天狗・レイキ・金星人・シャンバラ入口!?~鞍馬&貴船神社探訪記

天狗 どうも。とりけらとぷすです。

今回は京都にある鞍馬寺(くらまでら)と貴船神社(きふねじんじゃ)の探訪記をお届けします。まずは僕がエクセルでちょちょんと描いた天狗さんの絵(上の絵ね)でお出迎えです^^

なかなか上手に描けたでしょ?

鞍馬山というと、とにもかくにもスピリチュアルなお話には事欠かない場所ですね。

・金星人(?)サナト・クマーラさんが何千年も前に降り立った地であるとか。。
・天狗さんが住んでいる山だとか。。
・貴船神社の下には、地下都市シャンバラへの入り口である洞穴が封印されているとか。。
・近年でも臼井甕男(うすい みかお)さんがこの地で修行し、レイキ・ヒーリングを発見したとか。。


また源義経(みなもと・よしつね)=幼名:牛若丸(うしわかまる)が修行した場所としても有名ですね。

霊感の強い人はこの地に行くといろんなものが見えたりするみたいで、僕の知り合いもこの地を訪れ、不思議な体験をした人がけっこういます。

ということで、僕も天狗さんや金星人さんに出会えるかな~っと期待しながら、かな~り気軽な気分で鞍馬山へと出かけてみたわけです。。。が、、、、ここ、、、気軽な気分で出かけるところではありませんでした。。。

めっちゃ山登りです。

数キロメートルも山道を歩かないといけないんですね。ここ。。。知りませんでした。しかも前日まで雨だったので、足元の道はぬかるんでるし~。。ま、それはそれで面白いからいいんだけどね^^

さて、では行ったことのない方のために、どんな感じで山登りをするのか簡単に地図を書いてみましょう。

kuramp

えっと、こんな感じです。

鞍馬の駅で電車を降りて、鞍馬寺から山を越えて、貴船神社へ向かうルート上に、いろいろなスポットがあるんですね。

では、写真を見ながら一緒に鞍馬山探訪に出かけてみましょうかね^^

鞍馬駅で電車を降りて・・

鞍馬の駅を降りると、まずはこんなおっきな天狗さんがお出迎えです。
(鼻、ながっ!)
001

天狗さんの頭の上にのっかっている小さな黒い箱のようなものがありますね。これとそっくりな黒い小箱をなんとユダヤ教徒の方もお祈りの際に頭につけるんですね。なので、天狗さんや山伏のルーツはユダヤ教なのではないかという説もありますね^^

また、カラス天狗という天狗がいるように、カラス=ヤタガラス(八咫烏)さんとの結びつきも強いようですね^^(ま、京都なので当たり前なんですけどね)

ヤタガラス(八咫烏)さんについては、「八咫烏の絵を書いてみた!(京都賀茂神社で陰陽石をなでなでの巻)」の記事を見てね♪

仁王門~ケーブルカー~本堂へ

さて、鞍馬山探訪に戻りましょう。電車を降りるとすぐに、仁王門ですよ~。

002

003

さて階段を上って仁王門でお金を払いましょう。

そこから本堂までは1km以上階段や坂道を登っていかないといけないのですが、途中の部分だけケーブルカーに乗ることができます。僕は何も考えずに乗りました(笑)。

ケーブルカーを降りたあともけっこうな距離を歩いて坂道を登っていきます。そしてずいぶんと見晴らしの良いところまで来くるといよいよ本堂です。

004

本堂の真正面には六芒星(ユダヤのダビデの星ですね)が描かれたところがあるので、その中央からお参りしてみました。

005

あ、もちろん本堂のなかにも入ってお参りしていますよ^^

さて、これでとりあえず鞍馬寺へのお参りは終わったかと思いきや。。。実はここからが神秘なる旅への始まりなのです。

本殿のその奥へ

本殿の奥へ進むと「これより奥の院へ」と書かれている小さな門が。ムムムムーー。

006

で、ここをくぐると、その先はこんな道をずーーーと登ったり下ったりすることになります。これはもう完全に山登りです(笑)

007

途中に木の根道と呼ばれる木の根っこが曲がりくねってむき出しになっているところがあります。(義経=牛若丸が天狗を相手に修行したところだそうです)

008

女性の方は気軽にハイヒールとかで来ると痛い目に合っちゃうから気をつけてくださいね~。

009

そしていよいよ魔王殿と呼ばれる奥の院へ辿り着きました。金星人サナト・クマーラさんが何千年も前に降り立ったとかいう場所ですね。鞍馬山に来たらやっぱここに来ないとね。

僕はもうこのときにはスニーカーが泥だらけで、息もゼイゼイしてましたけどね(笑)

登ったら、下らないと。。。

魔王殿をお参りし終わったあとも、延々と下り坂(一応、階段ぽく枕木が置かれている)を降りていかないといけません。登ったのだから、下らないとね。。

で、最後は川を渡る橋を通って、山登り終了で~す!

011

もう、かなりクタクタで疲れてますね。。。山道を歩いたのはたぶん中学生の遠足のとき以来なので、20年以上ぶりだったんじゃないでしょうか。

さてこの橋を渡るとその先に貴船神社があります。

貴船神社へ

012

013

さて、こちらの貴船神社はさらりとお参りを済ませてしまいました。

なぜかというと僕が本当に行きたい貴船神社はもっと道を山の奥へ登ったところにあるからです。奥の宮と呼ばれています。ただしこちらの道はちゃんと車も通れるような舗装された道なので、楽に歩いていけますよ。

ここです。

015

この貴船神社の奥の宮には不思議な伝説がいくつもありますね。

016

そんな伝説のなかで僕が興味をひかれるのは、お宮さんの下には地下へと続く洞穴があるってお話ですね。昔このお宮さんを建て直すときに宮大工さんがノミをその穴に落としてしまったのですが、そのノミが穴の中から吹き出てきたのだとか。。

ま、ホントかどうかはわかりませんが、その洞穴がシャンバラやシャングリラと呼ばれる地下都市に続く入り口だとしたら、とっても面白いですね^^

まとめ

いや~、かなり気軽に鞍馬寺でも行くか~って行ってみたら、まさか一日がかりで山登りすることになるとは思っていませんでした。

もう一度、僕の歩いた鞍馬山と貴船神社の地図を載せますね。

kuramp

こんな感じです。

残念ながら、天狗さんにも、金星人さんにも、お会いすることはできませんでしたが、久しぶりの良い運動にはなりました(笑)。山の空気は気持ちがいいですね^^

みなさんも鞍馬寺に行くときは、服装や履物には気をつけてくださいね。あ、あと水筒とか水分補給用のなにかを用意していったほうが良いと思います。僕は何も持ってなかったので水なしが一番きつかったです。

ということで、鞍馬山&貴船神社探訪記でした(^o^)/

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

セミナー「とぷす君流。カウンセリング講座」


大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
※先着10名様まで3千円割引で~す!
>>詳細&受付はこちら

とぷす君メニュー

kb個別お茶会(個人相談)
ツインソウル専門カウンセリング


smi「とぷす君流。カウンセリング講座」
大阪5/20 東京5/27・6/1 名古屋6/4
(先着10名様3千円割引)

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29
※詳細&お申込み開始は5/26(金)20時~

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

現在閲覧中のカテゴリー

NEW!オリジナル音楽

とぷす君の新曲「千夜一夜の恋」 聴いてね~♪

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ