【復刻記事】ポテ丸さんの読んだスピリチュアル本(10)

とぷす君の奥さんのポテ丸さんが読んだスピリチュアル本のレビュー10ページ目です。

ポテ丸さんの読んだスピリチュアル本10


「アンフィニ」目をさました生き方

「アンフィニ」目をさました生き方 関野あやこ(著)

【レビュー:ポテ丸】

著書の関野あやこは、バシャール(ダリル・アンカがチャネリングする宇宙意識)に感化され次第に目覚めた人になった。
ユーチューブで見る彼女はいつもハイテンションで生きているのかな?と思われる程に超越したように見える。

この本では、まだ普通の人のように思える時から、バシャールに出会い、驚いたり、肉体の限界を極めることで何か精神や魂の挑戦をしていた頃の話があり面白い。
好奇心から死に物狂いになってまで何を求めていたのか?よくわからないが、初めから覚醒人でないことは、人に可能性を与えてくれる。

アンフィニ 目をさました生き方 [単行本]
関野 あやこ (著)
アマゾンで確認

幸せ脳の作り方

幸せ脳の作り方 苫米地英人(著)

【レビュー:ポテ丸】

苫米地氏はオウム真理教信者の脱洗脳を手がけて注目を集めた人物で、経歴も凄いが、普通の人ではない。

科学と数学と仏教の融合を研究しているのではないか?仏教の神域を科学で突きつめようとする感じだ。

洗脳の世界的なエキスパートとして各国政府の顧問として活躍し、脳機能学者、計算言語学者、認知心理学者として人工知能を扱っている。

この本は誰でも読みやすいように字も大きく簡単にまとめている。
単純な本に仕上がっているが、その裏には仏教の真髄があるようだ。

テレビで見た本人は、学者というよりやんちゃな事業家といった感じだ。
最先端の科学を知る者の人工的に生み出す幸せ脳の作り方は興味深々だ。

苫米地式「幸せ脳」のつくり方-「本当の自由」を手に入れる いちばん簡単な方法 (East Press Business) [単行本(ソフトカバー)]
苫米地 英人 (著)
アマゾンで確認

ダイアー博士のスピリチュアルライフ

ダイアー博士のスピリチュアルライフ ウエイン・W・ダイアー(著)

【レビュー:ポテ丸】  

スピリチュアルな力を身につけて人生を幸せに生きる知恵を先人のキリストや聖フランチェスコ、ヨガの聖人パタンシャリの教えを例に説明してくれる。

自分自身の力を信じ高次元の周波数を保つよう心がけることにより問題が問題でなくなる。
アンビリバボー(テレビ番組)的な内容をあげたりして現実に不思議だと思われる例をあげているところが勇気づけられる。

スピリチュアルの教えとは単に哲学的であるというのではなく物理的にも作用すると証拠を示してくれるのだ。

ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ―“運命を操る力”を手にする「7つの特別プログラム」 [単行本]
アマゾンで確認

数秘に秘められた宇宙の叡智

数秘に秘められた宇宙の叡智 深田剛史 はせくらみゆき(著)

【レビュー:ポテ丸】

これは面白い!

ドリーン・バーチューの「エンジェルナンバー」やカバラ数秘術のようなものの日本版です。

言霊と数霊の数字変換による意味合いを探る本です。

そして宇宙と人間と神の関係についても語っていますが、それはスピリチュアルや仏教について学ばないとピンとこないかもしれません。

ただ、古代の叡智として昔から秘儀として使われている事には意味があり、それを知ることはとても興味深いことであります。

数霊に秘められた宇宙の叡智―かずたま占い (5次元文庫) [文庫]
深田 剛史 (著), はせくら みゆき (著)
アマゾンで確認

宇宙連合からの呼びかけ

宇宙連合からの呼びかけ レムリアルネッサンス (著)

【レビュー:ポテ丸】

アミ小さな宇宙人が実在していた!?
アミの意識にチャネリングし、作家のエンリケさんについての質問がおもしろい!

スペースエンジェルと呼ばれる宇宙人たちによる地球シフトアップのためのお手伝い活動を語っています。

バシャールも登場します。

日本人として生まれ芸術家としての仕事をし、2006年頃亡くなられたスペースエンジェルASさんから、チャネリングを通して今の地球人にメッセージを語ります。

この本はレムリアルネッサンスという組織が一度あきらめかけた天上昇のシフトアップ計画をなんとか実現させようと本などの活動を通して広めているものです。

宇宙連合からの呼びかけ (レムリア・ルネッサンススピリチュアルメッセージシリーズ) [単行本]
レムリアルネッサンス (著)
アマゾンで確認

知られたくなかった2012創造説

知られたくなかった2012創造説 地球防衛軍 (著)

【レビュー:ポテ丸】

主人公の俺は会社を経営する中年男。
あるとき急に「死ぬんじゃないか?」とふと思い、体調も悪くないのに死の影にとりつかれてしまう。

元気な自分はどうしたものか?と思いながら、急に9年前の霊能力者を思い出し訪ねてみる。
先方では俺が来るのがわかっていたらしい。

偶然に偶然が重なり、現実主義の俺はなんだか雲をつかむような冒険に巻き込まれてしまう。
それも地球を救うために世界の辺境地へ行き、12人のクリスタルチルドレンを探す旅に付き合うことになる。

時は2006年、2011年までに神に選ばれし子どもを探さないと、地球は滅亡すると知らされる。

嘘かホントウかもわからないが不思議な霊能力者は、本気で日本中に結界をはったりしている。
これが本当の話だからおもしろい。
世の中不思議なことがあるものだと笑えてくるのだ。

知られたくなかった2012創造説 [単行本]
地球防衛軍 (著)
アマゾンで確認

うれしうれしで超えよう 2012年の銀河パーティ

うれしうれしで超えよう 2012年の銀河パーティ 中丸薫 (著), 中山康直 (著)

【レビュー:ポテ丸】

明治天皇の孫である中丸薫と臨死体験から惑星文化の記憶をもつ中山康直が2012年に向けて語る本。

麻の効用や歪められた歴史、宇宙人からの教えやイルミナティについてなど、内容はバラバラでありながら日本にからめての話が興味深い。

中丸氏は夫の死後、彼とテレパシーで会話できるようになったり、元々は国際ジャーナリストとして各国代表、フセイン、ロックフェラー等とインタビューしたこともある人だ。

闇の世界権力の動きによる人口削減計画やシャスタ山地下都市テロスからのメッセージなど、初めて聞く人には毒のような刺激や神話の物語みたいな話が次々と出てきて頭が混乱するが、都市伝説的なおもしろさかがある。

うれしうれしで超えよう 2012年の銀河パーティ [単行本]
中丸薫 (著), 中山康直 (著)
アマゾンで確認


飛鳥昭雄のムー・スーパーミステリー・ブックスシリーズ

飛鳥昭雄飛鳥昭雄(著)

【レビュー:ポテ丸】

飛鳥昭雄のムー・スーパー・ミステリーシリーズは1冊読みはじめるととまらない!

スピリチュアル系の本を読み、地底都市シャンバラや宇宙人やピラミット等、SFやファンタジー的な話が出てきて本当に??と思うことが、スピリチュアルとは違う視点から探っていき、繋がってしまうことに驚いた!

それもナチスやアポロ計画といった世界的な歴史とも関係していく。実際に地底都市に招待され写真まで撮っているアメリカ軍がいると聞いてワクワクせずにはいられまい。

都市伝説的なフリーメイソンなる秘密組織からノアの箱舟や神器アークといったものが
神話や伝説のたぐいで、だだの物語だと思っていたら、本当の話かもしれないと思えてきて、、、、すごいんです。

しかも「聖書」とはキリスト教限定のものだと思っていたが、日本に繋がってくるのでさらにビックリだ!
対宇宙人との為にNASAが存在しているとしたら、まさにこの世は映画の中の世界である。
科学、歴史、宇宙人、秘密組織、聖書、日本人が繋がりをもっていて、常識をくつがえしてくれる。

ムー・スーパーミステリー・ブックス

失われた空飛ぶ円盤「ナチスUFO」の謎
失われたカッバーラ「陰陽道」の謎
失われた天空のピラミッド「ラピュタ」の謎
アポロ計画の謎と月空洞論
太陽の謎とフォトンベルト  
失われたイエスの12使徒「八咫烏」の謎
失われた堕天使「ルシファー」の謎
失われた地底王国「シャンバラ」の謎
失われたメシアの神殿「ピラミッド」の謎
火星の謎と巨大彗星メノラー
―今、甦るヴェリコフスキー太陽系論 かつて金星は狂える暴凶星だった!!
太陽系第12番惑星ヤハウェ
―太陽の向こうに隠れながら公転する「反地球クラリオン」は実在した!!
大ピラミッドの謎とスフィンクス
―消えた大スフィンクス像の地下に超古代の秘宝ゾハルが実在した!! 

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング


smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ