スーパーわくわく人間(指揮者:小澤征爾)

ozw 『ワクワクすることをする』

僕は最近全くスピリチュアル系の本とか読んでないんだけど(ごめんなさい。飽きるの早いんです)、結局のところこの言葉が全てを要約してるみたいですね。

んじゃ、『ワクワクすることをする』って何すればいいの?ってなる。
どうやらその瞬間、瞬間思いつくワクワクすることをし続ければいいらしい。

例えば、車が運転したかったら運転する。料理を作りたかったら作る。何もしたくなかったら何もしない。一番のワクワクが今すぐ実行できないなら、今できるなかで最高のワクワクをする。
すると自然と引き寄せの法則が働き、一番のワクワクに近づいていくと。

ん~。ホンマかいな?って思いますよね。
ところがスピリチュアルなんて知らないのにこれを本能で実践し、世界的スターになった人がいます。
僕は彼を『スーパーわくわく人間』と呼んでいます。
クラシック音楽の指揮者:小澤征爾(おざわせいじ)です。

スーパーわくわく人間:小澤征爾(おざわせいじ)

クラシック音楽には詳しくないし、小澤征爾なんて誰か知らないという人もいるでしょう。
でも、大丈夫です。
今回の内容は、クラシック音楽まったく関係ありませんから(笑)
まあ、小澤征爾を簡単に説明すると、日本人で始めて世界で認められる指揮者になった人です。説明終わり(笑)

僕は小澤征爾の自伝を読むまで、彼はエリートコースのような道で「世界の小澤」になったのかと思っていました。
しかしこれが全然違うのです。

もしこのブログを読んでくださってる皆様が『ワクワクすることをする』を実践したいと思っているなら、ぜひ小澤征爾さんに学んでください。
僕の知るかぎり彼に匹敵する『スーパーわくわく人間』は、ワンピースの主人公ルフィぐらいですよホント(笑)

小澤征爾氏の若かりし日の自伝「ボクの音楽武者修行」より、指揮者になるまでのワクワクエピソードを簡単に紹介しますね。
尚、僕が勝手にポイントだと思うところを強調して書いてますのであしからず。

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

【二つの高校】
小澤征爾は成城学園高校に通っていました。しかし高校生の途中で桐朋(とうほう)学園という音楽専門の高校が創立します。
中学時代から指揮者に憧れていたワクワク人間小澤征爾は成城学園高校をあっさり中退、桐朋学園に再入学します。だから桐朋学園の同級生より年上なんです。
僕はここでもう小澤征爾は一般的な人と思考が違うと思います。

【貨物船でヨーロッパへ】
桐朋学園でみっちり指揮の勉強をした小澤征爾は、本場のヨーロッパへ行こうと決心します。
もちろん誰に呼ばれたわけでもありません。お金もない。
だけどワクワク人間小澤征爾は凄いんです。
「貨物船なら頼めば安く乗せてくれるだろう」
「スクーター持っていけばヨーロッパでも自由にどこでも行けるだろう」
そしてあっちこっちの貨物船に乗せてくれないか連絡し見事乗せてもらうのです。
もちろんスクーターを積んで。
しかし皆さんここがワクワク人間小澤征爾の凄いところです。
彼はスクーターを持っていないのです。
彼は東京じゅうかけずり回り、スクーターをタダで貸してくれるオートバイ屋を探すのです。
なんとか借してくれる店を見つけると、タダの条件として、フランスで日本のスクーターを宣伝すると言って、なぜか日の丸のハチマキにギターを担いで乗ると約束をします。(意味不明です。でも後日実際その格好でフランスを滑走します)
そうして彼はひとり貨物船に乗り、ヨーロッパへ旅立つのです。

【貨物船での旅】
貨物船なので各港に停泊します。何ヶ月もかかってヨーロッパへ行くのです。
でそのあいだ小澤征爾、ずーと船員と遊んでます。音楽の勉強なんて一度もしません。
食べ物も酒も全部タダ、乗客は俺一人とはしゃいでます。
各港で少しずつ片言の英語が話せるようになったと自慢してます。
そうです。フランス語はおろか、英語もまともにしゃべれないのです。
さすがスーパーわくわく人間。

【フランス・パリに到着】
フランスの港で船を下り、スクーターでパリを目指します。
もちろん約束の格好でね。
すると面白がってフランス人が寄ってきて人気者だったと喜んでます。
パリに着いてからは安宿を借り、さあようやく音楽の勉強をするのかと思いきや、スクーターでずーとパリ観光です。何しに来たんでしょうねこの人。

【偶然?唯一の正式な指揮者コンクール開催】
パリの音楽学校に留学していた高校時代の友達から、指揮者コンクールが開催される情報を聞きます。
せっかくだから記念に受けようと応募。
しかしわずかに申し込み期日に遅れ、出場できないことに。
でもねスーパーわくわく人間はここが違うんです!
日本大使館に何とかしてくれと頼みに行きます。があっさり断わられる。
で何を血迷ったのか小澤征爾、全然関係ないアメリカ大使館に行って何とかしてくれと頼みます。
すると偶然受付の人が昔音楽家だったらしく、小澤征爾の熱意に心動かされ、何とかしてくれちゃうんです。
凄い!バンザーイ!

【ブザンソン指揮者コンクール】
たった一人で指揮者コンクールにやってきた小澤征爾。日本人なんて誰もいません。
言葉もろくに話せない彼は、これなら通じるだろうと音楽用語だけを大声で言いながら、身振り手振りで指揮に挑みます。

そして見事、優勝するのです!

かなり駆け足でしたが、これが指揮者:小澤征爾誕生のきっかけの物語です。
めちゃくちゃ行き当たりばったりなのわかりますよね?
しかもその瞬間、瞬間の楽しいことだけに夢中になってる。

もちろんこの後、世界的指揮者になるまでもっともっと凄い引き寄せの連続技(ホントかなりありえないんですこの人)を見せてくれますが、このブログではここまでにしますね^^

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

どうですか? スーパーわくわく人間でしょ?
まあ誰もが小澤征爾になることはできないと思います。
彼は特別な人ですよ。いろんな意味で天才です。
でもね、ワクワクすることだけをして、ちゃんと自分の最終目的を引き寄せてますよね。

僕はね、こう思うんです。
お酒飲んでみんなと騒ぐのがワクワクするなら、みんなで騒いで楽しめばいい。
精神世界をストイックに極めるのがワクワクするなら、とことん納得するまで極めればいい。
ブログを書くのがワクワクするなら、書きたいだけブログを書けばいい。
エンジャルナンバー探すのがワクワクするなら、エンジャルナンバー見つけてハッピーって楽しめばいい。
そして何もしたくないときは、何もしない。寝る。

何だって心から楽しんでれば、たぶんそれでちゃんと前に進んでるですよ。
きっと。ね^^
photo by Fotografik33

とぷす君メニュー

smi『【女性限定】性のブロック大解放スペシャル!』
東京9/26(火)、大阪9/30(土)

kb個別お茶会(個人相談)
東京で随時受付中

枠表とぷす君DVD
地方在住の方にはこちらがおすすめ!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

【女性限定】性のブロック大解放スペシャル!

s7

東京9/26・大阪9/30

詳細&申込みはこちら

とぷす君作詞作曲「千夜一夜の恋」

とぷす君DVD



とぷす君が作ったDVD。魂の輝く仕組みがアニメでわかる!

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ