ブランド力を生み出すものとは?(ついでに地域性と消費者意識の話も・・・)

blg どうも。とぷす君です。

前回の記事『あなたのアート作品やカウセリングに”価値”を生み出すには?』でも書いたとおり、価値を生み出しているものは、物質そのものではなく、時間軸(=ストーリー)だということになります。

では、次にいわゆる「ブランド力」についても考えてみたいと思います。

ブランド力

ブランド力とがあるいうのは、確固たる価値が確立されていてそれを多くの人が認めている状態ということになりますね。

このブランド力を生み出すものには、いくつかの条件があると思います。

まず、やはりなんといっても”ストーリー”です。

海外のファッションブランドなどもみても、そこには歴史の重みすら感じさせる”ストーリー”がくっついています。

シャネルに関しては、女性のファッションスタイルそのものに革命を起こしていったという、シャネル自身の人生や革新的な行動力が、強力な”ストーリー”を持ち、それは何本かの映画にもなっていますね。


ココ・シャネル [DVD]


シャネルだけでなくても、様々な有名ブランドに数十年から数百年という歳月を乗り越えて今にいたる歴史やストーリーが存在します。

まずはやはりこのストーリーの存在が、価値を大きく高めていってるといって良いでしょう。

しかし、ブランド力を生み出すには、ストーリーだけではダメなんです。

第2に必要な条件として「わかる人にだけわかってもらえれば良いという強いこだわり」が必要になってくるんですね。

つまり、万人受けをねらっていないってことです。

実は”誰でもウェルカム”な感じだと、どんなに人気があっても、ブランド力そのものは落ちていきます。

反対に”この店のこだわりのわかる人間しか近寄らせない”というスタンスは、ブランド力をアップさせていきます。

そのため、こだわりを通しながらも、別の層へも商品展開したいと考えるブランドは、別ブランドを立ち上げます。

『Miu Miu(ミュウミュウ)』などがわかりやすい例ですね。


(Miu Miuの財布)

『Miu Miu(ミュウミュウ)』の本体は、『PRADA(プラダ)』です。

『PRADA(プラダ)』は、もう少し低価格で若者向けのデザインのカバンや財布なども販売したいと考えたときに、『PRADA(プラダ)』自体のブランドのこだわりの方向性を変更させないように、別ブランドとして、『Miu Miu(ミュウミュウ)』を立ち上げて、展開したわけですね。

こうすることによって、『PRADA(プラダ)』自体のこだわりや方向性は誇示できるというわけですね。

ブランドの”力”そのものというお話からは少しそれちゃうかもしれませんが、ちょっと脱線して、逆パターンとしていつもは万人向けの低価格でお店を展開してるんだけど、もう少し高級感あるお店も展開したいということで、やっている企業もあるよというお話もしてみましょう。

わかりやすいのはコーヒーショップのドトールですね。

00d

ドトールは今でも可能な限りの低価格でのコーヒー販売を頑張っていますが、スターバックスなどが日本で普及してきたときに、エクセルシオール・カフェという別ブランドを立ちあげ、展開しました。

02

エクセルシオール・カフェはドトールよりも、お値段設定が高くなっています。その分イスなどはゆっくりしたものになっているんですね。

ちなみにドトールは、エクセルシオール・カフェがドトールの別ブランドだってことはあまり表にだしていません。なので、気づかない人も多いかもしれませんね。

ちょっと、かなり庶民的なところへ脱線してしまいましたが、ひとつのブランドのなかでは、ひとつのこだわりを通しぬいていかないと、ブランド力が落ちていってしまうってことなんですね。

ということで、ブランド力を生み出しているものは、2つ。

1、重みや歴史を感じさせるストーリー
2、わかる人にだけわかってもらえれば良いという強いこだわり(お客を選ぶって意味ですね)

そして、もし時代の変化などに合わせて、この強いこだわり部分に変更を加えたい場合は、別ブランドを立ち上げるなどして、やはり、強いこだわり部分は変えない! ってことが重要みたいですね。

ブランド力が試される地域

えっと、ここからは少し余談のお話になりますが、、、日本には、ブランド力が試される地域ってのがあります。。。

ま、俗にそう言われているという感じなのですが、、、

ズバリ、、、名古屋です。

わ、名古屋の人、怒らないでね~ 汗)

でも、やっぱなんか、それちょっと感じます。。

少しマーケティングのお話をしましょう。

実は海外から日本に進出する新規参入ブランドには、日本全国進出への展開セオリーがあるそうなんです。

まぁ、みんながみんなこのセオリーにのっとっているのかどうかはわからないのですが、僕のセミナーなどで、全国の主要都市をまわっているので、このセオリーは合っていると感じています。

日本に新規参入する海外ブランド(服でも食べ物でもなんでも)は、まずだいたい東京の銀座か原宿か表参道あたりに第1店舗をオープンさせることが多いです。

そして、そこで成功すると、第2店舗、第3店舗を、東京の渋谷や新宿に展開します。

この東京の1~3の店舗がそれなりに順調な場合、ついに地方への展開を始めます。

さぁ、どこへお店をつくると思います?

答えは、、、福岡です。

なぜなら、福岡は空気感や新しいモノへの受け入れ方が、東京に似ているからです。

なので、東京で受け入れられたものは、そのまま福岡でも受け入れられやすいのです。

しかし、大きな障壁があります。

それは東京と比べると、福岡の人口は小規模だということです。東京で大成功してるいってもそれは東京の人口が多いことと、東京へは各地方からも人が集まってくるということに助けられている場合が多いんです。

なので、いわゆつ一過性の話題性やブームだけでも、東京では長い行列ができることがあります。

しかし、一過性の話題性やブームだけだと、福岡では通用しない。。。

本当に地に足のついた人気のあるお店ならば、福岡でも人気を獲得し、次の地へお店を展開することができるでしょう。

しかし、東京では行列ができた店が、福岡へ出店したとたん、「あれ? うまくいかない。。。」とその後の全国展開を諦めるというケースも少なくないそうです。

福岡でダメなら、名古屋・大阪はもっとダメです。

なぜなら、名古屋や大阪は、東京とは新しいものの受け入れ方が違うからです。

でも、福岡で成功したら、次の名古屋にトライできます!

勇気をもって、名古屋へトライしましょう!

ここ(名古屋)で本当の実力が試されるのです!

ちなみに、福岡で成功したら、東北(仙台)や北海道(札幌)でも大丈夫です。福岡・仙台・札幌は空気感が似ています。

問題は、、、やっぱり名古屋ですね。。。ここで全国展開できるかどうかの勝負が決まると思っていいかもしれません。

たぶん、日本で一番、お金を使うことに対する目が厳しいところだから。。。

こんなこと書くと名古屋の人に怒られそうですが、名古屋の人は、ブランド力のないものには、価値を見出しくれません。。。(わーー、ダイジョブかな、これ、あやまっとこ。勝手なこと書いてごめんなさい。ごめんなさい。僕のたわごとなので許して~)

ま、ま、人にもよるだろうけど、、、名古屋ってのは、全国的にみて、そういう雰囲気があるってことです。。。(フォローになったかな。。。)

ということで、東京の銀座・原宿・渋谷・新宿あたりを抑えたら、次は、福岡(天神あたりかな)・・・そして、いよいよ決戦の地、名古屋へ進出するわけです。

名古屋で成功できるかどうかの鍵は、ブランド力が本物かどうか。。。

そして、晴れて名古屋で認められたら、おめでとう! 全国制覇達成で~す(^O^)/

って、書いたら、、、「おい、またんか~い! 大阪どうなってんねん! なんで日本第2の都市、大阪を無視して、福岡とか名古屋とかにお店つくっとんね~」と、大阪および関西地区の方が怒ってきそうですね。

でもですね。。。

それには理由があるんです。

たとえばですね。東京の銀座・原宿・渋谷・新宿あたりで成功したからといって、全国展開の礎(いしずえ)を大阪にしようとすると、、、失敗する確率が高くなります。

なぜなら大阪は、東京への対抗意識が強いので、東京との空気感がまったく違うからなんです。

大阪って、「東京でなんぼ流行ってるかしらんけんど、ここわ大阪や、東京とは違うで~」といって、東京だけで流行っているものは信用しないんです。。。受け入れないんです。。。

しかし、もし先に福岡・名古屋でも流行っていたら、どうなるか?

「なんで大阪すっとばして福岡とか名古屋にお店だしてんねん! はよ~、大阪にもお店つくってぇな~」となるんです。。。

なので、先に福岡や名古屋で、成功するのが、大阪で受け入れてもらえる鍵になるんですね。

ということで大阪はいつも最後に回されるんですね。

まとめ

さぁ~、どうだったでしょう。。。

いろいろ脱線もありましたが、、、今回はブロンド力の生み出し方と、それを維持するために企業が行っていること、そして、日本各地におけるブロンド力への受け入れ方の違いなどを見てきました。

もちろん、一概には言えないし、まったく別の方法で、ブロンド力を生み出しているものもあるかもしれませんね。

ま、あくまで、モデルケースってことで、今回は軽めに受け取っておいてくださいね~

なんか今回は、名古屋とか、大阪の人に、とぷす君めっちゃ嫌われないか、ちょっと心配な、、、そんな内容になってしまいました。。。

でも、ま、、、そんな感じです。。。では、また。。。

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング
東京・名古屋・京都:受付中

smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

今後の開催予定イベント

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
6月~8月(福岡・東京・名古屋・仙台・大阪)
※詳細&お申込みは準備中です

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ