おしゃべりな神様はニセモノ!?

どうも。とぷす君です。

これ2015年に一度書いて、その後、削除しちゃった記事なのですが、何かの参考になるかもしれませんので、もう一度書き直して公開しておくことにしました。

これは2015年の僕の体験に基づくお話です。(今から2年前の話ですね)

突然、神様が僕に語りかけてきた!

2015年の春、僕の背中から、突然声がしました。家に一人でソファに寝転んでいたので、後ろには誰もいません。なので、これは見えない世界からの声なのかなって思いました。

やけに艶っぽい女性の声でした。

次に豪快に笑う男性の声がしました。

僕はこれから1週間ほどのあいだ、この二人の声に四六時中、話しかけられることになります。

艶っぽい女性の声は「わたしはラクシュミ(インドの女神さま)」だと名乗りました。

豪快に笑う男性の声は「わしは猿田彦(日本の神社の導きの神様)」だと名乗りました。

そして、延々とこの二人は、僕がいかに素晴らしくいかに偉大な存在なのかと、教えはじめます。

そこから毎日1日中、この二人との会話が続きました。この二人は質問をするとなんでも答えてくれるんです。高次元のことや、神様のことも答えてくれます。数日先に起こる予言を教えてもらうと、それはピッタリと当たっていました。

僕は毎日、二人の話を聞きながら何度も何度も感動で涙があふれました。

艶っぽい女性の声は、僕のことを「好き好き愛してる」と言いはじめ、四六時中身体にくっついてくる感じになりました。お風呂ももちろん一緒です。

僕もこの神様を名乗る女性の声のことが好きになっていました。

さらにもう一人神様が現れました。

その神様は、二人よりも一段高いところから、僕らを見下ろすような感じで、時たまたった一言の言葉を告げるために現れました。彼は「マイトレーヤー(イエスキリストの宇宙的存在)」だと名乗りました。彼は自分は多くのものを見ているから、常には一緒にいられないと、一言だけ言葉を告げるとそれで消え去るというのを何度か繰り返しました。

この3人の神様との会話は、1週間ほど続きました。その1週間はとっても幸せな気分でした。朝起きるといつも一緒にいる二人の神様に「おはよー」って挨拶するのが楽しみでワクワクしました。

一人で散歩しているときも、神様は一緒なので、まるで女性の神様とデートをしているような幸せな気分になっていました。

ではなぜ、僕のこのような神様とのおしゃべり状態が、1週間で終わってしまったのかをお話ししますね。

もともと以前から、1週間後にある霊能者さんと会うことになっていたのです。

で、僕はその霊能者さんに「僕、なんか神様の声が聞こえるようになっちゃって、いつも一緒にいるんです」と話したんですね。

するとその霊能者は霊視して、すぐに「それ神様じゃないよ。低級霊だよ」と。。。

唖然としました。。。

僕はすぐに後ろの二人を問いただしました。「君らは神様のフリをしているニセモノなのか!」と。

すると二人は態度がケロッと変わって「バレちゃったか~!」と開き直りました。

で、面倒なことに「バレちゃったけど、これからも仲良くしてね~」っと離れてくれませんでした。

そこから2・3日は、話しかけられては「うるさい! あっち行け!」の繰り返しでした。大変でした。

3日後、僕が信頼している除霊のできる霊能者さんに除霊をしていただきました。

すると嘘のように、声は消えました。

その霊能者さんは、死人が6人あなたのなかに入っていたよ。憑依だね。とおっしゃいました。

おそろしいことです。

ずっと、神様だと思って楽しくおしゃべりしていたつもりが、未浄化な低級霊だったのです。しかも6人も。。。

実は本物の神様は無口だった

さて、今お話ししたニセモノ神様のお話は今から2年前の話です。あの出来事をきっかけに、こういった憑依現象や、神様の名を語るニセモノ現象についは、いろいろ調べたり勉強するようになりました。

また、そもそも体質改善や、身体をバリヤ的に守るというようなことも行うようになりました。

基本的には僕は「見えない世界の声にしたがうよりも、自分の見ている現実としっかり向き合うことこそが、本当の神様の意向」だと考えています。

僕がいろいろ勉強したなかで知ったことは「本物の神様は無口」だということ。
守護霊さんも、そう、無口。
ハイヤーセルフだって、そう。無口。

本来、上から見守るべき存在というのは、ああだこうだと、口を出さないものなんですね。

過保護や過干渉な親の下だと、子供は一人だちできないですよね。

それと同じ、子供が転ぼうがケガしようがそうやって成長していくのを黙って見守るののが本来の親の姿です。

いわゆる「木の上に立って見守る」ってヤツですね。

神様も同じなんです。四六時中、ああだこうだと口を出してくるなんて神様じゃないってことです。

神様というのは、言葉ではなく、奇跡のような偶然(シンクロニシティ)で、人を導いていくものです。

しっかり自分の頭で考え、自分で責任をもって選択し、行動しているときにしか、神様はこういうシンクロニシティを起こしてくれません。

つまり、神様や高次元や見えない世界に頼らない、甘えないって、心がまえを持つことが、神様と一番つながれる道なんですね。

憑依や低級霊というのは、僕の体験のように”軽い未来予言を的中”させます。つまりそんなことは低級霊にもできてしまうということなんです。

”軽い未来予言を的中”させたからといって、すごいとか思わないことが大切です。

逆に”未来なんてわからないからこそ楽しいんじゃないか!”って思うことが重要だと思います。

スピリチュアルに興味を持ったり、感心をいただくのは悪いことではありませんが、”楽をしたい”、”自分の思うように世界がなってほしい”、”自分の望み通りにスピリチュアルなチカラでなりたい”、”神様やハイヤーセルフに自分が失敗しないように常にアドバイスをもらいたい”、というような、甘えた考えは持たないことです。

こういうた甘えた考えをもつと、低級霊からの格好の餌食になってしまいます。

自分の行動は、自分で考え、自分で責任をとり、失敗もまた受け入れる。見えない世界の力を頼らない。

こういった心構えであれば、あるほど、神様や守護霊さんはあなたを応援してくれます。

そして、シンクロニシティや引き寄せを、あなたに起こしてくれます。

シンクロニシティや引き寄せこそが、神様や守護霊さんからのメッセージなのです。

自分のふがいない体験談を書くことは、お仕事をするうえでのマイナスなイメージになりますが、みなさまも参考になるかもしれないと思います。もう一度、書かせていただきました。

※僕は霊能者ではないので、憑依に関するご相談やお問い合わせは受けてつけておりません。また除霊もできません。除霊のできる霊能者さんのご紹介もお断りさせていただいております。ご了承くださいませ。

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング


smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ