まさにツインソウル!「のだめカンタービレ」

ppppp ツインソウルの彼女に出会う直前、自分でもビックリするぐらい物凄くハマったものがあります。

「のだめカンタービレ」(実写版)です。

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

ちょうど夕方にドラマの再放送をしていたので、録画しておいてまとめて一気に見ました。
スペシャルドラマ版と映画版も続けて見ました。
実写版以降の部分は漫画で読みました。

のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

僕はこの「のだめカンタービレ」を一気に見終わったあと、自分でもわけのわからない喪失感に襲われました。
理由はわかりません。
まさに抜け殻。
魂をぬかれたような感じです。

この喪失感から脱却しようと今までやったことのないことにチャレンジしました。
今まで一人で行かなかったような店(例えばバーとか)に足を運びました。
そこで出会った人たちに教えてもらった店から店へと移動していきました。
そして最後に辿りついたお店で、ツインソウルの彼女と出会いました。

だから「のだめカンタービレ」は僕にとって何か重要なものだったのかもしれません。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「のだめカンタービレ」の主人公、のだめ(野田恵)と千秋先輩(千秋真一)は典型的なツインソウルの特徴で描かれていますね。

注)多少ネタばれしますが、大丈夫ですよ。

簡単に列挙しますね。

【性格】
見事に真逆ですね。
・のだめ……だらしないけど愛嬌がある、ゴミ屋敷、楽譜なんて無視、普通の実家(無理して音大)
・千秋先輩…完璧主義だが性格超悪い、キレイ好き、楽譜に忠実、超金持ち(音楽家の二世)

千秋は完璧主義と人を見下す性格で、せっかくの音楽的才能を埋もれさせています。しかしのだめと出会い、二人がお互いの特徴を自分に取り入れ始めたとき、二人同時に才能が爆発していきますね。要するにバランスをとり始めたんです。中道って奴ですね。まさにツイン!

似てるところもありますよ。
・魂の目的と才能(音楽)、半端ない集中力、怒ったら怖い

【インナーチャイルドの癒し】
・千秋は、のだめが幼少時に受けた体罰へのトラウマを改善する原動力になります。
・千秋の幼少時のトラウマ(飛行機事故)は、どんな治療法も効かなかったのに、なぜかのだめだと効果が。

【ライバル心】
僕はツインソウルって妙にライバル心を持つと思うんですよね。負けたくないと。
のだめと千秋もどちらかが成長するとそれに追いつこうと必死になります(そのあいだ離れますね)。それが音楽家としての成長の軌跡になっていく。

【住んでいるところ】
隣りですよ。偶然(必然?)

まぁこれぐらいにしときます。

でもね、はっきり言って、のだめはツインソウルやソウルメイトでなければ、只のストーカーですよね(笑)
「恐怖のだめストーカー物語」にタイトル変わっちゃいます。スティーブン・キングかっ!
まぁでもある種、ツインソウルもストーカーですけどね^^;(ストーカーも愛だ!…違う?)

「のだめカンタービレ」で採用されいる楽曲は、名曲オンパレードですね^^;

・モーツァルト:「2台のピアノのためのソナタ」
・ベートーヴェン:「交響曲第7番」
・ガーシュウィン:「ラプソディ・イン・ブルー」
・ラフマニノフ:「ピアノ協奏曲第2番」
・ブラームス:「交響曲第1番」

僕は一時期、ラフマニノフ:「ピアノ協奏曲第2番」中毒になってたんで。この曲聞くとしばらく抜け殻で、動けなくなるんです。(なんでだろう?)

とぷす君メニュー

smiとぷす君セミナー

「ツインソウルと性エネルギーの秘密のお話」
東京:11月26日(日)満席※追加1名様受付中

「3つの癒し講座(前世・インナーチャイルド・親子関係)」
東京:12月17日(日)

kbカウンセリング(お茶会)

個別お茶会(個人相談)
東京:受付中(60分~)

みんなdeお茶会(少人数制)
次回開催未定

枠表とぷす君DVD

『わかる!納得!心の世界とスピリチュアル』
地方在住の方にもおすすめですよ~!


枠表とぷす君の無料メルマガ
発行部数1100部超え!ブログに書けない秘密のお話はメルマガで♪

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

【スポンサーリンク】

とぷす君DVD

とぷす君セミナー

とぷす君セミナー

とぷす君の無料メルマガ

このページの先頭へ