びわ湖に浮かぶパワースポット!竹生島(ちくぶしま)

どうも。とぷす君です。

僕は滋賀県出身です。なので子供のときからいつもびわ湖と戯れてきました(笑)

で、大人になって、いろいろとスピリチュアルなことを知ってくると、びわ湖というのが、いかにスピリチュアルな場所なのかということを知るようになりました。

古事記や日本書紀では、イザナギとイザナミの夫婦神が、日本列島を作るときにまずは淡路島をつくるというお話があります。なので淡路島も大変スピリチュアルな場所なのですが、その淡路島と対応するカタチをとっているのが、びわ湖なんですね。

地図でみると、ちょうど淡路島をひっくり返したようなカタチで、びわ湖があります。



まるで陰陽太極図のようですね。



淡路島は海の上へ出っ張っているので、凸で陽です。

びわ湖は湖なので、凹んでいるで、陰です。

まぁ、陰と陽、どちらが良いとか悪いとかではなく、対になっているってことですね。

さて、そんなびわ湖のなかでも特にパワースポットとして有名なのが、びわ湖に浮かぶ島”竹生島(ちくぶしま)”です。

そもそも、名前に”竹”がついてるのは、、、もう完全にそっち系ですね。(そっち系というのは、、、竹内文書系だってことですね。。。ま、詳しいことは、竹内のすくねさんに聴いてくだされ)

ということで、今回、僕は”竹生島(ちくぶしま)”にパワースポット巡りに行ってきましたので、リポートしたいと思います。

竹生島(ちくぶしま)パワースポット巡り

まずは、竹生島(ちくぶしま)がびわ湖のどのあたりにあるかを、地図で確認してみましょう!

ここです。


竹生島(ちくぶしま)へ行くにはもちろん、船ですね。

今回、僕は湖西側の近江今津港から船に乗って竹生島(ちくぶしま)へ向かい、帰りは引き返さずにそのまま湖の反対側の長浜港へ行くルートで出かけました。

ということで、朝の10時頃、近江今津港へやってきました。
(湖だけど、びわ湖は大きいので、水平線が見えてますね)



さぁ、船に乗って、竹生島(ちくぶしま)へ出発です!

船内はけっこう広くてたくさんの乗客が乗れるようですね。2階席もありました。



20分ほど船に乗っていると、おお、見えてきましたよ~! 竹生島(ちくぶしま)!



竹生島(ちくぶしま)の船着き場が近づいてきます。



無事、船が竹生島に着きました。上陸です!



船着き場から見上げた竹生島はこんな感じ。島が神社やお寺になっているんですね♪



さぁ、では一度ここで、パンフレットの案内図を見て、竹生島がどんな風になっているのか確認しておきましょう!



なるほど。神社とお寺が一体化している感じですね。いわゆる神仏習合(しんぶつしゅうごう)や神仏混淆(しんぶつこんこう)と呼ばれるものですね。江戸時代までは神社とお寺ってくっついていたんですね。

まぁ、けっこう今でもこんな風に神社とお寺が一緒になっているところって沢山ありますよね。

さぁ、では階段を登って、行ってみましょう!



まずは都久夫須麻(つくぷすま)神社へ。変わった名前ですが、”つくぷすま”というのは竹生島の古名だそうです。たしかに音としては似てるね。

こちらが都久夫須麻(つくぷすま)神社の本殿。



そして、都久夫須麻(つくぷすま)神社の向かい側にあるのが、龍神拝所。



こちらの龍神拝所には、びわ湖に突き出した鳥居があって、その鳥居に丸いかわらを投げてくぐらせることができると願いが叶うという遊び(?)があるそうです。ということで、とぷす君もやってみましたが、全然、鳥居に届きませんでした。これ、、、けっこう難しいです!



さて、都久夫須麻(つくぷすま)神社の本堂から、船廊下というのが続いているので、そこを通っていきましょう。豊臣秀吉の船を使ってつくった廊下だとか言われています。



船廊下を抜けると観音堂がありました。(が、、写真はとってません)

さぁ、ここからさらに階段を登って上へ行きましょう!



本堂の弁才天堂です!



弁才天さんは、楽器を弾いてる姿でもわかる通り、芸能の神様ですね。



弁才天堂の本堂の内側です。



ここでは願い事を書いた紙を赤いダルマに入れて奉納するらしいです。



とぷす君も「創作活動が上手くいくように」と、赤いダルマに込めて、芸能の神様”弁才天さん”にお願いしてきました。

いや~、それにしても、壁までギッシリ、赤いダルマだらけですね。



弁才天堂からさらに上へ行くと三重の塔もありました。



他にもたくさんの神様が祀られていましたので、ひとつひとつ足を止めて、手を合わせてきましたよ~。なので、そんなに大きな島ではないんだけど、なんだかんだで全体を巡るのに一時間半ぐらいかかりましたね。



階段が多いので、もし竹生島へ行かれる場合は、歩きやすい靴でどうぞ。



さぁ、帰りも船です! 行きとは逆側の長浜港へ向かって行きます。



長浜港へ着いたあと、とぷす君はそこから電車で、次のパワースポットへ向かいました。それはイザナギとイザナミの夫婦神を祀る神社・・・・ですが、こちらのリポートはまた今度ね♪

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
東京:受付中(60分~)

kbみんなdeお茶会(少人数制)
東京:10月29日(日)満席

smi東京大神宮ツアー付きセミナー「日本の神様と神社のお話」
東京:11月11日(土)

枠表とぷす君DVD
地方在住の方にはこちらがおすすめ!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1100部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

とぷす君DVD



とぷす君が作ったDVD。魂の輝く仕組みがアニメでわかる!

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ