【ブログの書き方講座1】「あ・そ・こ」の違い!

ps どうも。とぷす君です。

僕はブログを書いて5年目ですが、ときどき、ブログの書き方について教えてほしいと言われることがあります。

とくにブログをつかって自分のお仕事や創作活動を展開したいという方には、”ブログの書き方”って重要なことだったりしますよね。

そこで『とぷす君のブログの書き方講座』として、 とぷす君流のブログの書き方について、いろいろこのブログのなかでお教えしていこうかなって思います。

ブログの書き方に興味のあるなし関係なく、面白い内容にしたいと思いますので、ぜひ読んでみて下さいね~

ブログを読む人のことを考える

まず一番大事なことを書きますね。

それは「ブログを読む人のことを考えて文章を書く」ってことです。

これはどういうことかというと、、、単純な話ですが、正しい日本語で書くってことです。

日本語がめちゃくちゃだと、読んでても意味不明だったりして、ちゃんと伝わらないですよね。

特に「接続詞」がおかしいと、もう何がなんだかわからなくなります。

例えば、次の2つの文章は「接続詞」だけが違いますが、意味がまったく違ってくるのを感じて読んでみてくださいね。

A:『アイスクリームを食べた。それから、マラソンをした。』

B:『アイスクリームを食べた。だから、マラソンをした。』



Aの文章だと、アイスクリームを食べたことと、マラソンをしたことは関係がありません。ただ単に順番的に、アイスクリームを食べたあとにマラソンをしたというだけです。これだとマラソンは日課なのかなって感じのニュアンスを読み取ることができますね。

Bの文章だと、アイスクリームを食べたことが原因でマラソンをしたということになるので、この2つの行動は関連性をもっているわけです。この文章だと、ふだんはマラソンなんてしないのに、アイスクリームのカロリーを気にして、急にマラソンをしたのかなって感じのニュアンスで読み取ることになりますね。

文章というのは、こういった「接続詞」ひとつから、様々なニュアンスを感じて理解するものなのです。

なので、「接続詞」が間違っていると、文章の意味が破たんしてしまうってことになるんですね。

さて、ここからが重要です。

ブログを読むの人間だけでしょうか?

違います。毎日のように人間以外のあるモノが熱心に読んでいます。

それはロボットです。みなさんもご存じのグーグル(google)です。

グーグル(=ネット上のロボット)は、毎日休まず、世界中のブログを読んでいます。

もちろん、日本語はちゃんと日本語として読んでいます。

そして「ああ。これはみんなに紹介したいなぁ」って判断したものを、検索結果の上位に表示します。

ロボットが自動的に読んで、自動的に検索結果に表示するかどうかを決定してるんですね。

では、もし、さきほどの例で示したような”接続詞”が正しくつかわれていない文章のブログがあったとしましょう。

はたして、ロボットであるグーグルくんは、「ああ、これたぶん”接続詞”間違ってるんだろうなぁ」とか、気をきかせた読み方をしてくれるでしょうか?

できませんね。

人間だったら、前後の文章から「なんとなく、ここはこういうことが言いたいんだろうな」ってわかるかもしれません。

だけど、さすがにロボットにそんなことはできませんね。

なので、人間が読んでキチンと理解できない文章は、ロボットであるグーグルくんには、まったく理解できない文章だってことになります。

つまり、もしあなたが自分のブログやサイトをグーグルくんに検索結果でおススメしてもらいたいと考えるならば、グーグルくんに読みやすい文書を書くということが大事になってくるってことなんですね。

グーグルくんが読みやすい文書の構造には2種類あります。

ひとつは「ブログ上で実際に読める(見える)文章」、もうひとつは「ブログ上に表示されない見えない文章」

実際に読める(見える)文章というのは、普通の日本語のことですね。

表示されない見えない文章というは、HTMLと呼ばれるコンピューター言語のことです。

実は、とぷす君はこの”表示されない見えない文章(HTML)”も、日本語と同時に書いてます。

なぜなら、グーグルくんには見えるからです。

なので、ちゃんと検索エンジンのことまで考えて、ブログで文章を書く場合は、HTMLを理解する必要があります。

しかし、多くの方は「そんなH・・ホニャララなんて、わけがわからん!」とおっしゃるでしょう。

ですから、”表示されない見えない文章(HTML)”のほうは、とりあえず、無視するってことでいきましょう。

大丈夫! 見えない文章よりも、見える文章のほうが、何十倍も大事だからです。

”見える文章”がしっかりと読む人に伝わる文章であれば、グーグルくんも思わず、みんなにおススメしたくなると思います。

「あ・そ・こ」の違い!

さて、では、読んでいただく読者さんのためにも、毎日せっせと世界中のブログを読んでいるグーグルロボットくんのためにも、きちんと伝わる正しい日本語を書くようにつとめていきましょう。

そのために、今回は、「あ・そ・こ」の違いについて、説明してみたいと思います。

日本語は「あ・そ・こ」の違いによって、読む人に微妙なニュアンスの違いを感じさせる仕組みになっています。

みなさん「あ・そ・こ」の違いは、毎日使ってるけど、そこまで気にしたことなかったという人もいるかもしれませんので、ひとつずつ整理してみるとしますかね。

「あ・そ・こ」の違いとは・・・

・あれ
・それ
・これ

・あっち
・そっち
・こっち

・あれから
・それから
・これから


の違いです!

みんな、毎日、知らず知らずのうちに使い分けてますよね?

では、この「あ・そ・こ」の違いがなんなのかわかりますか?

これね、、、距離感の違いなんです。

・あれ(だいぶ離れてる)
・それ(ちょっと離れてるけど、まあまあ近い)
・これ(近い)


おわかりいただけますか?

そうすると、この3種類の言葉の違いもわかってきますね。

・あの人
・その人
・この人


”あの人”って表現すると距離感がだいぶ離れてるので”他人”って感じがしますね。

”その人”って表現すると、近くにいる人って感じです。

”この人”って表現だと、手が届く距離にいる感じがします。また身内のようなニュアンスも感じます。恋人や付き合っている人って感じもしますね。

恋愛や人間関係のことをブログなどで日本語で表現していくときにも、こういった「あ・そ・こ」だけで作り上げる距離感のニュアンスの表現は重要になってくると思います。

こういった微妙な言葉のニュアンスの違いを、きちんと文章に書いていくことで、読む人に伝わる文章になるってことですね。

そしてそれは同時にロボットであるグーグルくんにもちゃんと伝わるってことですね^^

以上、『とぷす君のブログの書き方講座』第1回目でした(^O^)/

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング


smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ