夜に爪を切ると・・・は迷信? スピリチュアルな意味がある?

どうも。とぷす君です。

日本には昔からいろいろと迷信と呼ばれている言い伝えがありますね。

僕が子供のときに聞いたものでは、指や爪に関するものがいくつかありましたね。

「夜に爪(つめ)を切ると早死にする」
「霊柩車を見たら親指を隠せ」

僕らが子供の頃にはよく親にこう言わていましたが、、

これって、最近の子供たちも知ってるのでしょうかね?

さて、これらは何かちゃんとした意味があるものなのでしょうか? それとも、ただの迷信なのでしょうか?

実は、スピリチュアルな視点で見ると、ちゃんとした意味があるんですね。

人間のエネルギーのアンテナは爪と髪の毛

人間にはエネルギーがあって、外部の様々な見えない世界のエネルギーと交流しています。

そのエネルギーの出入り口が”爪”だと言われているんですね。特に親指の爪はもっとも大きなエネルギーの出入り口なんですね。

爪とはちょっと違いますが、髪の毛も見えない世界のエネルギーと繋がる部分ですね。妖気を感じると髪がピョンと立つゲゲゲの鬼太郎ではないですが、髪の毛はエネルギーのアンテナのような役割もしているみたいです。

なので髪の毛の長い女性のほうが、スピリチュアルに敏感だったりするんですね。

逆に髪の毛を剃って丸坊主にすると、霊的なエネルギーが身体につきにくくなるんですね。なので、お葬式やお墓を行き来するお坊さんは霊的なものから身を守るために頭を丸坊主にしているんですね。

この髪の毛と爪って、共通点がありますよね。

それは人間の身体の一部であるにも関わらず、刃物で切っても痛くないってことです。

髪の毛も爪も人間の身体の一部としてちゃんと存在するのに、ハサミで切り落とすことができる。

つまり、生と死の中間にある存在なんです。

生きてるけど、死んでる、、、みたいな存在ですね。

あの世とこの世のはざまに存在していると考えてもいいかもしれません。

なので、見えない世界のアンテナや出入り口となるのではないかなって考えられます。

親指を隠すと、外的エネルギーから身を守れる

親指の爪はもっとも外部からのエネルギーを受け入れやすい場所のようです。

なので「霊柩車を見たら親指を隠す」というのは、正しいのです。

また、感じの悪い場所や、エネルギーが良くない雰囲気の場所でも、この親指を隠すのは有効です。

あと、ちょっとガラが悪そうな人とかって、ポッケに手をつっこんでいるじゃないですか。あれもきっと無意識にケンカ売られそうな相手から自分のエネルギーを守っているんでしょね。

霊柩車だけでなく、何か不安な場所や状況の場合は、親指をグーで隠すのはそれなりに効果のあるものなので、ぜひみなさん活用してみてくださいね。

また「夜に爪を切ると・・・」というのも同じですね。夜というのは、陰の世界なので、霊的なエネルギーが活動的になります。そういう時間帯に、エネルギーの出入り口である爪を切るのはよくないよ、ってことですね。

でも、ま、明るいお部屋で切るぶんには、そんなに問題はないんじゃないかなと思います。

暗い陰気な雰囲気のところでは、たとえ昼間であっても、やめたほうがいいかもしれませんね。

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
東京:受付中(60分~)

kbみんなdeお茶会(少人数制)
東京:10月29日(日)満席

smi東京大神宮ツアー付きセミナー「日本の神様と神社のお話」
東京:11月11日(土)

枠表とぷす君DVD
地方在住の方にはこちらがおすすめ!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1100部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

とぷす君DVD



とぷす君が作ったDVD。魂の輝く仕組みがアニメでわかる!

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ