色弱と一番好きだった先生

4176075327_b710931ef5 色弱(しきじゃく)って知ってます?
色覚異常のひとつですが、普通の人と色が違って見えるみたいです。
あるいは見えない色があるそうです。
遺伝的なものなので、生まれた日から一生そのままです。
ほとんどが男性で、女性は滅多にいません。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

40歳手前になると学生時代のクラスメイトや先生の顔や名前なんて全然思い出せませんね(僕だけ?)
もちろん好きだった女の子はちゃんと憶えてますよ(笑)

担任の先生さえ全く覚えていない。
元々僕は先生ってあまり好きじゃなかったんでしょうね。

でも一人とても印象に残っている先生がいます。
中学一年のときの担任だったM先生です。
技術・家庭科の技術担当の男の先生でした。
(名前は卒業アルバム見るまで思い出せませんでしたが…)

M先生は他の先生と何かちょっと違う感じがしました。
うーん、なんというか先生ぽくなかった。

M先生は、先生になる前、家具職人として数年間働いていたそうです。
たぶんそのせいなのかもしれません。

M先生の一番印象に残っている思い出は、三者面談です。

M先生は僕と母親に次のような話をしてくれました。
「とれけら君は絵を描くのが得意だから将来デザイン関係の仕事がしたいと思うかもしれない。だけど君は色弱だからそういう仕事はできないことを知っておいたほうがいい」
僕と母はこのとき初めて色弱という言葉を知りました。
このときまで僕は自分が色弱だと知りませんでした。

M先生は今まで学校から色弱なのを教えてもらっていないのかと確認したあと、色弱について説明してくれました。

これを読んで下さっている皆さんは、様々な色の丸い小さな粒々がたくさん描かれた絵本を見て、数字を答えるテストをしたことがありませんか?
あれが色弱テストらしいのです。
僕はこのテストの意味がさっぱりわからず、いったい何のクイズだろうとずっと思っていました。
だって全てのページ、数字なんてどこにも見えないんだから。

M先生は続けました。
「デザインなどの仕事は正確な色がわからないと、取引先やお客さんとのやりとりができない。だからそういう関係の仕事は諦めたほうがいい」

僕は中学のときは将来のことなどこれっぽちも考えてなかったので(今でも似たようなものだけど)、「へえ、そうなんだ」としか思いませんでした。
だけどもしこの時点でM先生にこの事実を教えてもらわなければ、どこかでデザイン関係を目指していた可能性はあるかもしれません。また色に関わる職業についてしまったかもしれません。その場合どこかの時点で大きなショックを受けていたかもしれませんね。

色弱の話をしてくれたのは、後にも先にも、M先生だけでした。
これってもしかして中学一年で本人に伝えるとかって決まりでもあるのでしょうかね?
小学生のときにも何度か色弱テストの絵本を見た記憶があります。
どうしてあのときは教えてくれなかったのでしょう?

そういえばテストだけして結果を教えてもらえなかったのって他にもありますね。
例えばIQテスト。
あれやるだけやらされて、先生だけはその結果知ってるよ~みたいな顔されて嫌だったなぁ。
まあIQなんてどうでもいいんですけどね~(笑)
(まったく何でも数値にしたがるからなぁ、この世の中は)

ところでM先生。
先生になる前に社会人として普通の仕事を経験されているのですが、僕はそれは正解だと思います。
大学を卒業してそのまま先生になるのってどうなのでしょう?
僕は現実社会を体験した先生と、学校という世界しか知らない先生って違う気がします。
もし本当に子供と教育のことを考えて教壇に立つならば、ぜひ数年間、実社会を体験してもらいたいなぁと個人的には思います。

このあいだ母親と電話していて、母が急にこんなこと言いました。
「中学一年のときの三者面談で担任の先生が言ってた言葉をよく思い出すのよ」だってさ。
どうもそのときM先生は『とぷす君は自分で人生を切り開く人だ』って言ってたみたい。
でも僕はそんなこと言われたの完全に忘れてる(笑)
まあ、少なからず誰もが自分の人生は自分で切り開くので、当たってるといえば当たってるのでしょうね。
しかし母親にもM先生の印象が強く残っていたというのは、ちょっと意外でした。

M先生は正直な言葉をしゃべる人でした。
「僕にはわからない」とよく言う先生でした。
だからこそM先生の言葉は、僕や母の心に強く印象を残したのかもしれません。
まあ担当教科が技術なので、先生というより職人に近かったのかもしれませんがね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

最後に色弱のおまけ。
数年後、僕は芸術系の大学に入ったのですが(色塗ったりしない分野でね)、そこで色彩構成という色を塗る授業がありました。
僕は教授に「色弱なんで色がちゃんと見えないんですけど」と言うと、
教授は「有名な画家はみんな色弱だよ。人と違う色を見ているから、人と違う絵が描けるんだ」と教えてくれました。ただこの話が本当なのかどうか、調べてないので信憑性は疑われますがね^^;

ああ、そうそう断わっておきますが、色弱でもちゃんと信号の赤・青・黄色はわかりますよ。
立派に運転免許書も持ってますからね~(ペーパードライバーだけど)

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング
東京・名古屋・京都:受付中

smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

今後の開催予定イベント

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
6月~8月(福岡・東京・名古屋・仙台・大阪)
※詳細&お申込みは準備中です

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ