『インナーチャイルド・親子関係・前世 ”3つの癒し”講座』のご感想2

3k どうも。とぷす君です。

『インナーチャイルド・親子関係・前世 ”3つの癒し”講座』のご感想を商会させてもいらますね~^^

・【50代女性】
今日のセミナーは私に一番必要な内容でした。

息子二人との関係はずっと自分の問題点で、だから今日は「息子のため」に学ぶつもりで行きました。ところがそれは全く見当違いで、じつは私と両親の関係について考えねばならないことだったのですね。メカラウロコでした。

鏡の法則は昔、息子のスクールカウンセラーから聞いたように思います。ですがとぷすさんの説明でようやく腑に落ちた感じです。スクールカウンセラーからは「母親の自己犠牲は良い結果を生まない」というようなことを言われたと思います。その時は納得して実際に自分を変えたりしてました。でもわかったつもりでわかってなかった…。

去年とぷすさんのブログを知りお茶会やセミナーに参加してから、自分も変わりましたが息子も変わっていったと思います。その変化に今日のセミナーを聞いてやっと気づいたことに驚いています。

こんなにも息子のためにと考えていると思い込んでいて、本当はなんにも見えてなかったのではないかとさえ思いました。そういう気づきって一人で知識をインプットしただけではなかなか得られないんですよね。

息子はいつも私を心配してるのです。もっと楽しく生きろと会うたびに言ってくれます。私は自分より息子たちのほうが魂レベルは上だとうすうすは感じていましたが、今日それが確信に変わりました(笑)

自分が楽しいことをしてるとき、それを後ろめたく思う自分はもう捨ててしまっていいんだな、と思えました。

セミナーで「親子関係は恋愛関係に反映する」という内容がありましたが、これは以前、急に息子が言ったことと合致します。なんでそんなこと言うのかな?とあまり気にかけなかったけど、息子もそれなりにいろいろあったのかもしれませんね。

「3×6」のものさし
これは自分にあてはめるととてもよくわかって面白かったです。私は内面はほぼ5才で止まっています。子供の頃のほうがしっかりしてたかもです(笑)余計な知識が入るほどオロオロして迷いまくってきたと思います。

子育てを振り返ることも自分を振り返ることも両親とのことを振り返ることもとても怖くてできないでいました。だから私は二人も子供を産んだのに赤ちゃんを抱っこするのがとても怖いんです。苦手です。ですがそういう自分も含め、それは理由があるんだからいいんじゃないの?しかたないんじゃないの?と思わせてくれて許してもらえたように思えたのが○○○○○のお話でした。

○○○○○てすごいですね

インナーチャイルドって今一つわからなかったのに。

この言葉を知ったのは15年くらい前ですが、当時と比較して本当に「時代は変わったな」と思います。スピリチュアルなことが異質なものではなくなってきました。受け入れる体制が整ってきた、ということなんでしょうか。

長く生きてるとこんなことも感じられて良いですね。そもそも異質なものではないですしね。生きることそのものだなと思います。

最後の「辛いことやっかいなことは全て自分が神様にオーダーしていたこと」という言葉を聞いて、腹をくくったといいますか、覚悟ができたといいますか。「私は私を生きる」これかなぁと今感じています。

今、新しい仕事と人に囲まれての生活ですが、以前のとぷすさんの言葉を思い出して職場ではなるべく本音で話しています。おかげさまで今のところトラブルもなく、トラブルが発生してもなぜか必ず助けが入り、なんとか続けています。

とぷすさんの言葉がなかったら、私はこんなふうに生きてこれなかったと実感してます。だから何度も反芻して、またお話の続きを聞きに参加したいと思っています。

前回の性エネルギーのセミナーと違って、とぷすさんの雰囲気が軽快で自然体っぽい?ように感じられ、私もリラックスして学べました。苦手科目の試験を受けるような気持ちでいたのが嘘のように軽くなりました。

去年からの短期間のうちに「体験する」ことの素晴らしさ、大切さを何度も何度も実感させてもらえてとても感謝しています。今後も楽しみにしていますね

サブコンテンツ

とぷす君メニュー

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

kb個別お茶会(個人相談)
東京で随時受付中

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

現在閲覧中のカテゴリー

とぷす君の無料メルマガ


【スポンサーリンク】

このページの先頭へ