高次元の存在になった気分(映画「スープ ~生まれ変わりの物語~」)

sss 僕は映画はレンタル派なので(徒歩1分のところにTUTAYAがあるので)、あまり映画館に行かないのですが、そんな僕がこの夏(※2012年です)唯一映画館に足を運んだ作品があります。

「スープ ~生まれ変わりの物語~」です。

ミニシアター系の上映だったのですが、どのぐらい知名度があるのでしょうかね?
生瀬勝久と小西真奈美が主演してます。僕はテレビを見ないのですが、CMしてたのかな?
ちなみに僕はその映画館の前のポスターでたまたま知りました。

タイトル見ただけで、ツインソウルに巻き込まれて前世の記憶をおぼろげに思い出したばかりの僕にとっては気になって仕方がない作品でした。ちょうど映画の日で最終上映日でした。

スープ~生まれ変わりの物語~ [DVD]

~以下、ネタバレしないように書きます。(ストーリーにはほとんど触れません)~

内容は、事故死した主人公が、残した家族への思い残しの想いを伝えたくて、記憶を消さずに生まれ変わろうとする物語です。

森田健著「生まれ変わりの村」という本の”あの世でスープ(忘却の水)を飲まなければ、前世の記憶を残したまま生まれ変わることができる”という実話取材をベースにしています。

ずいぶん古い話で若い人は知らないかもしれませんが、丹波哲郎の「大霊界」という映画にかなりそっくりです。
ただ「大霊界」と違うのは、地球に戻った後の話、つまり来世(しかも記憶を残したまま)の話があるところ。

なので私達観客は、主人公達の二回の転生を見ることになります。
そして観客はもちろん知っています、主人公達の過去世での繋がりと思い残しの感情を(たぶんこれがカルマでしょ)。

映画そのものの評価はさておき、僕がこの映画を見て感じたのは、
「ああ、高次元の存在たちは僕達をこんな感じにもどかしく見ているんだろうな」
です。

今、まさに思い残しの感情と戦っている僕としては、とても感慨深かったです。
ほんの片鱗でも過去世の記憶が蘇った自分として「何のために生まれてきたのか」をすごく考えさせられます。

興味のある方にはお勧めします。

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ