお、仲間がいたのか!」っと、さっそくその同士の名前を聞いたところ・・・

なんとそれは・・・

村上春樹くん

だったそうです。。。

そういえば、村上春樹くんは、ananにエッセイ書いてたなぁ。。。
僕が直接そのエッセイを読んだわけではないのですが、どうやら春樹君も、僕と似たような体質らしいことをエッセイに書いてたらしいです。。。

ま、僕は読んでないので、とりあえず春樹君のことは置いといて、僕以外にも、そういう特異体質な人はいるみたい、ってことで良しとしましょう。

このなんとも不便な特異体質について、あまり深く考えたことはないのですが、ツインソウルショックからスピリチュアル体験(?)をした僕は、ふと、こんなことを考えたりもしたものです。

「もしかすると、このなんだかよくわからない体質も、見えない世界が一枚噛んでいるのかもしれないなぁ。。。」
なんてね^^

とにかく病気の話は苦手です。。。というお話でした。
もちろん、病気の種類にもよるんだけどね。
こんな体質じゃ、間違ってもお医者さんにはなれませんね。
(もちろんお医者さんごっこなら喜んでやりますけどね^^)

とぷす君メニュー

smi『【女性限定】性のブロック大解放スペシャル!』
東京9/26(火)、大阪9/30(土)

kb個別お茶会(個人相談)
東京で随時受付中

枠表とぷす君DVD
地方在住の方にはこちらがおすすめ!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

【女性限定】性のブロック大解放スペシャル!

s7

東京9/26・大阪9/30

詳細&申込みはこちら

とぷす君作詞作曲「千夜一夜の恋」

とぷす君DVD



とぷす君が作ったDVD。魂の輝く仕組みがアニメでわかる!

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ