3次元世界で地に足を着けて生きる

99999 先日、個別お茶会へ来ていただいた男性の方からメッセージをいただきましたのでご紹介させていただきますね。

先日は大変お世話になりました。

一番素晴らしいと感じたのは、個別お茶会当日の朝に(とりけらとぷすさん)から頂いたメール(メルマガ)です。

私は何の為に地球に来たのかずっと考えていました。その答えがメールに書いてありました。

ツインソウルに逢って私が今、直面しているのが この3次元世界で地に足を着けてこれからどうやって生きて行くかって事です。

とぷすさんから頂いたメールを参考にして、3次元世界での自分の活動力を探って行きたいと思っています。

朝のメール、耳が痛いです。反省!
瞑想は今迄よりも少なくして、地球の現実を見て行きます。
問題の人と、1日も早く対面出来るように日々、自分に直面して行きたいと考えています。

私は、ツインと会えれば、自分の役割や使命が、もっと具体化すると…
卵が先か鶏が先かって考えてしまいますが……

私は、考えすぎてしまう癖があります。

これを足ががりに前進していきます。

お世話になりました。

(50代男性)

僕のメルマガは登録した日から順番にいろいろな内容のものが届くようになっているのですが、今回個別お茶会へお越しいただいた男性のもとへはたまたまその日の朝というタイミングで『ライトワーカーの目的』というタイトルのメルマガが届いたみたいですね。グッドタイミングだったのかな?

この『ライトワーカーの目的』というタイトルのメルマガは、登録してから1か月が過ぎたあたりに配信されるようになっていると思います。

僕は「ライトワーカー」や「アセンション」については、様々な考え方をする人がいるので、むやみに自分の考えをネット上に書いてしまうのはどうかなって思っているので、メルマガを読んでくれている方で少なくともある程度まで読み続けてくれている方だけに、僕の考える「ライトワーカー」や「アセンション」のイメージをお伝えしようかなって思っています。

ま、いろんな考え方があっていいと思うんですけどね。とりあえず、左脳型人間の僕としては、なんか辻褄があっているほうが納得がいくので、僕的に腑に落ちる考え方をメルマガに書いています。

また、メルマガの内容を個別お茶会やワークショップではより詳しくお伝えしています。

地に足をつける

さて、”地に足をつける”ということを僕は個別お茶会やワークショップでけっこう強調してお話しています。

なぜなら、僕たちは今、肉体を持った人間という存在になることを選択して、この地球へ来ているからです。天使や精霊(スピリチュアルなガイド)になることを選ばずに、ものすごく制限だらけなのはわかっているのにもかかわらず、あえてわざわざ肉体を必要としてこの3次元で生きることを選んでいるからです。

それはきっと天使や精霊にはできない特別なことができるからなんです。肉体を持った人間にしかできないことがあるんだと思います。(コラコラ。エッチなことだけを想像しないでね。違いますよ~)

そうそう、動きにくい宇宙服を着用しなければ、宇宙船の外側の修理ができないのに似ていますね。必要だからこそ肉体という制限を纏っているんです。

そしてそれはまたツインソウルやライトワーカーの使命とも大きく関係しているのだと、僕は思っています。

ついつい地から足が離れてしまいがちですが

個別お茶会へお越し下さる方は、さすが皆さんツインソウルに出会っているだけあってか、スピリチュアルな能力に目覚めている方が多いです。(もしかすると僕が一番スピリチュアルな能力はないのかもしれません。。。う~ん、ま、いいか。。)

しかしです。スピリチュアルな能力に目覚めている方はついつい地から足が離れてしまうこともあるかと思います。目に見えない世界は、この3次元よりも広大で自由な世界なので、一度そっちの世界と繋がってしまうとなかなかこの3次元世界が面倒くさくなってしまうかもしれませんね。

3次元世界ときたらねぇ、何するにも時間かかるし、思ったように進まないし、面倒くさいし、陰陽が混沌としていて(つまり矛盾だらけで)イケてないし、やる気もなかなか持続しませんねぇ。。。

でもね、でもね、でもね、それでもやっぱり、3次元世界ってね楽しいんですよ♪
制限があるからこそ、知恵を振り絞って考える楽しさがあるんです。

制限を楽しむ

僕はウィンドウズの表計算ソフト・エクセルの簡単な図形だけを使っていつも絵を書いていますが、使える図形のカタチは限られているんですね。つまりわざわざ制限のあるなかで絵を描いているんですね。

だけどねそんなわずかな図形の組み合わせの中から、どうにかして思うような絵を描けるかを考えて挑戦するのが楽しいんです。制限があるなかで知恵を振り絞って考えるから楽しいんです。

★参考記事:「Excel(Windowsの表計算ソフト)で絵を描いてます

時にはね、思ったような絵が書けないで挫折するときもあります。以前、スフィンクスを書こうとして何時間もかけて挑戦したけど、書けませんでした。。。でもね、またいつかチャレンジしてみたいと思います。今度はもっと違うアイデアで、この図形とこの図形をこう組み合わせて・・といった具合にうまく描けるかもしれませんよね^^

とにかく制限のある世界では、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら、前に進むしかないんです。そしてそのトライ・アンド・エラーを楽しんだ者勝ちかなって思います。

失敗を楽しむ

実はね、失敗も楽しいんです。上手くいかないってこともまた楽しいです。なんでもかんでも簡単に上手くいってしまったら面白くないんです。ホント。

だってね、ほしいと思った人、全員に金メダルがもらえるオリンピックなんて、つまらないでしょ?
いいんです。例え金メダルがもらえなくても、挑戦することが楽しいんだから。

たまにね、トントン拍子で物事が進むときってありますね。そういうときってね、快感ですよね。あれはね、逆から考えると、それぐらいいつもは物事が簡単に上手くいかないってことがわかっているからこそ爽快な気持ちになれるってことですね。

あ、あれです、なぜか信号がずーーと青信号なときってありますよね。そういうときって爽快ですよね。でも、それはいつもは赤信号で止まっているからこそ、わかる爽快さですよね。

だからね、赤信号で止まっているときもまたこの世界の楽しさの一つだってことです。

それがこの3次元の楽しみ方だと思います。そうやって3次元を楽しんでいこうって考えていくと自然と地に足がついてくるんじゃないかなって思います。

地に足をつけると・・・泥がつくけど。。

ずーーと昔、インドで悟りを開いたお釈迦さまがいますよね。彼はいわゆるアセッテドマスターですね。

でもね、お釈迦さまもね、悟りを開いたあともちゃんと足を地につけて歩いてみんなに教えを説いてまわりましたよね。悟りを開いて仏陀(ブッダ)となった後も、けして空は飛んでいませんね(笑)

地に足をつけて歩いていく道が、”地道”ですね。まぁ、ちょっと面倒だけど、地道にコツコツってのも、この3次元世界では一番大切なことだったりします。(あ、ダッシュで走らないといけないときもあるけどね)

そして地に足をつけて歩くと、どうしても足に泥(どろ)がついてしまいますね。なので時にはとっても泥臭いなって思うこともあるかもしれません。

どうもね、女性のみなさんはこの”泥臭い”ってのが嫌いなので、ついつい地から足を離してしまいたくなる傾向にあるように感じます。男性はどちらかというと目線が社会へ向いているので、”泥臭い”ってのもちゃんとしっかり受け入れられる気がしますが。

まぁ、”泥臭い”っていうとね、確かにオシャレではないですが。。でも、どれだけ華やかにオシャレに見える人でも(例えばファッションモデルとか俳優とかアーティストとか)、その舞台裏では、泥にまみれて汗を流して地道なことをコツコツやっていたりするものですね。

結局はそれを楽しんでやるか、嫌々やるかってところの違いだけかなって思います。どうせなら楽しんだ者勝ちですよね^^

あ、そうそう、瞑想することは悪くないと思いますよ~。”天”の部分を上手にコントロールすることも大切だと思います。”天”と”地”の両方のバランスが上手にとっていけるといいですね。

僕は、目に見えない世界を感じたり、見えたり聞こえたりする能力はとっても素晴らしい能力だと思います(僕にはない能力なので。。。)。それをぜひ3次元世界へ活かしていけると素晴らしいですね。そうすることでスムーズに天と地のあいだに立っていけるのかもしれませんね。
photo by marcelometal

サブコンテンツ
Pocket
LINEで送る

とぷす君メニュー

smi「ツインソウル・ワークショップ2017」
福岡6/18・東京6/29・名古屋7/9・東京7/16・仙台7/22・ 大阪7/29

kb個別お茶会(個人相談)
東京で随時受付中

枠表 とぷす君DVD
わかる!納得!心の世界とスピリチュアル


枠表 とぷす君の無料メルマガ
発行部数1000部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

現在閲覧中のカテゴリー

とぷす君の無料メルマガ


【スポンサーリンク】

このページの先頭へ