アメリカはスピリチュアル先進国??? 日本は・・・

blg どうも。とぷす君です。

現在、ツインソウルでもスピリチュアルでもアメリカから日本に入ってくる情報って多いですね。

僕も以前、たくさんアメリカのスピリチュアル本読みましたし、今でも参考にさせてもらっている本はたくさんあります。

アメリカはお国柄、どんなことも論理的にデータ分析し、白黒ハッキリさせた考え方を提示してくることが得意ですね。

科学や医学・心理学の分野もスピリチュアルの領域に取り込むことで、精神世界(スピリチュアル)をより論理的に一般化させた功績は大きいと思います。

・ヒプノセラピー、インナーチャイルド、キネシオロジー(筋肉反射テスト)など

これらはホントはジャンルとしては、精神医学・心理学の分野ですね。

しかし、科学や医学・心理学の博士号を持つ人たちが、次々と、精神世界(スピリチュアル)の現象を体験したことによって、科学とスピリチュアルが急接近し、多くの人にその実証性を示し、認知度を高めたのだと思います。

これらはまさにアメリカならでは功績なのかなって感じがしたりしますね。

だけどね、だからといって、”アメリカはスピリチュアル先進国”って言われると、、、、ん??? ってなっちゃうんです。

確かにね、アメリカは、スピリチュアルをデータ分析するって意味では、先進国かもしれない。。。 発信力の高さでも世界一だと思う。

だけどね。。。

アメリカって、今でも多くの人が、輪廻転生信じてないんですよ。。。人間は生まれ変わるわけがない、、、人類がほろんだあと「最後の審判」で天国と地獄に裁かれるんだって信じてる人、いっぱいいるのよ。。。

それって、、、、先進国なのかしらね???

アメリカは派手で声が大きい、日本は地味で無口

アメリカはね、ハリウッド映画でも、ブロードウェイでもそうだけど、華やかに見せる演出がとっても上手なんですね。広告や宣伝も上手です。

スピリチュアルだって、そうです。アメリカからやってくるスピリチュアルは、なんだかオシャレでスマートに見えます。セミナーでもなんでも、華やかでパワフルで明確さを押し出すから、すごいこと言ってる気がしちゃう。。。

一方、日本のスピリチュアルは、地味です。。。。目立ちません。。。

だけどね、アメリカから入ってくるスピリチュアルの言葉、よーーーく見てるとね、、、「チャクラ」「クンダリーニ」「瞑想」「ヨガ」・・・・

って。あれ? これ、全部、、、インド哲学ですよね。。。

それから、アメリカで有名なパワースポットのシャスタ山、、ここで毎年5月に行われる「ウエサク祭」、、、、って、、ちょっと、それ~、、、京都の鞍馬山でやってるお祭りじゃ、、、

スピリチュアル先進国???

喧伝(けんでん・・・世間に言いふらすこと)先進国の間違いじゃ。。。

アメリカ人かイギリス人かよくわからないけど、世界的スピリチュアルリーダーって呼ばれている人がいるのね。その人の講演会のDVD見てみたんだけど、ずっと、「ワビ・サビ・禅(ぜん)」の話している。。。いやいや、あの~~~~~

しかもその「ワビ・サビ・禅(ぜん)」ね、、、”ハリウッド映画に出てくる日本”みたいな感じで、日本人からすると、「いや。それ、ちょっと違うような。。。う~ん、、、惜しい。。。」って思っちゃった。。。

アメリカと日本のスピリチュアルの歴史

たぶんね、アメリカの人たちってね、1960年ぐらいまで、東洋の文化やインド哲学を知らなかったんですよ。。。

で、1960年にいきなり、アメリカでインド哲学が大ブームになった。いわゆるニューエージとかヒッピームーブメントが起こる。。

ビートルズがインドへ行って、インドの民族楽器シタールを演奏した曲「ノルエウィの森」を作ると、世界的にシタールの音色が有名になる。

インド哲学を研究したアメリカ人が、本を書くと、発信力が強いから世界中で売れる。

今まで東洋の宗教思想を知らなかったアメリカは「インド哲学には輪廻転生という、死んでもまた生まれ変わるって考えがある」ってだけで、驚愕し、世界中に大きな声で、

『みなさん、大変な事実が判明しました~! たぶんみんなきっと信じられないと思いますが、人間は死んでも、また、生まれ変わるそうなんです! 驚いたでしょ~~~!!!』

って、うるさいぐらいに、、、世界中で言いまくる。。。

あの、そんなの日本では、もともと当たり前なんですけど。。。(日本人は声が小さい。。。)

『みなさん、またまた大変な事実が判明しました~! たぶんみんなきっと信じられないと思いますが、みなさん一人一人に守護天使さんがついてるんです! 驚いたでしょ~~~!!!』

守護霊さんとか、守護本尊さんのことでしょ。。。そんなの日本では空海(弘法大師)の時代から言ってるけど。。。(日本人は声が小さい。。。)


日本はね、インド哲学の仏教が伝来してもう1500年たってるんです。。。だからね、今さら、そんなこと当たり前過ぎて、わざわざ声を大にして言ったりしないだけなんです。。。

だけどね、アメリカさんはね、ほんの50年前に知ったばかりだから、世界中のみんなに言いたくて言いたくて仕方ないんだよね、きっと。。。

日本のスピリチュアルはすでに日常に溶け込んでいる

僕ね、以前、たくさんスピリチュアル本読んだんです。。。。

でもね、よく考えたら、あ、これ、日本のことわざにあるってのが多かったんです。。。

しかも、日本のことわざって、アメリカが大学で研究した最新の心理学まで、すでに入ってるんです。。

「3つ子の魂、百まで」
・・・最新のアメリカの研究で3才までに形成された人格が一生続くことがデータからわかったそうです。。。

「石の上にも3年」
・・・心理学の研究で、人はどんなことでも1万時間続けると、ちゃんと一人でできるようになるそうです。これは一日9時間で考えていくと、だいたい3年ぐらいなんだそうです。なので、会社でも大体入社から3年ぐらい経つと主任やリーダーを任せられるようになるといわれています。

「嘘から出たまこと」
・・・これは、言ったことが現実になる。想像したことがそのまま現実になる。というまさに今のスピリチュアルそのものですね。

「知らぬが仏」
・・・これって、とっても真理を得ているんですね。今の世の中ね、知らなくていいことまで、ニュースとかテレビで、見てしまう。。。例えばね、ニュースで交通事故の映像見るでしょ? これだけであなたの波動は下がっちゃうんですよ。。。でもね、普通に現実にそんな交通事故の現場に出くわすことって少ないじゃないですか?

だからね、実はニュースとか見てないほうが、波動を高く保てるんです。。。(そもそも自分のワクワクやってる人って、忙しくてニュースとか見てる暇なくなるのね。。。)

「十人十色」
・・・ひとりひとり違うよってことです。スピリチュアルでも、心理学でも、これを忘れたら、本末転倒なんですけどね。。。(アメリカ流のデータ分析型だと、どうしても数種類のパターンに無理やり当てハメてしまう場合が多いですが、ホントはひとり一人違うことをもっと重視すべきだと思います。特に医療ね。)

正直ね、スピリチャル本とか見なくても、日本のことわざ辞典みたら、それそのまま、スピリチュアル大辞典だからね。。。

でもさ、みんなことわざって、とくに気にせず、普通に使ってるでしょ? ってことはね、すでにスピリチュアルマスターなんですよ。

日本に住む人たちはね、自分たちの住むこの日本の文化が、すでにスピリチュアルマスターだってことすら忘れちゃうぐらい、精神世界が当たり前なことなんです^^

若い文化は勢いがあるけど、、、

アメリカさんはね、、、声が大きいんですよ。。。で、人の心に土足でガンガン入ってくる。。。空気読まないから。。。

で、大きな身体で、大きな声で言うのね、、、

「ビジネスもスピリチュアルも、俺たち先進国アメリカが世界に教えてやるぜ~!!! カモン、ベイビー!」

あのね、アメリカって、世界でもめちゃくちゃ若い国なんですよ。。。できてまだ300年ぐらい。。。国の年齢としては子供ぐらいかな。。。

日本は2000年以上の歴史があるから、、、老人ですね。。。ほとんど。。。

子供ってさ、自分にとって新しいこと見つけると、騒ぐでしょ。「こんなの見つけたーーー!おばあちゃん見て見てーーー」って。。。。

で、おばあちゃんは、自分の知ってることでも、「こんなの見つけたのぉ。すごいねぇ。偉いねぇ。また何か見つけたら教えてねぇ」って穏やかな顔で言うんですね。。

あのね、、確かに若い文化のところって、勢いもあるし、スピードもあるし、時代を駆け抜けていってる感があるけど、、、実は、必死にみんなに追いつこうとして走っているのは、そういう若い文化の国なのかもしれないってことなんですね。。。

日本人が日本の良さに気づけないって、灯台下暗しだよ

世界的スピリチュアルリーダーって呼ばれている人が語っていたことを思い出してください。彼は講演会で大勢のアメリカ人に「ワビ・サビ・禅(ぜん)」について語っていました。

彼は正しいのです。つまり彼は気づいてるのです。日本のスピリチュアルの素晴らしさに。そしてアメリカの人たちに「数千年の歴史を持つ日本の文化を見習いましょう」って言ってるのです。

アメリカの文化はね、白黒ハッキリ型なんです。「YES」か「NO」の2択なんです。これ男性脳の発想ですね。

反対に、日本の文化は、あいまい型なんです。「まあまあ」「ぼちぼち」って言葉で境界や白黒をあやふやにするのが日本の文化の良さなんです。このあいまいさって、女性脳の発想ですね。

20世紀までの世界は男性性エネルギーの強い世界でした。だけど、これからは女性性の時代になります。

白黒ハッキリ型ではなく、”あいまい”で感覚的なものの考え方が、必要とされる時代になってきます。

ちなみにこの「白黒ハッキリ型」から「あいまい型」への切り替えがアセンションだからね。これがワンネスだからね。

他との境界があいまいになっていくってこと。。。

ここからここまでが自分の畑で、ここからそっちがあなたの畑だから、一切こっちに入らないでって、柵をつくるのが、「白黒ハッキリ型」

まあ、このあたりの土地をみんなでテキトーに分担して一緒に野菜を育てようね~ってのが、「あいまい型」

日本人てね、強調性の高い文化でしょう? 誰に言われなくも、みんなで勝手に協力してやるでしょ。自分の分担の仕事が終わっても「手空いてるから他手伝いましょうか?」って言うじゃない。

他人でも平気でひとつの鍋をみんなで仲良くつつくでしょ? 鍋のなかをどこまでが俺の領域とかいって区切ったりしないでしょ?

あいまいな境界線をなんなく受け入れてしまう文化なのよ。

日本の文化である、「曖昧モコ」や「わび・さび・禅」てのはね、言葉で説明できるものじゃないよね。肌で感じるというか、空気を感じるって感覚だよね。。。。日本はね、そんな風に空気を読む感覚、、つまり目に見えないエネルギーを読む感覚に長けている文化を持っているんです。

スピリチュアルってね、結局のところ、論理的に白黒ハッキリさせることなんてできない世界なのね。。。ホント、「曖昧モコ」な世界なの。。。

それね、ホントは一番わかるのって、日本に暮らし、いつも日本の文化に触れている人なはずなのね。

アメリカ人にね、「仏教」や「わび・さび・禅」を教えてもらうのって、なんか悲しいし、恥ずかしいよね。。。

だからね、日本に住む僕らがまず、日本の素晴らしさや、東洋の歴史の奥深さに、もっと気づいて、認めていくべきなんじゃないかなって思います。

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ