イザナギ・イザナミの神社「多賀大社(滋賀県)」

どうも。とぷす君です。

滋賀県にある多賀大社(たが・たいしゃ)へ行ってきました。

古事記や日本書紀で、日本列島を作り、様々な神を生み出し、天照大神やスサノオを生み出した夫婦の神様である伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)を祀っている神社です。

ちなみにイザナギとイザナミは、名前が似ていてどっちが男性でどっちが女性か混乱しそうになるので、最後に”美(ミ)”がつくほうが女性と覚えましょう!

多賀大社(たが・たいしゃ)へは電車で行きました。JRの彦根駅から近江鉄道に乗り換え、多賀大社前という駅へ。

駅前に鳥居があります。


駅から道なりに歩いていくと多賀大社に着きました。



御祭神はもちろん伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)さんです。(この夫婦神のみが祀られていますね)



境内はこんな感じ。絵だと広く見えますが、そんなに大きいというわけではなかったです。



鳥居をくぐると太鼓橋があります。この太鼓橋かなり急なので転んでひっくり返りそうになります。危険を避けたい方は横の平らな石橋へどうぞ。



太鼓橋を超えてまっすぐ進みます。



本殿と拝殿が正面に見えてきます。



こちらの拝殿からお参りしてきました。





境内にお蕎麦屋さんがありました。寿命が延命するお蕎麦だそうです。



神社の前はお土産もの屋さんが並んでいます。



糸切り餅というのが有名だそうでいただいてきました。



さて、伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)を祀った多賀大社(たが・たいしゃ)ですが、琵琶湖のある滋賀県にあるのは、やはり琵琶湖と淡路島が陰と陽の関係になっているのに関係しているのでしょうかね。





淡路島にも多賀という場所があって、そこにはやはり伊邪那岐(イザナギ)を祀った伊弉諾神宮(イザナギ・ジングウ)がありますね。

やっぱり淡路島と琵琶湖で対になっているってことですね。淡路島が凸=オス(陽)で、琵琶湖が凹=メス(陰)ですね。

で、この淡路島(陽)と琵琶湖(陰)のあいだに、京都・大阪・奈良・神戸が挟まれているわけですね。なるほど、うまくできていますね。

今度機会があったら、淡路島の伊弉諾神宮(イザナギ・ジングウ)にも行ってみたいなって思います^^

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
東京:受付中(60分~)

kbみんなdeお茶会(少人数制)
東京:10月29日(日)満席

smi東京大神宮ツアー付きセミナー「日本の神様と神社のお話」
東京:11月11日(土)

枠表とぷす君DVD
地方在住の方にはこちらがおすすめ!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1100部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

とぷす君DVD



とぷす君が作ったDVD。魂の輝く仕組みがアニメでわかる!

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ