【復刻記事】ポテ丸さんの読んだスピリチュアル本(1)

どうも。とぷす君です。

2013年の記事で「僕の奥さん(ポテ丸さん)の読んだスピリチュアル本」という記事がありました。今回はこちらを復活させてみることにしました。

僕の奥さんのポテ丸さんは、僕が2011年にツインレイに出会って覚醒体験をして超常現象に見舞われ、かなりパニックになっていたとき、はじめは僕のパニックぶりをどうにかするために、僕の買ってきたスピリチュアル本を、ポテ丸さんも一緒に読んだのですが、、、

なんとポテ丸さん、、、僕のパニックとかもはや関係なく、、、ただただスピリチュアル本を読むのが楽しくなってしまって、はまって、どんどん一人で大量のスピリチュアル本をアマゾンやブックオフで中古で買ってきて、読み漁るという生活を始めました。。。

なので、僕の奥さんのポテ丸さんは、僕の100倍ぐらいスピリチュアル本を読んでいます。

と、いうことで、今回は、ポテ丸さんが読んだ本についてひとつひとつレビューしていた記事をご紹介しようかなって思います。

ちなみにこの本のレビューは2013年に掲載していたものです。なので本そのものが2012年以前にアセンションについて書かれた本とかも多くあります。なのでちょっと情報的には古いものもあります。

ここに挙げているレビューはポテ丸さんの読んだ本のなかでも、ほんの一部なのですが(実はここに載せていない本も山のようにあります)、それでも53冊分のレビューがありますので、10回に分けて掲載させていただきますね。目次もつけておきます。

ポテ丸さんの読んだスピリチュアル本1


プレアデス星訪問記

プレアデス星訪問記 上平 剛史(著)

【レビュー:ポテ丸】

この本は子供の頃より宇宙人に会い宇宙船に乗せてもらった著者がこれから起こるだろう未来を見せてもらい、地球人へ貨幣経済への警告を示した本である。

競争原理は人を幸せにしないシステムであり、宇宙にいる進化した人達は弱者ほど救済される奉仕システムで成り立ち、貨幣を必要としない高度な社会を成功させているという。

著者は大人になるにつれて子供の記憶を忘れていき、定年退職した後で急に思い出したという。それを記録したのがこの本だ。

時期が来たら思い出すようあらかじめ目覚ましセットされていたのだ。未来の場面も著者が気が付くようにとセットされ、現実に50年以上経って現実に現れた時、宇宙人からのメッセージが本当のことだと思い出した。

「アミ・小さな宇宙人」の日本人版といった感じで面白い。

プレアデス星訪問記
上平 剛史 (著)
アマゾンで確認

エメラルド・タブレット

51ys+E2B4pL._SS160_ M・ドウリル(著)

【レビュー:ポテ丸】

まず、表紙が素敵!
エジプトのギザのピラミッドとスヒィンクスが2対並んで狛犬のように阿吽(あうん)の口を表現していることに、「これはもしや?!」と思わせてくれます。

スフィンクスは一説には対の存在であると言われている。このエメラルドタブレットは神秘の書として有名である。

著者はアトランティスの僧侶王トスでピラミッドの建設者でもある。トスは3度化身してヘルメスとしても有名です。

紀元前3万6000年にできたといわれ、古代アトランティス語で記されたグリーンタブレットを訳したものである。世界最古の書ともいえる。

内容は、神秘的なものを信じない人には退屈な本です。
夢のような物語を聞くような書物ではあるが、古代の神秘の智慧の書だと思うと、とてもロマンティックでもある。

エメラルド・タブレット
M. ドウリル (著),
アマゾンで確認


超シャンバラ―空洞地球/光の地底都市テロスからのメッセージ

31FW260XM2L._SS160_ ダイアン ロビンス (著)

【レビュー:ポテ丸】

この本は地底都市テロスのアダマさんからのメッセージである。

2012年のアセンションに向けて波動をあげておくよう伝えている。が、2012年はもう終わってしまった。

一応終わっているが、今、生きて地球にいる人達はアセンションを体験すべく生を受け、自覚していなくても同意しているそうだ。

だから、あまり心配せずに時間的なことは数字的に過ぎてはいるが気持ち的にまだ間に合うということにして参考にすると良い。

知ってしまったのだから、知る機会に恵まれたのだから。

5次元の世界は天国であり、すべての人が幸福で心配もなく楽しみに生きられるという。まずは、自身の周波数を合わせていく為に日々の中で愛を基本に生きるようすすめている。

超シャンバラ―空洞地球/光の地底都市テロスからのメッセージ
ダイアン ロビンス (著)
アマゾンで確認

地球内部を旅した男―オラフ・ヤンセンのシャンバラ・レポート

51aZ5EEvyAL._SS160_ ウィリス・ジョージ・エマーソン(著)

【レビュー:ポテ丸】

この本は100年前に出版された。ノルエー人 オラフ・ヤンセンが地球内部の都市に行って帰ってきた話だ。北極南極に入口があり、そこから中に入り巨人が住むエデンの園へ着いたという。

これはガリバー旅行記のようであり、実際の体験記であることがすごい! その為、当時はその話をすると政府に捕まり28年も投獄されてしまった。

それから人に言うのを止めた彼が死ぬ間際に友人の作家に話した体験記である。スピリチュアル本に地底都市がよく出てくるが、人が行く場合、肉体ではなく霊魂で行く方法が多い中、普通の人間が道に迷うようにして地下都市へ行き帰って来たことが興味深い。

釈迦やイエスが地下都市へ行く話は偉人の話であり普通の人には可能性が薄く感じるからだ。こうした普通人の体験記を1つ1つ宇宙人の話や偉人の話とつなぎ合わせることによってふわふわしたスピリチュアル本の信憑性を少しずつ固めることが出来る気がするのだ。

地球内部を旅した男―オラフ・ヤンセンのシャンバラ・レポート
ウィリス・ジョージ・エマーソン(著)
アマゾンで確認

あの世の「天使」に助けられて生きよう!

514rbkMfYOL._SS160_ コリン・フライ(著)

【レビュー:ポテ丸】

英国の人気番組「シックス・センス」の司会をはじめ世界的に有名な霊媒師が自らの経験を綴った本。

苦しみに出くわした時、どのように生きたら良いか?死をみつめて生を生かす生き方を考える本。

テレビ「オーラの泉」を本にしたような感じです。

あの世の「天使」に助けられて生きよう!
コリン・フライ(著)
アマゾンで確認

>>次のページ(06~10)へ

とぷす君メニュー

smi『3つの癒し講座(前世・インナーチャイルド・親子関係)』
大阪8/23(水)、東京9/5 (火)

smi『【女性限定】性のブロック大解放スペシャル!』
東京9/26(火)、大阪9/30(土)

kb個別お茶会(個人相談)
東京で随時受付中

枠表とぷす君DVD
地方在住の方にはこちらがおすすめ!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

とぷす君作詞作曲「千夜一夜の恋」

とぷす君DVD



とぷす君が作ったDVD。魂の輝く仕組みがアニメでわかる!

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ