高次元の宇宙の星ではツインソウル(=ツインレイ)としか結婚しないという話

h どうも。とぷす君です。

先日大阪で開催したとぷす君セミナーに学生の若い女の子が参加してくれました。

セミナー修了後の懇親会にも参加していただき、少しお話することもできたのですが、この彼女、生まれる前の記憶があるそうなんですね。

産道を通ってこの地球へ生まれたときのこと。金星でサナトクマラさん(金星を統括する高次元マスターです)と会話し地球へ旅立ったときのこと。地球ではまったく知られていない宇宙の彼方の自然の豊かな星で、宇宙人(地球人から見るとってことだけど。。)として生活していたこと。

宇宙の彼方の自然の豊かな星では、想ったことが何でもすぐに実現するので、この地球での生活に戸惑いを感じて生きてきたこと。などなど。。。

そんな彼女もこの地球で、ツインソウルに出会ったときは、かなり衝撃を受け、僕のブログに辿りつき、セミナーに参加してくれたそうです。

さて、この地球に転生する前の宇宙人だったときの記憶がある彼女と、僕(とぷす君)が、ツインソウル(=ツインレイ)についてお話していると、なんとなく自然とこんな会話になっていました。

「高次元の宇宙の星ではツインソウル(=ツインレイ)としか結婚しないから、他の人とも自由に恋愛や結婚がしてみたくて地球に来たんだよね!」

「もどってきたアミ―小さな宇宙人」に描かれた宇宙のツインソウル

地球以外の宇宙におけるツインソウルの姿を描いた本としてエンリケ・バリオス著「もどってきたアミ―小さな宇宙人」という本がありますね。

この本は「アミ小さな宇宙人」の続編。つまり2巻にあたります。

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)


この「もどってきたアミ―小さな宇宙人」では、宇宙連合に加盟する高次元の星では、前世の記憶を持ったまま輪廻転生し、ツインソウルとしか結婚しないという夫婦生活が描かれていますね。

この物語を読まれた方のなかには「ツインソウルは必ず結婚する運命なのかも」と思ってしまった方もおられるかもしれませんね。

でもね、ちょっと冷静に落ち着いて考えてみてくださいね。これ、宇宙人の話なんです。地球人の話ではないんです。

もう一度言いますね。「これは地球人の話ではないんです」

これね、少し逆転して考えるとね、地球ではツインソウル以外の人とも自由に恋愛や結婚にワクワクすることができるってことなんです!

宇宙の星から地球へ来るときのことを想像してみよう!

さて、ここからはちょっと想像力を働かせて、もしも僕やあなたが、どこかの星でずっと宇宙人として過ごしていたと想定し、考えてみましょう。

その星では、何度生まれ変わっても、いつもツインソウル(=ツインレイ)の二人が結婚します。

あるとき、ツインソウルの二人はこんな会話をします。

「僕たちってホント仲がいいよね」
「だってあたしたちツインソウルだもん。同じ魂を持っているのよ。ずっと永遠の愛のなかにいるもの」

「そうだね、前の星でも、前の前の星でも、どこへ生まれ変わっても、いつも結婚して愛し合ってるものね」
「きっと、今度生まれ変わっても、その次生まれ変わっても、ずっと、ずっといつもあたしたち結婚するわ」

「そうだね。。。。でもね、こんなことを考えてみたことはないかい? ツインソウル以外の魂と恋愛したり結婚したりするのってどんな感覚なんだろうって?」
「う~ん、なんだかすごく大変そうな気がするわ。だって同じ魂じゃないんだもん」

「そうだね。違う魂の人と愛を作るなんて、なんだかとっても難しそうだね。だけどたまにはそういうのもちょっとだけ経験してみたいなって考えたりもするんだ」
「へぇ~、なんだかすごくチャレンジャーなのね♪ あたしあなたのそういうチャレンジャーなところも大好きよ」

「ありがとう。じゃぁ、どうだい、一緒にチャレンジしに行ってみないかい?」
「え? どこへ? もしかしてツインソウル以外の人と恋愛したり結婚したりできる星があるっていうの?」

「そうなんだ。実はそんなめちゃくちゃ変わった星がこの広い宇宙にはあるんだよ」
「え~~~~!信じられない!それはいったいどこの星なの?」

「天の川(あまのがわ)銀河っていう宇宙の隅っこの銀河のなかに、太陽系ってところがあって、そのなかの第3惑星がそうらしいんだ」
「天の川銀河??? なんだか田舎なところっぽいのね。聞いたこともないわ。そんなローカルのなかの太陽系第3惑星。。。こことすごく波動が違いそうなところね。。。」

「うん。めちゃくちゃ波動違うらしい。そこへ行くと前世の記憶も覚えていないらしいよ」
「えーーー!嘘でしょーーー!なんなのその星!なんて名前なの???」

「”地球”って呼ばれてる」
「地球。。。確かに変わった星っぽいわね・・・秘境中の秘境の星って感じ。。。」

「ね。なんだか面白そうでしょ! でね、その地球へ行くには、まずは一旦この太陽系の波動に身体を鳴らすために、第2惑星の金星ってところか、第4惑星の火星ってところへ行かないといけないらしいんだ」
「えーーー、直行できないの! ハブ経由なの~、さすがに田舎の星ね~、、、めんどくさ~い。。。」

「でも、頑張ってこの地球へ行けば、違う魂との恋愛や結婚が楽しめるんだよ。ワクワクしない?」
「すごくワクワクするわ!」

「じゃぁ、決まりだ! 一緒へ地球へ行って、違う魂との恋愛や結婚を楽しもう!」
「ちょ、ちょっと待って! 地球では生まれる前の記憶を思い出せないってことは、、、私たちのこの会話も忘れてしまうってこと?」

「もちろん。そうだよ」
「私たちがツインソウルだってことも?」

「たぶん。。。」
「あたし、生まれる前の記憶がなくなるなんて、すごくドキドキワクワクするわーーー!」

「僕もだよ!」
「地球。。。楽しみね~~~!!!いろんな魂といっぱい愛しあわなきゃ!」

「僕も君に負けないよ~~~!!!」
「またここへ戻ってきたら、お互いが地球でどんな恋愛を楽しんだか報告しあいっこしましょうね」

「そうだね! よし、じゃあ、まずは太陽系の波動に慣れるために、金星へ行って、そこを統括するマスターさんに挨拶に行こう!」
「あなたが金星経由で行くなら、あたしはもうひとつの火星ってところを経由して行こうかしら」

「そうだね。そのほうが後の報告会が盛り上がるかもね」
「じゃぁ、あたしは火星経由で、あなたは金星経由で、地球へ出発ね!」

こうして二人は宇宙の隅っこにある天の川銀河へと旅立っていったのでした。(お・し・ま・い)

ーーーーー

さぁ、どうでしょう? 想像力を働かせてみることができましたか?

なんのために留学したの?

ここで少しちょっと視点を変えた例え話をしてみたいと思います。

A子さんは日本人の学生さんで、イギリスに1年間留学したとします。

1年後、A子さんは日本に帰国し、家族にイギリスの暮らしを報告します。

家族「お帰り~、イギリスどうだった? お友達はできた?」
A子さん「うん。ちょうどイギリスへ留学してた日本人の学生と仲良くなって毎日その子とお茶ばかりしてた」
家族「え? その子と英語で会話してたの?」
A子さん「ううん。日本語だよ。一日中ずーーと、日本語で話してたよ」
家族「イギリスの人とは英語で会話はしてないの?」
A子さん「うん。だって、日本人同士のほうが、話しやすいんだもん。。」
家族「あなた、なにしにイギリスへ留学したの?」

これは、僕がよくセミナーやワークショップでする例え話ですね。同じ日本人同士は意思疎通が楽にできるのはわかるのですが、これだとなんのためにわざわざイギリスに留学したのかわかりませんね。

もちろん、イギリス留学中に、同じ日本人留学生と仲良くなるのは全然いいんですけどね。そもそもの目的を忘れちゃダメですね。

ツインソウルも同じかなって思います。

ツインソウル同士は意思疎通が楽にできるのはわかるのですが、ツインソウルにばかり意識を向けていると、何のために地球へ来たのかわからなくなってくるんじゃないかなって思ったりもしますね。

違う魂とも恋愛や結婚ができる素敵な星・・・地球

もしかすると僕はね、多くの本やブログなどで語られているツインソウル論とまったく真逆なことを言ってのるかもしれません。

僕はこれまでセミナーやワークショップ、個人相談を通して、多くのツインソウル体験者さんの過程や経過を見てきました。

そして、恋愛や愛の学びについて、こんな風に考えることがよくあります。

・ツインソウルの愛の学びは、”自分の内側に元々存在する愛に気づく学び”

・ツインソウル以外の愛の学びは、”ゼロから愛を作り出していく学び”

ツインソウルの二人というのは魂が同じなので、出会った瞬間から無条件に”愛”があります。それは自己愛といっても良い、魂を共有する愛ですね。

一方、ツインソウル以外の人とのあいだでは、様々なコミニュケーションのなかで”愛”を作り上げていかないといけないわけです。どちらかというと、これが地球的な愛の学びなんだと思います。

僕は「ツインソウルとの出会いで思い出す内なる愛」も「ツインソウル以外の人とのあいだで作り上げていく愛」もどちらも大切な愛の学びだと思っています。

どちらが良いというのはないし、どっちも素敵な愛のカタチだと思います。

なので、「もどってきたアミ―小さな宇宙人」で語られるようなツインソウルの恋愛や結婚のカタチは、あくまで地球以外の宇宙の話だということを理解し、違う魂の人たちとも様々な愛のカタチが学べるのが、僕らの地球の素敵なところだってことがわかると、もっともっと地球での人生がワクワク楽しいものになっていくんじゃないかなって思います^^

※とはいえ、一度出会ってしまうと、ツインソウル、、、一生気になる存在だってことはわかりますけどね。。。

サブコンテンツ

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
【東京】受付中
【名古屋】4/23,24
【京都】4/25,26
※名古屋・京都の募集開始は3/28(火)20時~

smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
【大阪】5/20
【東京】5/27
※詳細&お申込みは準備中です

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
6月~8月(福岡・東京・名古屋・仙台・大阪)
※詳細&お申込みは準備中です

枠表 とぷす君DVDセミナー
「わかる!納得!心の世界とスピリチュアル」

【スポンサーリンク】
Pocket
LINEで送る

【スポンサーリンク】

現在閲覧中のカテゴリー

とぷす君の無料メルマガ


【スポンサーリンク】

このページの先頭へ